Windows Subsystem for Linux

Pythonの開発環境でいままでVAIO上でUbuntu(native Linux)を使って行ってきた。しかし今回の内臓HDDも約2か月で壊れてしまった。しようがないので倅に一時は渡したDYNABOOKを返してもらってPCで引き続きPythonで開発することとした。Windows10の安定性を考えてである。

Windows Subsystem for Linux

Pythonの開発環境について、いままでVAIO上でUbuntuをインストールし使ってきた。
しかし今回の内臓HDDも約2か月で壊れてしまった。(外付けHDDは2度クラッシュ)
仕様がないので倅に一時は渡したDYNABOOKを返してもらってPCにて引き続き
Pythonで開発することとした。Windows10の安定性を考えてである。
コマンドプロンプトで仮想環境を作り出し数学関連のライブラリをインストール。
そののち(>atom . )でAtomを呼び出しsin curveなどをプロット。
以下にその手順を述べる。

2018/10/05

① コントロールパネルのWindows Subsystem for Linuxに☑を入れる。
② Ubuntuのインストール
③ Ubuntuにユーザーネーム、PWをセットする。
④ sudo apt updateの実施
⑤ sudo apt upgradeの実施(pip,pip3,python3.6.6も同時にインストールされる)
⑥ sudo apt install emacs
⑦ sudo apt install ibus-mozc emacs-mozc
%emacs &
VcXsrvを起動
デスクトップ上のXlaunchをクリック
%xeyes &
⑧ pip,pip3インストール which pip3→/*****/bin/pip3
⑨ jupyterのインストール
⑩ Anaconda3のインストール
C:\Users\*****\Anaconda3
⑪ Atomのインストール1.31.1
⑫ Atomのセットアップ
⑬ Ipykernelのインストール
⑭ AnacondaなしでAtomのHydrogenをいれる(CMDpromptで >atom . )
→@tomp(2018/10/03)記事参照
( https://qiita.com/tomp/items/af89e0c7aa1a3d07e27f )参照
⑮ 環境変数編集
⑯ Ipythonのインストール
⑰ コマンドプロンプトでPython36のインストール
⑱ Matplotlib等のインストール

問題点、注意点など
 HydrogenでShift+Enterでpip -m …のエラー解決(⑭で解決済み)
 Jupyter notebookでファイルが参照できない
 クロームのLinuxの最終行をクリックしyahooの最後のリンクを読む
 VcXsrvを起動デスクトップ上XLaunchをクリック
 初回時ファイアウォールの設定キャンセル
(libxcb.dll libXau.dll libX11.dll zlib1.dll libcrypto-1_1-x64.dllをセットする)
 Windows・Key+R(「shell:startup」入力)

Atom実行場面(projectの指定)

Matplotlibをインストールしたのちsin curveを描画

pandasのインストールしたのち乱数を発生させてplot


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

プリンターとの接続

Linuxマシンから直接印刷できるようになった。WriterやCalcといったAppをWord、Excelに変換しないで直接印刷できるメリットは大きい。

プリンターとの接続

長い間USBメモリーを介してUbuntuで作った文書などをWindows10で印刷していたものをUSBケーブルを介してであるがLinuxマシンから直接印刷できるようになった。
プリンターはEPSON EP-903Aである。
これは大変な進歩である。印刷を行うたびに家内のマシンを借りなければならないところを、直接私のマシンから印刷できるようになったからだ。
WriterやCalcといったAppをWord、Excelに変換しないで直接印刷できるメリットは大きい。
作業が大変楽になるであろう。
Ubuntu環境下で印刷できる場面は他にもある。これが実行できるようになったのだからこの差は大きい。

下の写真はドライバーのインストール画面である。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

System Generation(最終?)

システムジェネレーションその4、Sony VAIO(VGN-NW51FB CORE2Duo)にUbuntuをインストールするまで。TV録画用などの外付けHDDはシステムには向いていないようです。それで中古PC(Windows10)を購入する予定だったがこのマシンは倅に譲りSonyのVAIOを使用。

System Generation(最終?)

