demo32.pyのプログラム

demo32のプログラム

– 他の「demoxx.html」プログラムは省略します。
– 後日機会があったら当ブログに載せます。

#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-
#demo32.py sessin managed & username get
from flask import Flask, redirect, request, render_template, url_for, session

app = Flask(__name__)

@app.route('/login', methods=['GET', 'POST'])
def login():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo07.html')

@app.route('/program', methods=['GET', 'POST'])
def program():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo03.html')

@app.route('/program1', methods=['GET', 'POST'])
def program1():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo04.html')

@app.route('/program2', methods=['GET', 'POST'])
def program2():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo05.html')

@app.route('/param/<parameter>')
def show_user_profile(parameter):
    if 'username' in session:
        html = render_template('demo07.html',name = str(parameter))        
        return html
    return 'You are not logged in. from param processing'

@app.route('/reset', methods=['GET', 'POST'])
def reset():
    session['username'] = 'monkey'
    return render_template('check31.html')

@app.route('/')
def func():
    if 'username' in session:
        html = render_template('demo07.html',name = str(session['username']))        
        return html
    return 'You are not logged in'

@app.route('/check', methods=['GET', 'POST'])
def check():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('func'))
    return render_template('check31.html')

@app.route('/',methods=['POST'])
def index():

    if (request.form['attr'] == 'need'):

        success = False
        name = request.form["username"]
        passwd = request.form["pass"]
        att1 = request.form['attr']
        my_message = "keyword処理は?"
    else:
        con1 = request.arg.get('_ControlID')
        pg1 = int(request.arg.get('_PageID'))
        act1 = request.arg.get('_ActionID')
        flg1 = request.arg.get('getFlg')
        html = render_template('demo07.html', con = con1, pg = str(pg1), act = act1, flg = flg1)        
        return html

    user_data = [{"id":"カリフラワー", "pass":"hanakyabetsu"},{"id":"西行法師", "pass":"masako"},{"id":"monkey", "pass":"kayochan"},{"id":"program1", "pass":"pass1"}]

    for i in range(0, 10):
        if user_data[i]["id"] == name:
            if user_data[i]["pass"] == passwd:
                success = True
                session['username'] = name
                return render_template('demo07.html',suc=success,name=name,pas=passwd,msg=my_message,att=att1)
            else:
                continue
        else:
            continue
    success = False
    return render_template('demo07.html',suc=success,name=name,pas=passwd,msg=my_message,att=att1)

@app.route('/logout')
def logout():
    session.pop('username', None)
    return redirect(url_for('func'))

app.secret_key = 'B0Qp89i/2xY F~XHH!jnVVLWX/,%QR'

if __name__ == '__main__':
    app.run(debug=True)

– 以上セッション処理プログラムでした。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

Coursera machine Learningに参加してみた

Coursera machine Learningに参加してみた

次のような理由でコースを途中でQuitした。
まだ、様々な基本知識の欠落がある。
オブジェクト指向言語を学習中。
5ヶ年計画で目標はAIのリテラシーが分かればよい。
でもコースのカリキュラムが知りたい。
そこでこのコースの章立てを紹介する。

Coursera machine Learning(スタンフォード大学)
講師:Andrew Ng
******************************************************
Introduction
Test
Linear Regression with One Variable
Test
Linear Algebra Review
Test
Linear Regression with Multiple Variables
Test
Octave/Matlab Tutorial
Test
Programming
Logistic Regression
Test
Regularization
Test
Neural Networks:Representation
Test
Programming
Multi-Class Classification and Neural Networks
Test
Programming
Advice for Applying machine Learning
Test
Programming
Regularized Linear Regression and Bias/Variance
Test
Support Vector Machines
test
Programming
Unsupervised Learning
Test
Dimensionality Reduction
Test
Programming K-means Clustering and PCA
Anomaly Detection
Test
Recommender Systems
Test
Programming
Large Scale Machine Learning
Test
Application Example:Photo OCR
Test
**************************************************
Testは80%以上で次に進める。
ProgrammingはOctave。
基本、数学は80%以上で先に進めたがそれ以降は途中でQuitした。(実力不足)

