Djangoを使ってみた

Djangoの各モジュールでWEB処理したところ

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>templates test</title>
</head>
<body>
{% block body %}
{% endblock %}
</body>
</html>
親のテンプレート
親のテンプレート
{% extends "base.html" %}

{% block body %}

<p>This is {{app}} test.</p>
<h2>I am {{ccc}} for test.</h2>
<h3>His name is {{ddd}} from DataBase.</h3>
<p>
{% for i in num %}
{{ i }}<br>
{% endfor %}
</p>

{% if is_weekday %}
<p>Today is weekday.</p>
{% else %}
<p>Today is holiday.</p>
{% endif %}
{% endblock %}
子のテンプレート
子のテンプレート
# from django.shortcuts import render

# Create your views here.
from django.shortcuts import render
# from django.http.response import HttpResponse
from myapp.models import Person


def index_template(request):
    p = Person(last_name="Python", first_name="Taro")
    myapp_data = {
        'ddd': p.last_name,
        'app': 'Django',
        'ccc': 'studied',
        'num': range(10),
        'is_weekday': False,
    }
    return render(request, 'index.html', myapp_data)
myapp/views.py
myapp/views.py
from django.urls import path
from . import views

urlpatterns = [
    path('templates/', views.index_template, name='index_template'),
]
myapp/urls.py
myapp/urls.py
# from django.db import models

# Create your models here.
from django.db import models


class Person(models.Model):
    last_name = models.CharField(max_length=20)
    first_name = models.CharField(max_length=20)
    created = models.DateTimeField(auto_now_add=True)
    saved = models.DateTimeField(auto_now=True)
myapp/models.py
myapp/models.py

文字が小さく見ずらい時はWindows拡大鏡をお使いください。Windows・キー + 「+」(プラス・キー)(Windows・キーはキーボード左下、左から3~4番目のキー。抜けるにはWindows・キー + 「ESCキー」を押します)
Enlighterのコードは窓の右上アイコンの「<>」を押すと明るい表示になります。

base.htmlは親のtemplate fileであり、index.htmlは継承を行う子のtemplateである。views.pyはパラメータを渡したり、配列を渡したり、状況に応じて表示内容を変えるブーリアン定数を渡したりしている。
Database関連の受け渡しは嘘っぽい。勉強をして出直してきます。
(Samurai Blogを参照させていただきました。)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

回復しました

復活!

10日間、動かなかったブログがやっと動き出しました。ご迷惑をかけてすみませんでした。明日以降記事をアップしていこうと思います。問題はパスワードでした。開発で使用したものと、本番の「wp-config.php」でしたパスワードが違っていました。WordPressでの取り扱いが異なってしまったということでしょう。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

Atom-WSL-PyCharm相関図その2

190625

Atom-WSL-PyCharm相関図その2

2019/06/25
Atom
① 印刷できない。
② Flaskがない。
③ データベースがない。
④ Moduleの管理が難しい。
⑤ Pythonの各属性を色表示できる。
⑥ JupyterのModuleを引き込むことができる。
⑦ Hydrogenでstep by stepのデバッグができる。(◎)
⑧ Windows特にExplorerが生で使える。
⑨ Demo Programが多数存在する。(◎)
⑩ 「elif」「else」がエラーになるバグがある。
⑪ Pycharmとモジュールの共存できる。

WSL(Windows Subsystem for Linux)
① 印刷できない。
② データベースがない。
③ Jupyterのmoduleを引き込むことができない。
④ Step by stepのデバッグができない。
⑤ Windowsとのやり取りがUSB経由である。
⑥ Pythonの各属性を色表示できる。(◎)
⑦ Flask環境下でデバッグできる。(◎)
⑧ Linuxのコマンドがじかに実行できる。(◎)
⑨ Moduleの管理が比較的しやすい。