システムジェネレーションその4
Sony VAIO(VGN-NW51FB CORE2Duo)にUbuntuをインストールするまで
① 2018/08/16実施
② 自分の必要なモジュールの選定
③ インストール順番を考える
④ ディスクのレイアウトを考える(今回は1パーティション)
⑤ Ubuntu 18.04 LTS 日本語RemixマスターUSBメモリーを使用(ISO-image)
⑥ Live-USBメモリーの作成(既成)
⑦ 内蔵HDDの作成
・パーティションの削除(今回はやらない)
・複数のパーティションの作成(今回は1パーティション)
・fdisk(不要)
・fsck(不要)
・MBRの作成(自動作成)
・1つは’/’
・1つは’/home’(今回は不要)
⑧ Firefoxのお気に入りのインポート(IE11から)
⑨ Firefoxのお気に入り整理(前回のFirefoxのJSONファイルのリストア)
⑩ ・DailyCheck(今回は前回システムのお気に入りのバックアップから復元)
・Software
・Linux
・Ubuntu
・Atom
・GitHub
・Blogetc
・Finance
・Other
⑪ 端末の背景を白地に(編集メニューの→Preference→色)
⑫ タッチパッドを殺す(マウスオンリー)(Doc→デバイス→マウス・タッチパッド)
⑬ emacs,LaTeXのインストール(最後にやる)
⑭ pip,pip3,dumpのインストール(Firefoxコピー・ペースト)
⑮ Python3.6のインストール(Firefoxコピー・ペースト)
⑯ Thunderbird(メールソフト)のセットアップ
⑰ パーティションの中身の印刷(最後の最後にやる)
⑱ 壁紙の設定
⑲ 電源の設定に注意(暗く、ブラックアウトなし)
⑳ Ipythonのインストール(Firefoxコピー・ペースト)
㉑ Jupyter notebookのインストール(Firefoxコピー・ペースト)
㉒ Anaconda3のインストール(Firefoxお気に入りから)
・md5sumの実施(Document参照)
・bashの実施(細心の注意が必要)(Document参照)
㉓ Atomのインストール(Firefoxコピー・ペースト)
・パッケージのインストール(Document参照)
㉔ Gitの設定
㉕ GitHubの設定
㉖ GIMP(GNU Image Manupulation Program)のインストール
㉗ FlightGear(Game)のインストール
※ ⑮、⑳、㉑、㉒と㉓の順番は間違わないように!システム・ジェネレーションを4度もやってしまったので。Atom-Hydrogenでエラーになってしまう。
※ Anaconda3をatomの前にやっておかないと(正常に行われるとあるはずの)アイキャッチ画像にあるようなIpythonやPython3.6のフォルダーの中身が空になってしまうようです。
※ モジュールのインストールは「#」ではなくて「$」で行うほうが良いようです。Anaconda3もユーザーライブラリーに入れたほうが良いようです。たまたまかも知れませんが、IpythonやPython3.6が正常にpathに載ったのもそのせいだと思っています。
※ TV録画用などの外付けHDDはシステムには向いていないようです。それで中古PC(Windows10)を購入する予定だったがこのマシンは倅に譲りSonyのVAIOを使用。(8/18追記)

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

5ヶ年計画

リンクをクリックすると私の5ヶ年計画の文書が見られます。目標、目的はあえて述べません。それは私自身の能力によるからです。

2018-08-17-5ヶ年計画.markdown
上のリンクをクリックすると私の5ヶ年計画の文書が見られます。
目標、目的はあえて述べません。それは私自身の能力によるからです。
1.Atomのパッケージのインストールで
・markdown-writer
・markdown-scroll-sync
・tool-bar
・tool-bar-markdown-writer
を入れておく
2.Atomでmarkdownの文書を作る
3.プレビューする
4.プレビュー画面で右クリック
5.HTML文書作成をクリック
6.Wordpressテキスト画面にHTML文書をドラッグ・アンド・ドロップする
7.リンクが貼られます
以上です。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

CORE2Duo-VAIOへのLinuxのインストール

CORE2Duo-VAIOへのLinuxのインストールを行った。家での稼働する一番古いPCである。Linuxように東芝製の中古のPCが届いたのであるがこれがまた素晴らしい内容のPCで入っていたWindows10とOffice2016を殺すのが忍びなく倅のPCと交換したわけである。開発環境の構築の方はPIP,PIP3,Python3.6,IPython,Jupyter notebook,Anaconda,Atom,GIMP,emacs,LaTeX,FlightGearをインストールして完了できた。

