セッションの管理

SQLが手に入らないのでセッションの管理コードだけでも埋め込もうと、丸2日間かかって仕上げた。

セッションの管理

SQLが手に入らないのでセッションの管理コードだけでも埋め込もうと、丸2日間かかって仕上げた。
一番苦労したのは「Method Not Allowed」になってしまうことだった。
トラッパーやトレーサじみたコードを入れてアイソレートしていった。
テストした項目は
①login成功・失敗
②logout
③ルートへのジャンプ
④login後の他HTMLへのジャンプ。
⑤demo28.pyからのパラメータの引継ぎ
⑥login中の各振る舞い
⑦logout中のふるまい
など多岐にわたってテストした。

/login

login成功で’/’入力

データの引き渡し

logoutの状態で「/」を入力

demo28.py関連プログラム

#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-
#demo28.py sessin managed
from flask import Flask, redirect, request, render_template, url_for, session

app = Flask(__name__)

@app.route(‘/login’, methods=[‘GET’, ‘POST’])
def login():
・・if request.method == ‘POST’:
・・・・session[‘username’] = request.form[‘username’]
・・・・return redirect(url_for(‘index’))
・・return render_template(‘check28.html’)

@app.route(‘/reset’, methods=[‘GET’, ‘POST’])
def reset():
・・session[‘username’] = ‘zako’
・・return render_template(‘check28.html’)

@app.route(‘/’)
def func():
・・if ‘username’ in session:
・・・・html = render_template(‘demo03.html’,name = str(session[‘username’]))
・・・・return html
・・return ‘You are not logged in’

@app.route(‘/check’, methods=[‘GET’, ‘POST’])
def check():
・・if request.method == ‘POST’:
・・・・session[‘username’] = request.form[‘username’]
・・・・return redirect(url_for(‘func’))
・・return render_template(‘check28.html’)

@app.route(‘/’,methods=[‘POST’])
def index():

・・success = False
・・name = request.form[“username”]
・・passwd = request.form[“pass”]
・・my_message = “「セッション処理のプログラムはどうでしたか?」”

・・user_data = [{“id”:”zako”, “pass”:”week_pass”},{“id”:”ikarochan”, “pass”:”kawaii”},{“id”:”yoshiko”, “pass”:”ok”},{“\
\
id”:”miku”, “pass”:”hatsune”}]

・・for i in range(0, 4):
・・・・if user_data[i][“id”] == name:
・・・・・・if user_data[i][“pass”] == passwd:
・・・・・・・・success = True
・・・・・・・・session[‘username’] = name
・・・・・・・・return render_template(‘index28.html’,suc=success,name=name,pas=passwd,msg=my_message)
・・・・・・else:
・・・・・・・・continue
・・・・else:
・・・・・・continue
・・success = False
・・return render_template(‘index28.html’,suc=success,name=name,pas=passwd,msg=my_message)

@app.route(‘/logout’)
def logout():
・・session.pop(‘username’, None)
・・return redirect(url_for(‘func’))

app.secret_key = ‘A0Zr98j/3yX R~XHH!jmN]LWX/,?RT’

if __name__ == ‘__main__’:
・・app.run(debug=True)
****************************************
<!DOCTYPE html> <!– check28.html –>
<html lang=”ja”>
<head>
・・<meta charset=”UTF-8″>
・・<title>Loginフォーム</title>
<!– <link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”{{url_for(‘static’, filename=’style.css’)}}” /> –>
・・<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”static/css/style.css” />
</head>
<body>

・・<form action=”/” method=”post”>
・・・・<h1>Login</h1>
・・・・<input type=”text” name=”username” placeholder=”Username” required/>
・・・・<input type=”password” name=”pass” placeholder=”Password” required/>
・・・・<input type=submit value=Login>
・・</form>

</body>
</html>
****************************************
<!DOCTYPE html> <!– index28.html –>
<html lang=”ja”>
・・<head>
・・・・<meta charset=”UTF-8″>
・・・・<title>Login</title>
<!– <link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”style.css” /> –>
・・・・<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”static/css/style-07.css” />
・・・・<!–&#91;if lt IE 9&#93;>
・・・・<script src=”http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js”></script>
・・・・<!&#91;endif&#93;–>
・・</head>
・・<body>
・・・<h1>Login終了</h1>
・・・{% if suc %}
・・・<h1>Login OK</h1>
・・・<h1>Username is {{ name }}</h1>
・・・{% else %}
・・・Invalid Username or Password. Debug {{ name }},{{ pas }}
・・・{% endif %}
・・・</br>
・・・demo28.pyからのメッセージは:</br>
・・・{{ msg }}です。

