Atom Hydrogen-format

Atom Hydrogen-formatその2

①ポジショナルパラメータ
②キーワードパラメータ
③引数として渡したディクショナリのキーを指定
④その結果
⑤sysモジュールのversionアトリビュートを使ってPythonのバージョンを表示する
⑥一つ目の要素を左詰めで、二つ目の要素を右詰めで

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

Atomでelif,elseがSyntax errorになる件

Atomでelif,elseがSyntax errorになる件。

Atomでelif,elseがSyntax errorになる件

西暦から元号(和暦)への変換プログラムの再掲載。

・AtomとPyCharm環境下でelse,elifを実行すると違った結果になる。
・AtomのHydrogen(Shift+Enter)を実行することは裏でJupyterが走っていることに他ならない。
・PyCharmでelifが正常に処理されることからProgramに誤りはない。
・Atom下でAlt+Rで実行するとErrorも起きないが処理結果もCode化けで正しく表示されない。
・AtomでAlt+Rで実行するには漢字などの2バイトコードを使うProgramは実行できない。
・これらのことからAtom下では限定的なプログラムにとどめて大部分はPyCharmで開発することになる。

① 西暦を入力させる
② 入力した年を表示する
③ 明治元年か?
④ 明治時代の何年か?
⑤ elifがSyntaxErrorとなる

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Python文字列メソッド④

Python文字列メソッドljust,center,rjust。

Python文字列操作④

Python文字列メソッドljust,center,rjust
①横幅40文字分に文字列を左詰めで配置する
②横幅40文字分に文字列を中央揃えで配置する
③横幅40文字分に文字列を右詰めで配置する
④スペースの代わりに「.」で埋める

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Python文字列メソッド③

Python文字列メソッドsplit,join,strip,lstrip,rstrip。

Python文字列メソッド③

Python文字列メソッドsplit,join,strip,lstrip,rstrip
①文章をスペースで分割する
②itemsに分割したwordを入れる
③1から始めた4番目のwordは?「Is」
④分割したワードを結合する
⑤先頭の「I love you」を削除する
⑥左から先頭の「I」を削除する
⑦右から末尾の「True?」を削除する

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Numpyを使ってXOR条件を印書する

アイキャッチ画像はPythonのNumPyを使ってブーリアン代数XORを印書したところです。

Numpyを使ってXOR条件を印書する

アイキャッチ画像はPythonのNumPyを使ってブーリアン代数XOR(排他的論理和)を印書したところです。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Numpyを使ってNAND条件を印書する

アイキャッチ画像はPythonのNumPyを使ってブーリアン代数NANDを印書したところです。

Numpyを使ってNAND条件を印書する

アイキャッチ画像はPythonのNumPyを使ってブーリアン代数NANDを印書したところです。
AND条件は2018/11/25付の記事を参照願います。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Python文字列メソッド①

「Goods 1000 2019/07/03」のように要素をスペースで区切った文字列データがある。1から数えて2番目の位置には、金額(商品原価)が記載されている。2番目の金額に、税(10%)を掛けた値を、文字列にして書き出す。これを変数sに代入しprintする。

「Python文字列メソッド」

「Goods 1000 2019/07/03」のように要素をスペースで区切った文字列データがある
1から数えて2番目の位置には、金額(商品原価)が記載されている
2番目の金額に、税(10%)を掛けた値を、文字列にして書き出す
これを変数sに代入しprintする
この次の記事でAtom Hydrogenで実行したものをアイキャッチ画像で提示する
①関数add_taxを定義する
②文字列をスペースで分割する
③1から始めて2番目の項目を整数にして1.1倍にする(税10%)
④それを2番目に戻す
⑤それを戻り値として文字列を結合して返す
⑥関数を呼び出す、戻り値を文字列変数sに代入する
⑦それをprintする
⑧結果がコンソールに表示される

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

PyCharmでの描画

PyCharmに慣れてくるとこれもなかなか良いもんだと感じるようになった。sinカーブの描画やフェルメールの描画がすぐにできてしまう。

PyCharmでの描画

PyCharmに慣れてくるとこれもなかなか良いもんだと感じるようになった。
sinカーブの描画やフェルメールの描画がすぐにできてしまう。
Atomではパスを一番下まで通さねばならなかったが、PyCharmでは「Python」プロジェクトまででよい。
それにモジュールは両IDE共通なのでこれからは「Hydrogen」でのデバッグが必要でない限りPycharmで行くことにした。

sinカーブ

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!