PyCharm
① Step by stepのデバッグができない。
② 有料でないとSQLite3(DB)が使えない。
③ 慣れていない。
④ Linuxのコマンドが使えない。
⑤ Jupyter-notebookとの連携がとりにくい。
⑥ 有料でデータベースが使える。(◎)
⑦ 印刷ができる。(◎)
⑧ Atom下のモジュールと共存できる。(◎)
⑨ インタラクティブシェルで実行できる。「Python console」(◎)
⑩ Atomより貧弱であるが属性の色表示がされる。
⑪ パッケージの追加が簡単。
⑫Djangoが使える。

1. sinカーブなど: Atom Hydrogen(Shift + Enter)・PyCharm(Run) 可
2. Image: Atom Hydrogen・PyCharm 可
3. turtle: Atom(Alt + R)・PyCharm 可
4. pandas,numpy: Atom Hydrogen 可
5. flask demoxx: WSL(Ubuntu)・PyCharm 可
6. 日本語表示: Atom Hydrogen・PyCharm 可
7.debugging機能:PyCharm容易・Atom Hydrogen 可

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Atom-WSL-PyCharm相関図

Atom-WSL-PyCharm相関図を簡単にまとめましたので中間報告的に記述します。(長短含めて)

Atom-WSL-PyCharm相関図

2019/01/06
Atom
① 印刷できない。
② Flaskがない。
③ データベースがない。
④ Moduleの管理が難しい。
⑤ Pythonの各属性を色表示できる。
⑥ JupyterのModuleを引き込むことができる。
⑦ Hydrogenでstep by stepのデバッグができる。(◎)
⑧ Windows特にExplorerが生で使える。
⑨ Demo Programが多数存在する。(◎)

WSL(Windows Subsystem for Linux)
① 印刷できない。
② データベースがない。
③ Jupyterのmoduleを引き込むことができない。
④ Step by stepのデバッグができない。
⑤ Windowsとのやり取りがUSB経由である。
⑥ Pythonの各属性を色表示できる。(◎)
⑦ Flask環境下でデバッグできる。(◎)
⑧ Linuxのコマンドがじかに実行できる。(◎)
⑨ Moduleの管理が比較的しやすい。

PyCharm
① Step by stepのデバッグができない。
② 有料でないとSQLite3(DB)が使えない。
③ 慣れていない。
④ Linuxのコマンドが使えない。
⑤ Jupyterとの連携がとりにくい。
⑥ 有料でデータベースが使える。(◎)
⑦ 印刷ができる。(◎)

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

demo30.pyの新構成

LAMP(Linux,apache,MySQL,PHP)のインストールを試みたが失敗。

昨日今日とSQLを両PCでインストールしてみた。

flaskをインストールしていたPCにはmssqlをインストールしていたが失敗。

これにLAMP(Linux,apache,MySQL,PHP)のインストールを試みたが失敗。

mssqlをremoveしたがこれも失敗、このPCでのインストールを断念した。

家内のPCを借りてMySQLをインストールしたがこれもまたpasswordを入力するところで失敗。これもまた断念することになった。

まる2日間費やしたが私にはSQLは不要の様だ。

そこでdemo29.pyに追加してdemo30.pyを構成してみたのがアイキャッチ画像のものだ。

demo30.pyのlogin処理が成功したのち/(スラッシュ)の入力で呼び出される

/program1で呼び出される

/program2で呼び出される

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Accessを使用してみた

昨日関連本が自宅まで届いて今日は3章のクエリまでon machineで学習した。身近な住所録管理に応用してみようと思う。それから将来のSQLの足掛かりにするつもりだ。

Accessをやってみた

中古PCについてきたOffice365の中にあるAccessを使ってみた。
直感的にはまだまだ操作できないが会社時代使っていた、
T/MAKERというデータベースとデータベース以外のスプレッドシート
ワードプロセッサーにもなったソフトウェアと本質的には変わらないので
意外と素直に入れたと思う。
データベースが基本的に持っているテーブルの作成、クエリ、リレーションシップ、レポート、フォームは基本的にはT/MAKERと一緒である。
昨日関連本が自宅まで届いて今日は3章のクエリまでon machineで学習した。
身近な住所録管理に応用してみようと思う。それから将来のSQLの足掛かりにするつもりだ。

Accessパッケージ

(写真はネットより借用)

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!