・・</body>
</html>
****************************************
<!DOCTYPE html>
<html lang=”ja”>
<head>
・・<meta charset=”UTF-8″>
・・<link rel=”stylesheet” href=”/static/css/style-03.css”>
・・<title>Deep Learning second TEST</title>
</head>
<body>
・・<title>Hello from Flask</title>
・・{% if name %}
・・・<h2>{{ name }}さん!テンプレートからのHello Worldだよ!</h2>
・・{% else %}
・・・<h2>テンプレートからのHello Worldだよ!</h2>
・・{% endif %}

・・<p>
・・・<img src=”/static/images/plant_3.jpg” alt=”pic03″>
・・</p>

・・<script src=”/static/js/main.js”></script>
</body>
</html>
****************************************
(function(){
・・’use strict’;

・・alert(‘アラートですよ〜。’);

})();
****************************************

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

5ヶ年計画Revise up(ver3.0)

Qiitaに谷CEOの記事が載ったのでそれを参考にAIエンジニアになるための道程表をリバイズアップした。有用な記事、感謝いたします。

5ヶ年計画Revise up(ver3.0)

Qiitaに谷CEOの記事が載ったのでAIエンジニアになるための道程表(5ヶ年計画)をリバイズアップした。
有用な記事感謝いたします。

layout: “post”
title: “5ヶ年計画ver3.0”
date: “2018-12-18 13:38”

AIエンジニアに最低限必要な知識
まずは、AIエンジニアに最低限必要な知識を大きく6つに分けて見ました。
ここでは、将来AIエンジニアとして業務を行うにあたり、大きく分けて6つの内容の基礎知識の全体像を把握してください。

①プログラミングスキル
– Python
– numpy、pandas、matplotlib、scikit-learn、TensorFlowやkeras

この中で特にpandasを使いこなせると良いです。
機械学習を行う上で、データ前処理が必須なのですが、データ前処理を行う上で便利なライブラリです。

②数学
– 微分、線形代数、ベクトル、行列、確率など

③統計の知識
– 標準偏差、分散、確率分布、推定、検定などなど

④機械学習の基礎知識

教師あり学習と教師なし学習
前処理、特徴量設計、学習と評価
単回帰、重回帰分析、最小二乗法、パーセプトロン、ロジスティック回帰
決定木、ランダムフォレスト、サポートベクトルマシン、K-means
ディープラーニングの実装スキル及び知識
scikit-learn
TensorFlowやKerasなどのフレームワークの知識。
scikit-learnで学習済みモデルを作るまでの流れなど。
1.データの収集とデータの前処理欠損値の補完や外れ値の削除。
2.特徴量の設計(特徴量の選択)
3.モデル開発(モデルの選択と学習)
4.モデル評価・・・交差検定、混合行列で評価など。
⑤SQLを使ってデータベースを操作する知識。
– select、insert、update、delete、where、like、limit、sum、avg、max、group by、having、order by、テーブル結合、ビュー、サブクエリ、caseなどなど。

⓺クラウドの知識
– AWSやGCPやAzureなどのクラウドインフラ回りの知識。

大きく6つもあり以外と多いなと思われたかもしれませんが、一度に全てやるのではなく、まずは①と④の2つに絞ることをお勧めします。
理由は、実際にプログラムを書き、目に見える形にすることで継続して学びやすくなるからです。
はじめに理論から入ると独学だと挫折してしまうので。

人工知能を独学で勉強するオススメの方法
必要な知識は前の節で紹介しましたが、どのようにそれらを学べば良いのでしょうか。
①から⑥を学ぶ上で、以下のような順で知識を身につけていくことをお勧めしています。

フェーズ1 pythonによる機械学習プログラミングと人工知能概論を学ぶ。
フェーズ2 機械学習プログラミング。
フェーズ3 Kaggleに挑戦。
フェーズ4 SQL、スクレイピング、クラウドなどの技術も身につける。
フェーズ5 機械学習スキルを活用してプロダクト制作をする。
フェーズ6 教える(多分これはしないと思う)。

