MF4330dのドライバの削除と再インストール

MF4330dのドライバの削除と再インストール

2018/01/18

① DelDrvでドライバをアンインストール
② ダウンロードライブラリからモジュールを削除
③ スキャナの電源をoff、USBケーブルを外す
④ ドライバをdesktopにダウンロード・解凍
⑤ ドライバを指示に従ってインストール
⑥ 再起動
⑦ 途中でスキャナとPCをUSBケーブルで繋ぎスキャナの電源をON
⑧ インストールの続き・吹き出し部をクリック・インストール完了
⑨ コントロールパネルでドライバとFAXを確認
⑩ 再起動
⑪ スキャナをToolboxで動かしてみる
・保存
・ペイント
⑫ ダメだったらT.B.のアンインストール(通常のC.P.を使って)
⑬ T.B.モジュールの削除
⑭ T.B.のダウンロードとインストール
※c.p.:control panel
 T.B.:Toolbox

これまでMSのレジストリの問題だと思っていたこの案件、ドライバのアンインストールと、MF4330dのドライバ・インストール時の電源offとケーブルの接続のタイミングの問題だと分かった。次回実施する予定。多分うまくいくと思う!

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

最終ドキュメント(MF4330d)一部解決

最終ドキュメント(MF4330d)一部解決

Toolbox実行時エラー
「Canon MF4330dのスキャナーが動かなくなった」という文書を作った。
その後疑似システムを杉並の自宅でつくりレジストリのテストを繰り返した。
MF4330dがないのであくまでレジストリの存在チェックのみ。
TWAIN(Technology Without Any Interested Name)機器スキャナなどの統一規格
レジストリの中ではAutoplay装置になっておりMF ToolboxのキーをUninstallしたときSoffwareの一部を取り除き忘れたと思われる。

1月になって静岡で「process monitor」、「regedit」を使ってデバッグを行った。レジストリの内容は一見正常そうである。


1月12日に行った内容のおさらい。

① 前回積み残しておいたToolboxのごみはクリアした(program files(x86)内)
② Toolboxを再インストールした、エラーは起きなかった
③ Toolboxのアイコンをダブルクリックした
④ 次頁にあるようなエラー・メッセージが再び出た
⑤ PCのレジストリをToolboxのインストール前に取った
(Windowsキーの所でエクスポート)
⑥ process monitorを走らせた「180112TBエラー捕獲」参照
⑦ Toolboxの実行後に(Windowsキーの所でエクスポート)
⑧ process monitorの実施ログ(但しレジストリのログだけ)

ScanGear MFエラーメッセージ
―――――――――――――――――――――――――――――
ScanGear MF
スキャナとの通信ができません。
ケーブルが外れているか、電源が入っていない可能性があります。
スキャナの状態を確認してください。
スキャナドライバを終了します。
OK
――――――――――――――――――――――――――――――

180112TBエラー捕獲

1.Procmon start 41’00”
2.Procmon通過(ok) 41’07”
3.スキャナーアイコンWクリックリック 41’09”
4.スキャナースタート(pdf) 41’20”
5.エラーメッセージ(ok) 41’25”
6.ディスケット・オン(クリック) 41’35”
7.CSVラジオボタン・オン 41’40”
8.終了 42’00”

Toolboxインストール前
180112WindowsTB前.reg(40.5MB)

Toolboxインストール後
180112WindowsTB後.reg(40.5MB)

Toolbox実施(process monitor)ログ(レジストリのみ)
180112TBerror捕獲.CSV(62.3MB)

状況
program files(x86)残存フォルダ・ファイルなどを削除
・再インストール、Reboot
・Toolboxを実施
・最初pdfを選択
・「接続されていないのエラーメッセージ」*1
・ExcelでCSVファイルを見てみた
・Toolbox再実施
・エンドレス・ループになってしまう*2
・強制終了(Toolboxのパネル外でクリック後)
・以降は*1、*2を交互に繰り返す
・Procmonを走らせログを取った

以上で作業終了

・杉並区でレジストリ・データ、ログ・データを分析
・スキャナのスタートを押してMF Toolboxの保存を選んでおけばPCに取り込まれる
・Scannerのスタートを押すことによって通信がうまくいくことはオンライン上のドキュメントで知った
・結局レジストリの問題とH/WとS/Wの連携の問題であった
・問題は一件落着したように見えたがスキャナからのPCへの保存が1回ごと出来たりできなかったりする(問題継続)スキャナが使えればという事でこの件はペンディング
レジストリの問題は解決、MF Toolboxの件はペンディング