これで5年かけて徐々に計画を進めるとの方針が再び決まった。

話は変わりますが、クラウドを勉強するうえでQiitaで有用な記事を見つけたので将来ブログにアップしたいと思っています。
CNCFとは
CNCFは2015年7月に発表され、約50社が集まり2016年1月に正式発足した。最初の発表から4年後2019年11月のメンバーは約500団体で、大手クラウド事業者、ミドルウェア企業、ハードウェア製造企業、オープンソース・ソフトウェア企業、大学、その他非営利団体などが加入している。

(写真はY.O.氏から借用)

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

WP SyntaxHighlighterを使ったPython Programの例

WP SyntaxHighlighterを使ったPython Programの例

WordPressでSyntaxHighlightができるようになった。
Python ProgramのClassの例である。
これでテキストをコピペできるようになったが、その代わりHydrogenの結果などを表現できなくなった。長短相半ばするといったところか。今後は場合によって両者を使い分けることとする。

class Fish:
    def __init__(self, name, build="ほね", eyelids=False):
        self.name = name
        self.build = build
        self.eyelids = eyelids

    def swim(self):
        print("こちらの魚は泳ぎます")

    def swim_back(self):
        print("こちらの魚は後ろ向きにも泳ぎます")

class Medaka(Fish):
    pass

#mach1
mach = 1225
topspeed = 40000
print(topspeed / mach)

no0 = Fish("魚1号(親クラス)")
print(no0.name)
print('骨格:',no0.build)
print('まぶた:',no0.eyelids)
no0.swim()
no0.swim_back()

no1 = Medaka("魚2号(子クラス)")
print(no1.name)
print('骨格:',no1.build)
print('まぶた:',no1.eyelids)
no1.swim()
no1.swim_back()

# below do not execute
class Kingyo(Fish):
    def __init__(self, name, build="ほね", eyelids=False):
        self.name = '金魚ちゃん' + name + 'だよ'
        self.build = build + ' かな'
        self.eyelids = eyelids

以下がこれまでの当ブログでの表現

Python Classの例(Atom)の場合

(写真はY.O.氏から借用)
↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

WP SyntaxHighlighterが使えたぞ!

WP SyntaxHighlighterが使えたぞ!

WP SyntaxHighlighter

今日の前のブログの記事でUPした「WP SyntaxHighlighter」が使えたぞ。
2019年11月15日 @ 20:37にUPした「元号特定プログラム」記事のWP SyntaxHighlighter適用版です。

Function Ad-Conversion($indate){
  
    $ERA_MEIJI = "明治"
    $ERA_TAISHO = "大正"
    $ERA_SHOWA = "昭和"
    $ERA_HEISEI = "平成"
    $ERA_REIWA = "令和"
  
    $DATE_MEIJI = 18680908 
    $DATE_TAISHO = 19120730
    $DATE_SHOWA = 19261225
    $DATE_HEISEI = 19890108
    $DATE_REIWA = 20190501
  
    if($indate -lt $DATE_MEIJI){
  
        Write-Host("明治以前の日付には対応していません。")
  
    }elseif($indate -lt $DATE_TAISHO){
  
        Write-Host("元号は" + $ERA_MEIJI + "です。")
  
    }elseif($indate -lt $DATE_SHOWA){
  
        Write-Host("元号は" + $ERA_TAISHO + "です。")
     
    }elseif($indate -lt $DATE_HEISEI){
  
        Write-Host("元号は" + $ERA_SHOWA + "です。")
     
    }elseif($indate -lt $DATE_REIWA){
  
        Write-Host("元号は" + $ERA_HEISEI + "です。")
  
    }else{
         
         Write-Host("元号は" + $ERA_REIWA + "です。")
 
         }
}
  
Ad-Conversion 19300101 # ①
Ad-Conversion 18700101 # ②
Ad-Conversion 20190101 # ③
Ad-Conversion 20190502 # ④
Ad-Conversion 20200101 # ⑤
Ad-Conversion 19510817 # ⑥

# 下記は同スクリプトを実行した結果です
# 元号は昭和です。①
# 元号は明治です。②
# 元号は平成です。③
# 元号は令和です。④
# 元号は令和です。⑤
# 元号は昭和です。⑥

上記は元のプログラムと「SYOU」と「SHO」が違っています。
(写真はY.O.氏から借用)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

WP SyntaxHighlighterを見つけた!

