NEWマシンのスタビリティー

VAIO Core 2 DuoにUbuntuをインストールしてから17日経った。この間1度起動時に普段と違う動きを一瞬見せたがそれだけであとは安定的に推移している。

NEWマシンのスタビリティー

VAIO Core 2 DuoにUbuntuをインストールしてから17日経った。
この間1度起動時に普段と違う動きを一瞬見せたがそれだけであとは安定的に推移している。
外付けHDDにUbuntuをインストールしたときは新しいHDDにもかかわらず2度ともディスクエラーを引き起こした。
両者はシーゲート・バッファローのTV録画用の500GBのHDDである。
2つともAmazonジャパンで求めたものだが品物にがっかりした。
今度のUbuntuをインストールしたVAIOは8年前Windows7用マシンとして買い求めたものである。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

5ヶ年計画

リンクをクリックすると私の5ヶ年計画の文書が見られます。目標、目的はあえて述べません。それは私自身の能力によるからです。

2018-08-17-5ヶ年計画.markdown
上のリンクをクリックすると私の5ヶ年計画の文書が見られます。
目標、目的はあえて述べません。それは私自身の能力によるからです。
1.Atomのパッケージのインストールで
・markdown-writer
・markdown-scroll-sync
・tool-bar
・tool-bar-markdown-writer
を入れておく
2.Atomでmarkdownの文書を作る
3.プレビューする
4.プレビュー画面で右クリック
5.HTML文書作成をクリック
6.Wordpressテキスト画面にHTML文書をドラッグ・アンド・ドロップする
7.リンクが貼られます
以上です。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

CORE2Duo-VAIOへのLinuxのインストール

CORE2Duo-VAIOへのLinuxのインストールを行った。家での稼働する一番古いPCである。Linuxように東芝製の中古のPCが届いたのであるがこれがまた素晴らしい内容のPCで入っていたWindows10とOffice2016を殺すのが忍びなく倅のPCと交換したわけである。開発環境の構築の方はPIP,PIP3,Python3.6,IPython,Jupyter notebook,Anaconda,Atom,GIMP,emacs,LaTeX,FlightGearをインストールして完了できた。

CORE2Duo-VAIOへのLinuxのインストール

昨日、CORE2Duo-VAIOへのLinuxのインストールを行った。家での稼働する一番古いPCである。Linuxように東芝製の中古のPCが届いたのであるがこれがまた素晴らしい内容のPCで入っていたWindows10とOffice2016を殺すのが忍びなく倅のPCと交換したわけである。先日書いたスペックよりも型番はB553ではなくB554でレビューで書かれたようなOfficeを自分でインストールする必要もなく(プリインストールされていた)なにせHomeエディションでなくパワーポイントも入ったビジネスエディションであった。ハードウェアはキーボートも使用感はなく、WiFiアダプターが予めセットされていて天板に多少擦れ傷のある他は宣伝どおり新品のようであった。ただし底板のビスが1つ外れそうになっていたことを除けば、望外の品物であった。これからこのマシンをLinuxで潰すのは忍びなく冒頭のVAIOの使用と相成った。
実際のインストールは付録についていたDVDよりのインストールであったが途中でLOOPに入ってしまいやめようと思うたびDVD装置がちょっと動くのでやめるわけも行かず、4時間ほど時間が経ってしまった。また選択のボタンが途中画面の下に隠れてしまうなどのトラブルもあり、先日作ったUSBメモリのISOイメージのインストールメディアがあったのでそれを起動ディスクにしたら小一時間でインストールは終了した。ラッキーだったのは東芝でだめな外部装置からの起動がVAIOではBOOTデバイスとして指定できたことだった。このためUSBメモリを使ったISOイメージがBOOTデバイスになり得たことである。しかしアイキャッチ画像にもあるとおり1パーティションの構成になってしまった。
開発環境の構築の方はPIP,PIP3,Python3.6,IPython,Jupyter notebook,Anaconda,Atom,GIMP,emacs,LaTeX,FlightGearをインストールして完了できた。

Atomでのsinカーブの表示、jupyter notebookでの数々のデモ・プログラムの実行・IPythonの実行、Jupyter notebook環境での.ipynbモジュールの.pyモジュールへの変換、及びそのモジュールをAtom環境下での実行確認、それぞれでうまくいった。

実施でのトラブルはJupyter notebookでの実行時モジュールが0バイトだとJSON Unreadableになってしまうことであった。これはインターネットでかなり調べた。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