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

WALKMAN操作手順

WALKMAN操作手順最終回

目次(WALKMAN操作手順)
2018/01/03

はじめに
WALKMAN NW-S780Seriesサマリー・P1
AudioCD WALKMAN PC 相関図(iTunes,Media GO)・P2
Craving Explorerの実施(#1)・P3
Craving Explorerの入力画面・P4
Craving Explorerのmp3選択カスケードメニュー・P5
Craving Explorerでmp3データを取った後WALKMANに落とす方法(#2)・P6
Craving Explorerでダウンロードしたmp3をMedia GOのプレイリストに挿入する手順・P7
NW-S784にCD(iTunesで作った)からアルバム/ファイルを送る方法(#3)・P8
iTunesでmp3データを使ってAudio CDを作成する(#4)・P9
iTunesダイアログ・P10
「プレイリストからディスクを作成」画面・P11
AudioCD,CD-Textを含める、「ディスクを作成」画面・P12
プレイリストの作成(マニュアル-Media GOのHelp)・P13~P16-1
iTunes作成-曲名リスト(サンプル)・P17
iTunesで音楽CDを作成(#5)・P18
iTunesでプレイリストの作成手順(図)・P19
iTunesで曲の順番を変える(図)・P20
iTunes作成-曲名リスト(サンプルその2)・P21
市販CDから曲名を印刷しWALKMANに転送する方法(#6)・P22
P22のCaution画面・P23
Media GOでのプレイリストへの楽曲の追加(#7)・P24

はじめに

一度WALKMANに登録された楽曲はどうやってもMedia GOでは削除できない。*1
PCに残っている楽曲、ファイルはPCから削除できる。
このことを心にとめて操作願います。

ソフトウェアはPC上でMedia GO、iTunesを使いますがそれぞれの特性を知ってください。iTunesはWALKMANにデータを送れません。Media GOは曲名を印書できません。音楽のCDを作るにはiTunesを、また音楽データの読み込みもiTunesが良いでしょう。プレイリストの編集はMedia GOでやるとよいと思います。iTunesのアルバムからMedia GOのプレイリストへDrag & Dropできます。一度Media GOからWALKMANに送った楽曲は新たなプレイリストで同じ曲があったとしても二重には送られません。原曲だけがWALKMAN上に残ります。

 内部で扱うデータの方はmp3に統一するとよいかも知れませんが扱えれば別にかまいません。WALKMANで表示される「アルバム」、「プレイリスト」はABC順です。順位は
1. 数字0~9順(?:数字を付けたことがないのでクエスチョンです)
2. 英字A~Z順
3. かな 「ア」~「ン」
4. 漢字 一応(ANSI?)コード順
です。
アルバム名はWALKMANでは変更不能ですから、「プレイリスト」で聞きたい順になるように名前を付けるとよいと思います。同じプレイリストに多数の楽曲を含めることができるので「プレイモード(WALKMAN演奏時オプションボタンで)」の「シャッフルリピート」で日がな一日を過ごすのもよいでしょう。
*1 Media GOでは削除できないがWALKMANと繋がっている状態でPCのExplorerを使ってMUSIC内のフォルダーないしは音楽ファイルを削除することができる。

 このドキュメントはWindowsPCでWALKMAN NW-S780シリーズをお使いの皆さんに書いています。やっつけ仕事で書きましたから間違いも多々あるでしょう。まずお詫びしておきます。ご参考になれば何よりです。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

新年を迎えて

新年を迎えて

読者諸兄姉へ
今年もよろしくお願いします。
今年はS/W関連物をなるべく多くアップしていこうと思います。
元旦はPM(process monitor)についてです。
操作はすべて自己責任でお願いします。当文書で行ったすべての操作の結果について当サイトはいかなる責任も負いかねます。