CORE2Duo-VAIOへのLinuxのインストール

昨日、CORE2Duo-VAIOへのLinuxのインストールを行った。家での稼働する一番古いPCである。Linuxように東芝製の中古のPCが届いたのであるがこれがまた素晴らしい内容のPCで入っていたWindows10とOffice2016を殺すのが忍びなく倅のPCと交換したわけである。先日書いたスペックよりも型番はB553ではなくB554でレビューで書かれたようなOfficeを自分でインストールする必要もなく(プリインストールされていた)なにせHomeエディションでなくパワーポイントも入ったビジネスエディションであった。ハードウェアはキーボートも使用感はなく、WiFiアダプターが予めセットされていて天板に多少擦れ傷のある他は宣伝どおり新品のようであった。ただし底板のビスが1つ外れそうになっていたことを除けば、望外の品物であった。これからこのマシンをLinuxで潰すのは忍びなく冒頭のVAIOの使用と相成った。
実際のインストールは付録についていたDVDよりのインストールであったが途中でLOOPに入ってしまいやめようと思うたびDVD装置がちょっと動くのでやめるわけも行かず、4時間ほど時間が経ってしまった。また選択のボタンが途中画面の下に隠れてしまうなどのトラブルもあり、先日作ったUSBメモリのISOイメージのインストールメディアがあったのでそれを起動ディスクにしたら小一時間でインストールは終了した。ラッキーだったのは東芝でだめな外部装置からの起動がVAIOではBOOTデバイスとして指定できたことだった。このためUSBメモリを使ったISOイメージがBOOTデバイスになり得たことである。しかしアイキャッチ画像にもあるとおり1パーティションの構成になってしまった。
開発環境の構築の方はPIP,PIP3,Python3.6,IPython,Jupyter notebook,Anaconda,Atom,GIMP,emacs,LaTeX,FlightGearをインストールして完了できた。

Atomでのsinカーブの表示、jupyter notebookでの数々のデモ・プログラムの実行・IPythonの実行、Jupyter notebook環境での.ipynbモジュールの.pyモジュールへの変換、及びそのモジュールをAtom環境下での実行確認、それぞれでうまくいった。

実施でのトラブルはJupyter notebookでの実行時モジュールが0バイトだとJSON Unreadableになってしまうことであった。これはインターネットでかなり調べた。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

シスジェンのときに使うお気に入り

Ubuntuのシステムジェネレーションのときに使ったお気に入りです。

シスジェンのときに使うお気に入り

Ubuntuのシステムジェネレーションのときに使ったお気に入りです。(アイキャッチ画像)
それとそれに対応したURLです。ご自身の責任で参照・実行してください。

IT用語No.01Atom
IT用語No.02
IT用語No.03
IT用語No.04
IT用語No.05
IT用語No.06Python
IT用語No.07
IT用語No.08
IT用語No.09
IT用語No.10Ipython
IT用語No.11Anaconda
IT用語No.12GitHub
IT用語No.13

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

flightgear(Coffee break)

flightgear

Coffee breakにしましょう。
ここまで真面目に律儀にPython環境を作ることに突っ走ってきました。
ここらでブレーク入れても神様は許してくれるでしょう。
そこでflightgearをインストールしました。
ここではまだ試しません。
ゆくゆく作業が行き詰まったときに楽しむことにしましょう。
アイキャッチ画像は薄暮の環境のコクピットを写した私のデスクトップです。
それと’help’画面です。

Help画面


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Canon scanner Trouble解決

Canon scanner Trouble解決

キャノン多機能プリンターMF4330dのスキャナートラブルが解決した。
当初レジストリのトラブルではないかという事で、
プロセスモニターなどで追いかけてきたが、
レジストリには瑕疵がなくプリンターのドライブの問題ではないかとの
指摘を受けスキャナーのドライバーのファームウェアを
インストールするタイミングでプリンターを一旦オフラインにして
ファームウェアを送り込んだところスキャナーが正常に動いた。
めでたしめでたし。

