うなぎーての字(御成門本店)

うなぎーての字

昨日(3日土曜日)長兄のご夫妻と逢った。一通りの用事がすんだあとお昼ご飯を一緒にしようという事になって御成門の老舗うなぎ屋「ての字」に入った。そこで「上うな重」をご馳走になった。大変うまかった。こんなうまいものはそうそう食べられるものではない。ゆっくり味わって食した。

ての字上うな重

御成門に本店がある「ての字」の上うな重

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

新千歳空港フードコート

新千歳空港フードコート

最終日、ホテルのチェックインを済ませて

1時間ほど早く新千歳国際空港に着いた。

セキュリティチェックを早めに済ませてから

スーパーラウンジから飛行機の離発着をひとしきり見て、

フードコートに立ち寄った。

あまり腹に堪えないようにハンバーガーを頼むことにした。

千歳国際空港のスーパーラウンジから

フレッシュネスバーガー店での注文の様子
フードコート内のフレッシュネスバーガーでの注文風景


フレッシュネスバーガーで食べたクラシックバーガー

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

寶龍での最後のラーメン

寶龍での最後のラーメン

毎年のように札幌へ訪れているが初日あるいは最終日に寶龍に訪れることが多い。

今年も御多分に漏れず最終日の前の日、ここを訪れた。

家内も私も食べるものがいつも一緒。

家内は塩ラーメン。

私は味噌ラーメンをオーダーする。

今回も美味しかった。

ラーメン店宝竜本店

味噌ラーメン

寶龍の塩ラーメン

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

北大構内散策その2

北大構内散策その2

大野池の南隣にある北大教職員会館を訪れた。

旅行者が立ち寄る食堂は中央食堂が有名だが、
会館内にあるレストランエルムも旅行者に開放している。

ここは札幌グランドホテルが運営していることもあって
料理はどれもおいしい。
しかも安い。

会館内には展示室もあって今回行ったときは
北大構内で見ることができる昆虫や植物の写真が飾られていた。

どれも興味深い作品だった。

レストランは明るく、広々していた。
北大教職員会館内展示室

レストランエルムの内部

レストランエルムでのランチ

メニューは
B Lunch
子牛のベーコン巻きトマトソース
ガスベと海老のグリル添え

ELM Lunch
じゃが芋と貝のチャウダー
ベーコン、クルトン添えの温泉たまごトマトソース
鯛のポワレチキングリル
カレー風味のオニオンソース仕立て

パンorライス、スープ、サラダ、コーヒーor紅茶付き
であった。

前回来たときは「クラーク・カレー」を頼んだ。
東京の学士会館のレストランにも同じメニューがある。
今度食べ比べてみようと思う。

サラダとスープ

エルムランチのメインメニュー

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

松尾ジンギスカン

松尾ジンギスカン

北海道旅行4日目昼食には肉に予め味をつけて焼くタイプの松尾ジンギスカンに行った。

何度もジンギスカン鍋は味わったことがあるが、プロのひとが行ってくれるそれはあまりない。

以前サッポロビール園で味わったときは隣の人が肉をもやしで蒸して食べているのを見て、地元ではそうして食べるのかと感心したことがある。

私たちは3種の羊の肉を味わった。

とても美味しかった。

ジンギスカン鍋。宴の後。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

札幌の両親のお墓参り

札幌の両親のお墓参り

21日は義母の月命日

平岸霊園にある霊廟に家内と妹夫婦の4人で墓参に行ってきた。
父と母の好物を供えてお祈りとお線香をあげてきた。

北海道限定のガラナ、味はルートビアに似てチェリーコークともいえる

精進落としで回転すしのトリトンで昼食をとった。
ネタも新鮮で種類も多く
どれも大変美味しかった。

寿司ネタ・かに

寿司ネタ・マグロ中トロ

寿司ネタ・エビ各種

寿司・チーズ鮭ロール

寿司ネタ・まぐろ赤身

寿司ネタ・イカ


寿司ネタ・まぐろ大トロ

そこから姪っ子の家に立ち寄り、お土産を置いて、妹夫婦の計らいで小樽方面にドライブした。目的地は絶好の立地のViewCafeというレストラン&カフェである。店から小樽発札幌経由の千歳エアポート行きの快速エアポートが走る姿を動画でおさめることができた。


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

普段のご馳走(繭蔵)

普段のご馳走(繭蔵)

自宅から約35Km、青梅のレストラン、繭蔵に行ってきました。当日は天気も良くドライブ日和でした。頼んだ料理は「繭膳」1汁五菜で春野菜いっぱいのヘルシー料理でした。味も大変よろしく満足のいくものでした。たまたまそこで行われていた紙芝居を鑑賞できて大変有意義な1日となりました。

「繭膳」のお品書き

繭蔵店内お土産品の展示

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

ふだんのごちそう

ふだんのごちそう

昨日行ったお店「繭蔵」は青梅にある繭蔵を改装して造ったレストランです。
その店のチラシ曰く
「ゆったり蔵空間で召し上がっていただくのはこころとカラダにやさしい料理です。こだわりは季節の野菜を中心に素材の持ち味を活かしながら、ひと手間を惜しまずに心を込めて調理すること、栄養バランスがとれていること、そして出来る限り作り手の顔が見える安心食材であること。今日もお客様から『おいしかった』のひと言が聞きたくて・・・。」と書いてあります。
出されたメニューから「繭膳」をオーダーしました。そのお品書きは
春の磯豆腐
よもぎと干しエビのかき揚げ
春キャベツと人参のコールスロー
おからのサラダ
春野菜のポトフ
独活と水菜の梅ドレッシング和え
五穀米・玄米・うどのきんぴらご飯
セリと油揚げの味噌汁
です。
このコースの終わりにデザート(手作りの和菓子と黒豆茶)をいただきました。全部が美味しかったです。
ゆっくりとした昼食を頂いたのち、その日偶然にそのお店の2階で行われた紙芝居を鑑賞しました。

レストラン「繭蔵」の前庭

レストラン「繭蔵」の全景

繭蔵の店内

繭蔵店内の生け花

デザートの和菓子と黒豆茶

繭蔵2階で行われた栄ちゃんの紙芝居

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

スパイシーチキンカレー

スパイシーチキンカレー

昨日友人のOさんからアジア史のレクチャーを受けてきた。Oさんは博識でその読書量は半端ではない。色々な国内の講座も受講されていて、まとめも十分である。その知識をもとに興味を持った世界の国々に旅行に出かけている。実に行動的なのである。お話を聞いているうちに自分には真似はできないなと思った。最初は喫茶店のカレーを食べた。スパイシーチキンカレーである。とても辛かったが美味しくいただけた。ラッシーがセットドリンクで出てきたのも助かった。酢漬けの玉ねぎの薬味もアクセントになってよかった。レクチャーも聞き足りなかったので別の喫茶店に場所を移動して奥様といかれた西安から敦煌を旅した写真も見せていただいた。場所は国分寺ほんやら洞であった。



↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!