Process Monitorの実行の仕方

① すべてのタスクバーに載っている実行中のタスクを終了させる
② レジストリの部分バックアップを取る
③ Procmon.exeを走らせる
④ Include…..をチェックボックスをクリックして抜ける
⑤ (Procmon.exeの)レジストリ・アイコンをクリックする(バックが水色になる)
・前回の内容が引き継がれている(前回レジストリのログだけを取っていた場合)
・PM Filterを✖で抜ける(Log start)(今回のFilterを生かすためApplyを押す)
・その後Include process from Window D & Dでそのプロセスのみログとして残る
⑥ 時刻を書き留める
⑦ REGEDITを検索窓に入力し、レジストリエディターを走らせる
⑧ 時刻を書き留める
⑨ レジストリの編集などを実行する(あらかじめ用意していた作業手順書に従って)
⑩ 必要に応じて時刻を書き留める
⑪ レジストリエディットを終了させる
⑫ 保存をクリックする(ディスケットのアイコン)
・CSVを選んだ段階(Log end)(D & DしたprocessのみLogに残る)
⑬ CSVファイルにし「OK」をクリックする(Logfile.CSVができる)
⑭ Procmon.exeを終わらせる(チェックボックスをクリックして抜ける)
⑮ 時刻を書き留める
⑯ Logファイルを編集し求めるデータだけを抜き出す
⑰ 検索で求めるWordのところまでスキップ
⑱ LogファイルをRenameする(日付・時刻の付加)
⑲ Excelの検索で求めるデータをプリントする
⑳ 中身のチェック
目標
① 確実にレジストリの部分バックアップが取れる(“uninstall”キーをクリック)Export
② 確実にレジストリエディターを使って修正ができる(秀丸エディターを使って)
③ 確実に保存(復元用データ)ができる(ファイル名をダブルクリック)又はImport
④ トラブルの時確実にバックアップデータを使って復元できる(Original fileを使って)
※PMのログ・スタートはPM.exeのダブルクリック→デバイスの変更に「はい」でPM Filterを✖をクリックして抜けたところでスタートする。ログ・エンドはディスケットマークをクリックしCSVを押し「OK」をクリックしてから約2.5秒前に終了する。PMを✖で抜けるのはログの記録には関係ない。(PM : Process Monitor)(D & D:Drag & Drop)

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Canon MF4330dのスキャナーが動かなくなった

Canon MF4330dのスキャナーが動かなくなった

・新しくコンピューターを購入した
Windows10で動いている
SetUpをN月M日に行った
Windows7で動いていたPrinterも接続した
Windows10で問題なく印書機能は動いた
その時はスキャナーをインストールしなかった
・P月Q日スキャナーのインストールを行った(Canon MF Toolbox Ver.4.9.1.1.mf17)
問題なく稼働した
イメージの繋ぎのソフトウエアはペイントにした
編集機能で編集したのち画像を保存した
正しく保存されていた
(Downloadや解凍Installはうまくいった)
そこでシャットダウン(更新してシャットダウン)を行った
Windows Updateが走った(Windows10のメジャーバージョンアップ)
Updateのバージョンアップは正しくインストールされた
そして正常にシャットダウンされた
・続いてRebootしてスキャナーを稼働した
「電源が入っていないか接続されていない」というエラーメッセージが表示された
USBケーブルの結合状況を確かめた、また印書してみた
印書もされこのエラーメッセージが誤りであることが分かった
・それでCanon MF Toolbox Ver.4.9.1.1.mf17のアンインストールをした
20分ぐらい待っても終わらなかったのでRebootした
再度アンインストールしたらアンインストール実行でだんまりになる
Rebootしてスキャナーを再インストールしてアンインストールしたら次のMSGがでた
「アンインストール中です」
それで諦めた
① Windows10のメジャーバージョンアップで動いていたスキャナーが動かなくなったのはなぜか?(UtilityのInstallとWindows Updateを同日中にやってはならないという事か?)
② レジストリの問題であると思うが一旦インストールを行ってからアンインストールすればよいといわれるがどの部分からインストールを開始すればよいか?
③ 関連のレジストリの編集、登録、削除は分かった。
④ Procmon.exe(Process Monitor)を使ってDebugする。
⑤2018年1月12日実施(同1月14日のブログで記述)

「伊豆の踊子」のお土産


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

ShiftとCntrlキーについて

ShiftとCntrlキーについて

WindowsのExplorer,Excel,Mailerなどにおいて
スタート地点となるアイコン(またはライン)をクリックして一つ選び「Shift」キーを押しながら終点のアイコン(またはライン)を選べば連続したアイコン(またはライン)が選べます。「Cntrl」を押しながら行うととびとびのアイコン(またはライン)が選べます。
ファイルの場合、ドラッグアンドドロップで同じドライブ内にあれば移動、そうでなければコピーです。
また、「Shift」キーを押しながらドラッグ&ドロップすれば常に移動、「Cntrl」キーを押しながらなら常にコピーです。
意外とご存じない方もいらっしゃいます。ご確認を!

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!