このフェーズごとに学んでいくことがもっとも自分自身に負荷をかけず、楽しく学ぶことができると考えています。

フェーズ1ではプログラミング初学者の方を指しております。
もし、プログラミングを初めてという方は是非フェーズ1から目を通してください。

フェーズ2では実際にフェーズ1で学んだ内容をベースに、機械学習プログラミングに関する勉強方法を説明して参ります。
既にscikit-learnを使った機械学習プログラミングを行なっている方は飛ばして頂いても構いません。

フェーズ3ではKaggleといったコンペティションを通じて実践的なプログラミングを学ぶ方法を記述しています。(これもしないと思います)

フェーズ4 機械学習をやる上で、データベースからデータを取り出すことは頻繁に行われますので、SQLの知識は必須です。ここでは、SQLの他にスクレイピング(データ収集用)、クラウドなどの技術の身につけ方を紹介します。(まずはAccessから)

フェーズ5 機械学習スキルを活用してプロダクト制作に取り掛かりましょう。このレベルまで到達した方は、プロダクトを通じて学ぶことが多いです。

フェーズ6 人に教えることで自分の分かっていなかったことが明確になることがあります。なので、友人などに機械学習を教えて自分の理解を深めることもよいでしょう。

以降、6つのフェーズごとに、どのようにこれらに取り組めば良いのか、お勧めの書籍などを紹介しながら説明していきます。

# 開発環境構築

1. PCにIpython、Python、Atom設定
・AtomではPython単体でデバッグ
・WSLとemacsでWebの練習問題をコピペで開発
・WEBのTopページをデザインおよび開発
・Topページ(index.html)の下でdemo.py demo.html demo.css demo.jsを開発
・各demoxx.pyデザイン、demoxx.htmlデザイン、代表.cssデザイン
・モジュール名を標準化
・モジュール一覧表を作成

2. Git、GitHub設定ー協力者選定
・GitHubを勉強(バインダーのもの)

3. ドキュメント計画策定
・モジュール一覧表を作成
・Pythonプログラム・ジャーナル整理
・HTMLジャーナル整理
・JSプログラム・ジャーナル整理

4. 開発計画

1. Python習得計画
2. 実機練習
3. Pythonプログラミング(コマンドプロンプトとWSL上で)
4. デバッグ
5. モデル構築
6. Ipytonデバッグ(WSL上でJupyternotebook)それをAtom環境下で開発(numpy,pandasの習得)

PCにIpython、Pyton、Atom設定

– Toshiba dynabook Satellite B554/K 使用
– ドキュメンテーション
– 開発環境下でテスト
– 逐一ブログアップ

# Git、GitHub設定ー協力者選定

– GiTHub学習
– 協力者要請

# ドキュメント計画策定

– 5ヶ年計画
– 1年間のスケジュール
– 3年間のスケジュール
– 最終計画

# 読書計画

– Qiita掲載中のドキュメント精読(仕掛中)
– オブジェクト指向で何故作るのか(購入済み)
– 新しいLinuxの教科書(購入済みー実機で参照したのち熟読)
– みんなのPython(購入済みー仕掛中、早めに)
– 日経Linux(購入)
– ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装(購入済みー熟読)
– Access学習(住所録作成・MySQL Queryを中心に学習)
– Qiitaでコピペしたドキュメント勉強(仕掛中)
– (プログラミング(Python)、統計的機械学習、深層学習(Deep Learning)、機械学習のための数学、確率・統計)
– やさしく学ぶ 機械学習を理解するための数学のきほん
– Ipython Interactive Computing and Visualization Cookbook(購入済みー最後に)
– その他

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

WEBフレームワークとは?

フレームワークとは?

フレームワークとは?今更聞けないWebフレームワークを始めから丁寧に
上記記事を全面的にコピーさせていただきました。

Webフレームワークとは?