相模湾を車中から望む

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Atomの実行・ショートカット・キー

Atomの実行・ショートカット・キーなど

2018/05/11
① 開発環境の開始方法
1) GitHub Desktop Iconをダブルクリック
2) 表示された画面のRepository IconメニューのOpen in Atomをクリックする
3) IDLEは使わない
・実行Windowを中心に持ってくるとエラーが出ない(現象は出なくなった)
・IDLEではなしにインタラクティブシェルを使う
・テストの時もAtomを最初から使う
②  Atomの実施
1) .pyモジュールを実行結果のWindowを中心下で行うとエラーが出ない(現象は出なくなった)
2) ショートカットキー
・Atomのコードを実行
a) Alt + R ・・・・・・・実行開始
b) Ctrl + Shift + C ・・・実行停止
c) Ctrl + S ・・・・・・上書き保存 
d) Ctrl + Shift + P ・・・Atomでのマスターキー
e) Ctrl + \ ・・・・・・エクスプローラを閉じる・開く
f) Ctrl + 0 ・・・・・・エディタ側とエクスプローラ側の切り替え
g) Ctrl + T ・・・・・・ファイルを候補に出して開くことができる
h) Ctrl + B ・・・・・・タブがいっぱいになった時・検索
i) Ctrl + F ・・・・・・ファイル内検索、置換
j) Ctrl + L ・・・・・・行選択
k) Ctrl + K ・・・・・・→:横に分割、↓:縦に分割
l) Ctrl + Shift + K ・・・→、↓でカーソル移動
m) Ctrl + W ・・・・・・現在いるパネルを閉じる
・トグルで閉じる(反対の動作)
・ESC・キーで抜ける
・Version名は#(コメント文に)
・Path名も#(コメント文に)
③  TerminalのOperationを覚える
④ Atomのモジュールも適宜インストール
⑤ Demo Programの印刷:秀丸エディタに読み込み、用紙をたてにして印刷

上記操作は自己責任でお願いします。生じたいかなる結果も当サイトは責任を負いかねます。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Python開発環境構築

Python開発環境構築

Python開発環境構築を行った
途中トラブルも見舞われ構築に3日もかかってしまった
まだAtomの操作に慣れていないのでこれからというところ
構築に関してメモを取ったのでここに表示する
最初32bitでPython開発環境を構築しようとしたが
途中64bitに変更したので読者は迷われると思う
でも実行時に両者を選択できるので両システムをインストールしても問題ない

Python開発環境設定
2018/05/09
① Python開発環境設定手順(当文書)作成
② 64bitに合わせる(両方混在)
1) 今ある64bitをアンインストール
2) 32bitと64bitの残骸を削除
3) 32bitと64bitの環境変数を削除
4) 64bit on win32で行く
5) エラーメッセージの検討
・どのモジュールが64bit?
・python -m pip install ipykernel(コマンドプロンプトで実施)
・python -m ipykernel install – -user(コマンドプロンプトで実施)
③  Sign in to GitHub・GitHubでRepository Nameを設定
1) x86-64 executable installer(32bitも混在できる、実行時選択)
・Customize installation
・☑install launcher for all user(Recommended)
・☑Add Python 3.7 to Path
・Optional Fitures
全部に☑
・Advance Option
下の2つにはチェック無(その他は☑)
④ Gitの再インストールは必要?→不要
⑤ Atomの再インストールは必要?→不要
⑥ Atom のインストール
1) Hydrogen(日本語化は済)
・Setupインストール(各種パッケージのインストール)
2) Atomのhydrogenの設定で右端のCopyを押す
・utf-8で秀丸エディタを使って作成
・Atomの環境設定でペースト(どこで?)→Atomでやる→IDLEは使わない
⑦  Repository Nameに新規に「X/MyPythonPrograms」と名付ける
1) ??Data
2) ??DataPython
3) ??????
⑧ 日本語化の再インストールは?(Atomについて)→不要
⑨ Atomの実行の仕方
⑩ PythonのGitHubとAtomによる環境構築について
⑪ 整合性が取れているのはどのモジュール同志か?→混在可能
⑫ Welcomeの頁でbin,srcなどのFileをcheckしてみる(32bitか64itか?)
⑬ Control Panelで全関係モジュールを洗い出す(リスト有)
⑭ Atomのタブと空白を混在させないための機能があるか?(atom-beautifyインストール)

Atomの実行
2018/05/09
① 開発環境の開始方法
1) GitHub Desktop Iconをダブルクリック
2) 表示された画面のRepository IconメニューのOpen in Atomをクリックする
3) IDLEは使わない
・実行Windowを中心に持ってくるとエラーが出ない
・IDLEではなしにインタラクティブシェルを使う
・テストの時もAtomを最初から使う
②  Atomの実施
1) .pyモジュールを実行結果のWindowを中心下で行うとエラーが出ない
2) ショートカットキー
・Atomのコードを実行
a) Alt + R ・・・・・・・実行開始
b) Ctrl + Shift + C ・・・実行停止
c) Ctrl + S ・・・・・・上書き保存
・Version名は#(コメント文に)
・Path名も#(コメント文に)
③  TerminalのOperationを覚える
④ Atomのモジュールも適宜インストール

※上記の事柄について当サイトはいかなる責任も持ちません。単なる参考として考えてください。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!