シスジェンのときに使うお気に入り

Ubuntuのシステムジェネレーションのときに使ったお気に入りです。

シスジェンのときに使うお気に入り

Ubuntuのシステムジェネレーションのときに使ったお気に入りです。(アイキャッチ画像)
それとそれに対応したURLです。ご自身の責任で参照・実行してください。

IT用語No.01Atom
IT用語No.02
IT用語No.03
IT用語No.04
IT用語No.05
IT用語No.06Python
IT用語No.07
IT用語No.08
IT用語No.09
IT用語No.10Ipython
IT用語No.11Anaconda
IT用語No.12GitHub
IT用語No.13

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

システムジェネレーションその3

システムジェネレーションその3

外付けHDDにUbuntuをインストールするまで
① 2018/08/09実施
② 自分の必要なモジュールの選定
③ インストール順番を考える
④ ディスクのレイアウトを考える
⑤ Ubuntu 18.04 LTS 日本語RemixマスターUSBメモリーを作る(ISO-image)
⑥ Live-USBメモリーの作成
⑦ Live-HDDの作成
・パーティションの削除
・複数のパーティションの作成
・fdisk
・fsck
・MBRの作成(自動作成)
・1つは’/’
・1つは’/home’
⑧ Firefoxのお気に入りのインポート(IE11から)
⑨ Firefoxのお気に入り整理(前回のFirefoxのJSONファイルのリストア)
⑩ ・DailyCheck
・Software
  ・Linux
・Ubuntu
・Atom
・GitHub
・Blogetc
・Finance
・Other
⑪ 端末の背景を白地に
⑫ タッチパッドを殺す(マウスオンリー)
⑬ emacs,LaTeXのインストール
⑭ pip,pip3,dumpのインストール
⑮ Python3.6のインストール
⑯ Mailspringのセットアップ
⑰ パーティションの中身の印刷
⑱ 壁紙の設定
⑲ 電源の設定に注意
⑳ Ipythonのインストール
㉑ Jupyter notebookのインストール
㉒ Anaconda3のインストール
・md5sumの実施
・bashの実施(細心の注意が必要)
㉓ Atomのインストール
・パッケージのインストール
㉔ Gitの設定
㉕ GitHubの設定
㉖ GIMP(GNU Image Manupulation Program)のインストール
㉗ FlightGear(Game)のインストール
※ ⑮、⑳、㉑、㉒と㉓の順番は間違わないように!システム・ジェネレーションを3度もやってしまったので。Atom-Hydrogenでエラーになってしまう。
※ Anaconda3をatomの前にやっておかないと(正常に行われるとあるはずの)アイキャッチ画像にあるようなIpythonやPython3.6のフォルダーの中身が空になってしまうようです。
※ モジュールのインストールは「#」ではなくて「$」で行うほうが良いようです。Anaconda3もユーザーライブラリーに入れたほうが良いようです。たまたまかも知れませんが、IpythonやPython3.6が正常にpathに載ったのもそのせいだと思っています。
※ TV録画用などの外付けHDDはシステムには向いていないようです。それで中古PC(Windows10)を購入する予定です。(8/10追記)

今回のシステムジェネレーションによるディスクレイアウト


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

おさらい

おさらい

2018/08/03
WordPressの新Editor(Gurtenburg)をテストしてみた。
全然だめである。旧エディターをインストールし直して使い続ける予定である。
新エディターは不安定だし、だいたいどこに何の機能があるかわからない。
当文章も追加して更新したら「更新」エラーになってしまった。
この影響かどうかわからないが、従来のパスワードもリジェクトされてしまった。
当分切り替えるつもりはない。

2018/08/02

① Ubuntu 18.04 LTS 日本語RemixマスターUSBメモリーを作る(ISO-image)
② Live-USBメモリーの作成
③ Live-HDDの作成
・パーティションの削除
・複数のパーティションの作成
・fdisk
・fsck
・MBRの作成
・1つは’/’
・1つは’/home’
④ Firefoxのお気に入りのインポート
⑤ Firefoxのお気に入り整理
・DailyCheck
・Software
・Linux
・Ubuntu
・Atom
・GitHub
・Blogetc
・Finance
・Other
⑥ 端末の背景を白地に
⑦ やたらモジュールを入れ込まない
⑧ Atomのインストール
・パッケージのインストール
⑨ Python3.6のインストール
⑩ Mailspringのセットアップ
⑪ パーティションの中身の印刷
⑫ 壁紙の設定
⑬ 電源の設定に注意
⑭ Gitの設定
⑮ GitHubの設定
⑯ Anaconda3のインストール
⑰ Ipythonのインストール
⑱ emacs,LaTeXのインストール
———————————-
⑲ ’/’ and ‘/home’のBack Up作成
⑳ pipのインストール
㉑ Jupyterのインストール
㉒ Download the example code files
———————————-
㉓ ’/’ and ‘/home’のBack Up作成(2回め)18/07/30現在最新
㉔ FlightGearのインストール