写真はビビハニム・モスクです。
191116

WPSyntaxHighlighter

wp-syntaxhighlighter を参照

使ってみる
設定が終わったところで、実際に使ってみましょう。投稿画面のビジュアルエディタタブを選択します。

preボタンは、ドラッグした箇所をハイライト対象にしてくれるもの。
codeボタンは、ソースコードを貼り付けて挿入するもの。
わたしは、ほとんどcodeボタンしか使ってませんが、状況に応じて使いわけるといいでしょう。
preボタンの使い方
preボタンの場合は、まずビジュアルエディタにプログラムコードを書き込みます。例として以下のようなhtmlコードを書きました。

こういった直接ビジュアルエディタに書き込んだコードに対してSyntaxHighlighterをあてるには、preボタンを利用します。使い方は、コード全体をドラッグしてpreボタンを押すだけです。

preボタンでhtml言語を選択→「挿入」。

SyntaxHighlighterが適応されます。

テキストで見るとこんな感じ。htmlのハイライトが適応されているのが分かります。

codeボタンの使い方
続いてcodeボタンの使い方。こちらは、コードをそのまま貼り付けたい時に利用します。インデントなどもそのまま維持されます。わたしはローカル環境で動作確認したコードを貼ることがほとんどなので、こちらのcodeボタンを利用するほうが圧倒的に多いです。
codeボタンをクリックします。

言語を選択して、コードを貼り付けます。先ほどと同じhtmlコードを貼り付けてみましょう。

挿入ボタンを押すと、貼り付けたコードがそのまま反映されます。preボタンの時と同じ結果になるのが分かります。

表示
実際の表示をプレビューで見てみましょう。例として作成したコードは以下のように表示されるます。ただし、設定で選択したテーマによって見栄えは異なります。

スポンサード リンク
WP SyntaxHighlighterのいいところ
ソースを切れに表示させるSyntaxHighlighterをWordPressでも簡単に使わせてくれる点はもちろんですが、もう1点。
ショートコードを使わなくていい点がわたしは好きです。他の有名な「SyntaxHighlighter Evolved」はショートコードありきの設計になっています。
わたしはショートコードがあまり好きではなく、それはそのプラグインの開発が終わってしまった途端に(もしくはそのプラグインを利用しなくなった時点で)ゴミのコードになってしまうからですね。
今後のことを考えるとなるべくなら使わない方がいいということで、WP SyntaxHighlighterに軍配をあげています。
おわり
(写真はY.O.氏から借用)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

元号特定プログラム

Ad-Conversion 20190502④で関数を呼び出し結果を表示する。今回は月日も考慮する。

元号特定プログラム

前に当ブログで西暦、和暦相互変換のプログラムを載せたが、今回はPowerShell_ISEで西暦年月日でその日がどの元号に当たるかを特定するプログラムである。Ad-Conversion 20190502④で関数を呼び出し結果を表示する。今回は月日も考慮する。

Function Ad-Conversion($indate){

$ERA_MEIJI = “明治”
$ERA_TAISYOU = “大正”
$ERA_SYOUWA = “昭和”
$ERA_HEISEI = “平成”
$ERA_REIWA = “令和”

$DATE_MEIJI = 18680908
$DATE_TAISYOU = 19120730
$DATE_SYOUWA = 19261225
$DATE_HEISEI = 19890108
$DATE_REIWA = 20190501

if($indate -lt $DATE_MEIJI){

Write-Host(“明治以前の日付には対応していません。”)

}elseif($indate -lt $DATE_TAISYOU){

Write-Host(“元号は” + $ERA_MEIJI + “です。”)

}elseif($indate -lt $DATE_SYOUWA){

Write-Host(“元号は” + $ERA_TAISYOU + “です。”)

}elseif($indate -lt $DATE_HEISEI){

Write-Host(“元号は” + $ERA_SYOUWA + “です。”)

}elseif($indate -lt $DATE_REIWA){

Write-Host(“元号は” + $ERA_HEISEI + “です。”)

}else{

Write-Host(“元号は” + $ERA_REIWA + “です。”)

