PCとiPhoneの共同作業

iPhoneのみでブログを作成する場合、パスワードの入力に手間どってしまい、完結しない場合が多いです。

このブログ原稿はGmail上で音声認識により入力しています。iPhoneのみでブログを作成する場合、パスワードの入力に手間どってしまい、完結しない場合が多いです。そういうことなので写真はiPhoneで行い、また文章入力もiPhoneで行うことによって、PC側の作業の省力化を図ることにしました。iPhoneのみで完結するのは困難なのでこの方法しかありません。それにワードプレスの編集画面の右ペインで各項目をヒィルイットアップするのは難しいので仕方のないことです。この辺で音声入力は終わります。

iPhoneで撮った写真
iPhoneで撮った写真

連絡先に複数の電話番号がある人に「Hey Siri」を使ってかける場合、Hey Siri XXXXに電話をかけてというと、少し間をおいて、どの電話にしますか?と聞いてきて、それをタップするとその電話を呼び出してくれる。Siriはなかなか賢いのである。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

寝床から失礼!

寝床から失礼いたします。

Hey Siri

Hey Siri で電話もかけてみました。ちゃんとかかりました。

下の画像は後からPCにて編集後挿入しました。

やっと35,000にカウントがなりました。1日4,500という日もあったんですが。
やっと35,000にカウントがなりました。1日4,500という日もあったんですが。
↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

全てiPhoneで処理いたしました。

iPhoneだけでブログを完結できる

結論から言うとiPhoneだけでブログアップはできる!

iPhoneだけでブログを完結できるように考える。
結果的に失敗したがiPhoneの中だけでブログの記事を完結できる。
①ログイン→ユーザ名パスワード入力
②投稿→新規追加
③タイトルを追加
④文章を入力(音声認識入力「メモ」からコピペ)
⑤写真を追加(iPhoneで撮った写真)
⑥人気バナーを選択(検索も利用可)
⑦カテゴリーをチェック
⑧新規タグを追加
⑨アイキャッチ画像を設定
⑩抜粋を入力
⑪公開をタップ(確認タップ)
⑫ログオフ(パスワード入力が面倒くさいので慎重に!)
⑬お気に入りから「野性の証明」をクリック
⑭今設定したブログの内容をチェック
⑭再びログインして投稿一覧表から入って修正
これでiPhoneだけで記事のアップとチェックが終了。
ここで問題となるのがログイン(ユーザー名とパスワードが記憶「保持」できない)
「更新」ボタンをタップしても効かない(トラブル)
しかし「更新」まではできた
結論から言うとiPhoneだけでブログアップはできる!

iPhone内のidea Machineの現在の状況
iPhone内のidea Machineの現在の状況
↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

iPhone内でGmailの送受信を行う

iPhone内でGmailの送受信を行う
① iPhoneの待ち受け画面でGmailのアイコンをタップ。
②画面の+マークをタップでメールの新規作成。
③宛先にsとhを入力自分自身とスマホのメールにメールを送信。
④件名と本文を音声入力する。
⑤添付または添付する写真の画像を撮り。
⑥画面上のほうのヤジリマークをタップメール本体が送信される。
⑦Gmailとスマホにメールが送られる。
⑧iPhone内の写真やスナップショットは従来通りメモデーターの中で行う。
上記操作によりスマホ上でGmail操作が完結する。
※ → iPhoneに登録されている写真や文章は添付できません。添付できるのはPC上のデータのみです。

今までGmailのハンドリングはPCのみで行ってきた。それがiPhoneでもできるようになり、ブログが簡単にアップできるようになった。凄い進歩である。ただし添付資料はiPhone内でやっているにもかかわらず、PC側の資料だけしかかなわない。iPhone内のものは今まで通りの操作が必要となる。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

iPhoneで作った原稿をPCのGmailに転送する

iPhoneで作った原稿をPCのGmailに転送するそしてブログにアップする

iPhoneで作った原稿をPCのGmailに転送するそしてブログにアップする
① iPhoneで記事を作る。
② iPhoneの記事を開く。
③記事の右上のアクションアイコンをタップする。
④下に現れたメールアイコンをタップする。
⑤メールの宛先にエスを入力する。
Gmailの正しいアドレスをタップする。
⑥右上の送信矢印をタップする。
⑦PCのGmailのメールを開ける。
⑧メールの記事をコピーする。
09ブログの記事にペーストする。
⑩記事を編集する。
⑪記事をアップする。
以上