Web制作などのプログラミングでは、フレームワークを使うことが頻繁にあります。フレームワークの基礎知識や特徴についてみて述べます。

さまざまなシステム開発を効率化してくれる機能群、と表現できます。機能群だけではなく、ソフトウェアの骨組みまでを用意してくれているため、少ないコードで意図する機能やデザインが実現できます。それぞれのフレームワーク特有の書き方を学ぶ必要はあるのですが、プログラミングのビギナーにとって、とてもありがたいものです。
WebサイトやWebアプリケーションなどのフロントエンドを実装するためのWebアプリケーションフレームワークや、プログラムのテストに特化したテスティングフレームワークなど。以降では、特に断りのない限りWebアプリケーションフレームワークについて述べます。

フレームワークのメリットとデメリット

フレームワークは便利だからといって、盲目的に使うことはあまりオススメしません。それは、フレームワークには良いところだけでなく欠点もあるからです。フレームワークの魅力を最大限享受するため、フレームワークのメリットとデメリットについて述べます。

メリット

フレームワークの最大のメリットは、何と言っても生産性が向上できることでしょう。フルスタックなフレームワークの場合、すでに必要な機能群が準備されていることになります。フレームワークの書き方がわかっていれば、従来よりも圧倒的に速くプログラムがつくれます。
速いだけではなく、運用管理の工数・コストを減らすことにも効果があります。プログラミングの仕方は千差万別。同じ機能であったとしても、つくる人によってコードは変わってくるもの。これが原因でプログラムの運用管理が大変になることもよくあります。しかしフレームワークを使えばコードの書き方が統一されるため、個々人による違いを大幅に減らせるのです。機能追加や改修もし易くなり、バグが発生するリスクを減らすことにもつながります。

デメリット

まずあげられるのは、学習コストです。フレームワークはとても便利なのですが、フレームワーク特有のコードが書けなければいけません。つまり、プログラミング言語の書き方だけでなく、フレームワーク特有の書き方についても勉強が必要です。
また、フレームワークではコーディングの量を減らすことができると言いました。これはメリットでもあるのですが、裏を返せばデメリットとも言えます。仕組みがわかっていなくても、その機能を使うことができてしまうからです。プログラミングの技術を上げたいのなら、フレームワークを使わない場合の書き方についても学んでおくこと。

フレームワークの具体例3つ

Ruby on Rails

Web関連のプログラミング言語の中ではめっぽう人気のRuby。Ruby on Railsは、Rubyのためのオープンソースのフレームワークです。「設定より規約」や「同じことを繰り返さない」などの設計思想は、他の言語やフレームワークへも影響しているほど世界的に評価されています。
Ruby on Railsを使っている企業としては、クックパッドやWantedly、価格.comなどが有名です。

React

Reactは、Facebookが開発したJavaScriptのフレームワークです。JavaScriptではGoogle製のAngularJSも有名なのですが、最近ではReactの名前を聞くことも多くなってきました。Reactの設計はFluxを用いていて、Webアプリケーションではフロント側の機能を担当します。Facebookで使われていることからもわかるように、規模の大きなアプリケーションに向いているフレームワークと言えます。
Reactは開発元のFacebookやInstagram、Airbnbなどで利用されています。

Bootstrap

Twitter社が公開しているCSSフレームワークです。CSSと聞いてわかるとおり、WebサイトやWebアプリケーションのレイアウトをするための機能が豊富に揃っています。代表的なものとしては、グリッドシステムがあります。Bootstrapでは画面を12分割しています。このグリッドレイアウトを使うことで、CSSのプログラミングに慣れていなくても、自由にページ要素を配置することができるのです。リキッドレイアウトにすることも可能で、スマホ対応などのレスポンシブデザインも簡単に実現できます。
Bootstrapの活用事例としては、ドットインストールやQiita、SlideShareが知られています。

フレームワークとは?今更聞けないWebフレームワークを始めから丁寧に
以上を参照させていただきました。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

AI(機械学習)スキルセット

このうち既習のもの及び仕掛中のものはLinux,MySQL,HTML,CSS,JavaScript,Apache,Pythonである。ほかのものは5ヶ年計画には含まれていない。

AI(機械学習)スキルセット

機械学習によるシステム開発のスキルセットは次のようになると書いてあった。

スキルセットとしては、以下のようなものがあります。
• サーバーでの環境構築(LinuxやDocker等)
• データベース(MySQL)
• Webアプリケーション(Ruby on Rails, HTML, CSS, JavaScriptなど)
• Web API(Python)
• Cron(定期実行)
• Webサーバー(NginxやApache)
このうち既習のもの及び仕掛中のものは
Linux,MySQL,HTML,CSS,JavaScript,Apache,Pythonである。
ほかのものは5ヶ年計画には含まれていない。
スキルセットは以下のURLの記事を参照した。
機械学習案件を納品するのは、そんなに簡単な話じゃないから気をつけて
https://qiita.com/yoshizaki_kkgk/items/fa8b45918445bb3e6dc3

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!