}
}

Ad-Conversion 19300101①
Ad-Conversion 18700101②
Ad-Conversion 20190101③
Ad-Conversion 20190502④
Ad-Conversion 20200101⑤
Ad-Conversion 19510817⑥

*******************************************************
PS C:\Users\prog> C:\Users\prog\Desktop\File\Gengo.ps1
元号は昭和です。①
元号は明治です。②
元号は平成です。③
元号は令和です。④
元号は令和です。⑤
元号は昭和です。⑥

*************以下は実行結果

(写真はY.O.氏から借用)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

Backup(USB装置nameの指定)

スクリプトはPowerShell_ISEで行ったものでありUSBの装置名の違いを吸収した例です。実際に実行済み!

Backup(USB装置nameの指定)

以下のスクリプトはPowerShell_ISEで行ったものでありUSBの装置名の違いを吸収した例です。
実際に実行済み!
Path、Folder名は変えてあります。

# BackUpEtoUSB
$date = Get-Date -UFormat “%Y年%B%d日 %H:%M:%S”
Write-Host “Start” $date

Write-Host “BackUp USB Memoryはすでにフォーマットしてありますか?F or GにUSBを挿入してください。”

Write-Host “緑のUSBはF装置または黒のUSBはG装置どちら?”

[ValidateLength(1,10)]$Dev = [String](Read-Host “USBの装置IDは?F or G=”)

If ($Dev -eq ‘F’ -or $Dev -eq ‘G’){

Write-Host “BackUp USB Memoryは正しい装置IDです。”

}Else{

Write-Host “間違った装置IDです。「重要な処理です、続けますか?」にはNと答えてください。”

}

Write-Host “緑のUSBはすでにフォルダーCG-B,osource,File,洋楽,Desktop,画像,動画,資料を削除してありますか?”

Write-Host “次のメッセージに11文字以上を入力すると結果は保証されません、Yと判断されるときもあります!”

[ValidateLength(1,10)]$Rep = [String](Read-Host “重要な処理です、続けますか?Y or N=”)

If ($Rep -eq ‘Y’){

Set-Location C:\Users\Prog\Desktop\Smpl

If (-not(Test-Path ($Dev + “:\” + “洋楽”))){
New-Item ($Dev + “:\” + “洋楽”) -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path ($Dev + “:\” + “画像”))){
New-Item ($Dev + “:\” + “画像”) -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path ($Dev + “:\” + “動画”))){
New-Item ($Dev + “:\” + “動画”) -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path ($Dev + “:\” + “資料”))){
New-Item ($Dev + “:\” + “資料”) -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path ($Dev + “:\” + “Desktop”))){
New-Item ($Dev + “:\” + “Desktop”) -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path ($Dev + “:\” + “File”))){
New-Item ($Dev + “:\” + “File”) -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path ($Dev + “:\” + “CG-B”))){
New-Item ($Dev + “:\” + “CG-B”) -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path ($Dev + “:\” + “osource”))){
New-Item ($Dev + “:\” + “osource”) -ItemType Directory
}

$indir = “C:\Users\Prog\Desktop\”
$outdir = ($Dev + “:\” + “Desktop”)
$date = Get-Date -UFormat “%y%m%d”

Get-ChildItem $indir | Foreach-Object {

$infile = $indir + “\” + $_.name
$outfile = $outdir + “\” + $_.name
Copy-Item $infile -Destination $outfile -Recurse

}

$indir = “C:\Users\Prog\AppData\Local\Programs\File\”
$outdir = ($Dev + “:\” + “File”)
$date = Get-Date -UFormat “%y%m%d”

Get-ChildItem $indir | Foreach-Object {

$infile = $indir + “\” + $_.name
$outfile = $outdir + “\” + $_.name
Copy-Item $infile -Destination $outfile -Recurse

}

$indir = “E:\191115BackUpD\画像\雄三\Snipping\snippingToshiba\”
$outdir = ($Dev + “:\” + “画像”)
$date = Get-Date -UFormat “%y%m%d”

Get-ChildItem $indir | Foreach-Object {

$infile = $indir + “\” + $_.name
$outfile = $outdir + “\” + $_.name
Copy-Item $infile -Destination $outfile -Recurse