GmailをPC上で作成しPC上の写真を添付してGmail宛にまたスマホ宛に送信しました
①sとhに送信
② iPhoneでGmailアイコンをタップ
③添付写真をタップ
④画面中央に写真が映る
⑤上の保存アイコンをタップ保存が表示
⑥iPhoneの写真アイコンをタップ
⑥1番新しいところに表示
⑦Gmailを開くiPhoneのゴミ箱をタップiPhoneとPC上からそのメールが消えた
メモの文章の中からの送信
①右上のアクションをタップ
②下のメールをタップ
③宛先にsを入力
④本文を入力
⑤本文の中にカーソルを入れる
⑥キーボードの上に写真のマークがありそれをタップ
→写真機をタップ→フォトライブラリーをタップ→すべての写真をタップ→写真の上でタップ→マークがつく→完了をタップ→写真が挿入される→アクションから始める。 ①から再度実行

⑦すべての写真をタップ
⑧求める写真の上で強くタップ
⑨大きく映し出された写真の上で選択をタップ
⑩本文に今タップした写真があることを確認
⑪送信をタップ

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

音声認識編集記号(Siri)

音声認識編集記号(Siri)をまとめた。
参考にしてください。
固有名詞以外はほとんどこの情報で事足ります。
惜しむらくはユーザー辞書などが音声認識(Siri)に非対応なことです。

音声認識編集記号
空白 → タブキー
改行 → かいぎょう
→ → やじるし
。 → まる
、 → てん
① → まるいち
○ → しろまる
● → くろまる
? → クエスチョンマーク
! → びっくりマーク
※ → こめじるし
@ → アットマーク
: → コロン
; → セミコロン
* → アステリスク
※ 固有名詞にユーザ辞書は使えない
学習機能なし

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

iPhoneで作成したブログ記事

iPhone関連のインデックス

iPhoneで作成したブログ記事
① iPhoneで作成したブログ記事は途中でテキストを削除したり訂正したりする時、カーソルで間違えてしまった時など、iPhoneを振って取り消しすれば良い。
②原稿をGmailに送って、その後ブログにアップする。その際コピペを行う。
③実際に訂正記事を途中で間違えて見る。

iPhoneアイデアマシーン
iPhoneアイデアマシーン
iPhoneのインデックス
iPhoneのインデックス
↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

八方ふさがり

全部協力しているのに、ブラウザーにSafariはだめ、Yahooにしろ、Air Printerは使わせない、Actionのポップアップは阻止する、アイキャッチ画像のような迂回方法もだめ、じゃいったいスマホで何をしろというんだ!俺はもうやめた。まだスマホデビューしてから1週間しかたっていないんだぞ。どうにかしてくれ!

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

初めてのiPhoneからの投稿

iPhoneからの初めての投稿、パスワードの入力がめっちゃ難しかった!

初めてのiPhoneからの投稿です。シンプルにこれだけの文章で終わります。

ここからは以下の手順でこの項を編集したものです。

①原稿はiPhoneの方で書き下ろし
② iPhone側では音声入力し
③原稿はプレーンで
④その他の写真やデータはPCの方で用意する
⑤その他の体裁もPCの方で修正する
⑥場合によっては写真はiPhoneの方で用意する
以上の要領で行う。

以上はiPhoneの音声認識入力によるものです。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

USB取り忘れメッセージ2

USBがさしっぱなしです( ゚Д゚)
お茶をこぼしても知らないぞ( ´∀`)
席にもういないダーッΣΣ(゚Д゚;)

これはかつて掲載した記事の再掲です。上のメッセージをUSBが残っているとき「お知らせ」として表示します。

#USBログオフ時メッセージプロンプト処理
#メッセージ文
$messagePath="C:\tabc\message.txt"
#ログ出力パス
$usbLOG="C:\tabc\ccc\usblogx.txt"
 
#--------------------------------------
#メッセージボックス
#--------------------------------------
function MessageBox([string]$p_value = "")
{
    [Void][Windows.Forms.MessageBox]::Show($p_value,"お知らせ","OK", "Warning")
}
 
 
$crUSB = Get-WmiObject -Class win32_usbhub | ? { $_.name -eq "USB 大容量記憶装置" } | ? { $_.status -eq  "OK" }
 
 
if ($crUSB) {
    write-output "$env:computername,$env:username,$(get-date)" >> $usbLOG
 
    #Windowsフォームのロード
    [Void][Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("System.Windows.Forms");
 
    MessageBox $([String]::Join("`r`n", (Get-Content $messagePath)))
    
}
USB取り忘れ防止Log
USB取り忘れ防止Log

文字が小さく見ずらい時はWindows拡大鏡をお使いください。Windows・キー + 「+」(プラス・キー)(Windows・キーはキーボード左下、左から3~4番目のキー。抜けるにはWindows・キー + 「ESCキー」を押します)
Enlighterのコードは窓の右上アイコンの「<>」を押すと明るい表示になります。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!