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

notebookでturtle描画

notebookでturtle描画

Atom環境下で実績のあるturtle描画のpythonプログラムをコピペでjupyter notebookに持っていき実行してみる。
① Atomを開き目的のプログラムをコピーする。
② 端末から’jupyter notebook’と入力しブラウザーを立ち上げる。
③ WEBが動いたらNewでpython3を選択する
④ In [1]にプログラムをぺーストする
⑤ file menuで’Rename’を実行
⑥ file menuで’Download as’で’.ipynb’を選択(.pyにしても強制的になる)
⑦ save(画像参照)
⑧ ▶RUN実行(アイキャッチ画像参照)
⑨ Python Turtle graphics(クローズボタンは効かない、シャットダウン時に自動的に消える)
⑩ logout
⑪ ブラウザを閉じる
⑫ 端末で’Ctrl + C’入力-シャットダウン
⑬ 次からjupyter notebookを実行した場合’Rename’で指定したプログラム名が表示される

Turtle Graphics格納画面


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

lsmagicの扱いについて-その2

lsmagicの扱いについて-その2

結局まだ解決がついていないのだが、原書でプログラムの保存先およびIpythonでのリポジトリのPATHを提示しているのでここで述べておきます。作成元はアイキャッチ画像からも分かると思いますがcpコマンドのコピー先も表示しておきます。
/etc/asterisk/cdr_mysql.conf です。例えば
——————————
cd /usr/src/asterisk-addons/configs/cdr_mysql.conf.sample
cp lsmagic1 /etc/asterisk/cdr_mysql.conf
——————————
という具合です。
間違えていたらごめんなさい。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

lsmagic実施

lsmagic実施

① root権限でIpythonを実施
② %lsmagic実施
③ プログラム入力
In [1]で「%lsmagic」を入力
f = open(‘lsmagic1’,’w’)→ファイルに追加のときは’a’を指定
str = In [1]
f.write(str)
f.close()
④ ファイルのアップロードでlsmagic1を開く(.ipynb→.pyへ)ただしplain Textを変換
⑤ 本当のアップロード
⑥ ファイル/フォルダー リストに表示されている→クリック
⑦ テキストをコピー,In [1]の中にペイスト
⑧ ファイル・メニューからRename,download asから.pyを選ぶ
⑨ ▶RUNでIpython②で行った結果と同じものが表示された
⑩ Atom環境下に持っていって実施したがだめ
⑪ 自動変換でもだめ、%lsmagicを直接入力してもだめだった

→原書で当たっているがそもそもコマンドを端末から入力しても’>>>’のプロンプトが出ない。In [1]…Out [1]…がプロンプトされてしまう。
Ipython(Anaconda)のインストールがまずかったのか、でもPython3.6のほうは上記のプロンプト’>>>’が出る。インストールのやり直しを何回も行っているため、怖くて現状を改変したくない。どなたかこの辺のこと知っている人はいないだろうか?当ブログの「お問い合わせ」から教えていただければありがたい。

jupyter notebookでのファイルの選択

ファイルの選択

jupyter notebookにはこの方式だとテキストだけしか渡らない

テキストをコピー

notebook側にペースト

notebook側で実行

Atom側で実施、うまく行かなかった

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

乱数発生-pythonの場合-Atomで実施

乱数発生-Pythonの場合-Atomで実施

同じテーマをIpython(.ipynb)の場合と
それをIpythonで(.py)でSAVEしてATOM環境下に持ってきてデバッグした場合を2回に分けて掲載する。その2回めである。
前回は端末より「jupyter notebook」と叩いて実行した例である。
プログラムは「.py」でSAVEしただけでCodeには一切手を入れていない。
Ipythonが自動で全部変換している。
プログラム・ファイルをただIpython下のライブラリからAtom管理下のリポジトリに移しただけである。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!