}

$indir = “E:\191115BackUpD\資料\”
$outdir = ($Dev + “:\” + “資料”)
$date = Get-Date -UFormat “%y%m%d”

Get-ChildItem $indir | Foreach-Object {

$infile = $indir + “\” + $_.name
$outfile = $outdir + “\” + $_.name
Copy-Item $infile -Destination $outfile -Recurse

}

$indir = “C:\Users\Prog\CG-B\”
$outdir = ($Dev + “:\” + “CG-B”)
$date = Get-Date -UFormat “%y%m%d”

Get-ChildItem $indir | Foreach-Object {

$infile = $indir + “\” + $_.name
$outfile = $outdir + “\” + $_.name
Copy-Item $infile -Destination $outfile -Recurse

}

$indir = “C:\Users\Prog\osource\”
$outdir = ($Dev + “:\” + “osource”)
$date = Get-Date -UFormat “%y%m%d”

Get-ChildItem $indir | Foreach-Object {

$infile = $indir + “\” + $_.name
$outfile = $outdir + “\” + $_.name
Copy-Item $infile -Destination $outfile -Recurse

}

}

$date = Get-Date -UFormat “%Y年%B%d日 %H:%M:%S”
Write-Host “End” $date

以上

(写真はY.O.氏から借用)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

学校計算ドリルテストその3

学校計算ドリルテストその3(手順)

学校計算ドリルテストその3

当プログラムは自己責任でお使いください。

※本プログラムをご利用の方はお問い合わせフォームより「学校計算ドリルテスト」希望の旨、メールアドレスを記入し申し込んでください。折り返し本プログラムを添付し送らさせて戴きます。「種別」は「活動に関するお問い合わせ」でお願いします。

本プログラムを使用したいかなる結果も当サイトでは責任を負いかねます。
プログラムの改変は各自の自由です。
第3者への配布も自由ですがそれによる結果についても当方は責任を負いかねます。
またいかなるサポートも致しません。
四則演算でマイナスになることはありません。(マイナス結果を考慮する改変大歓迎!)

手順
①resetボタンを押してください
②表示されたら実行を押してください(何も表示されてなくても)
③Listに自分の名前があったらそれをクリックしてください
④赤の×をクリックしてください(パネルをクローズするという事)

上記オペレーションは違和感があるでしょうがその通りにしてください

画像による手順

191112data1

プログラム・アイコンをダブルクリックすると表示される。
191112data2

「reset」ボタンをクリックしたとき表示されるパネル。
191112data3

「実行」をクリックすると名前一覧表が表示される。
191112data4

名前をクリックしたのち*1✖をクリックすると追加登録が表示される。
191112data5

前の画面で「yes」の時あらかじめ入っている名前を削除後登録したい名前・番号・小学校名ラジオボタン複数の時「登録継続」をクリック1件だけの時「登録終了」をON。
191112data6

加減乗除を選択後実行をクリック。
191112data7

桁数を選択後実行をクリック。
191112data8

この後問題が表示される。(10問)
191112data9

答えを入力。
191112dataa

「check」ボタンをクリック。正誤が表示される。
191112datab

正答数8が入っている。
191112datac

「sheet2」のタブをクリック⑩正答数8が入る。
191112datad

「sheet1」に戻る。
191112datae

「reset」ボタンをクリック。
191112dataf

「実行」をクリック。名前一覧表に「data5」で入力した「吉田康生」が表示されている。
191112datag

✖で抜けると「追加?」いいえをクリック。
191112datah

今回は登録しません。OKをクリック。
191112datai

四則演算を選択。
191112dataj

問題が表示される。
191112datak

解答入力後「check」ボタンをクリック。全問正解、OK*2
191112datal

「sheet2」をクリック。
191112datam

吉田康生の欄に正答数10が入っている。
*1 名前をクリックすると自動的に「sheet2」が開く。
*2 「sheet2」をクリックし確認→「sheet1」をクリック「reset」ボタンをクリック。

入力のカレントポインターは「K1」(黄色の部分)にありまあす、この数値を変えていただければNEXT LINEポイントになります。「K1」は絶対に4以上にしてください。そうでなければヘッダー部分が破壊されます。(この時はオリジナルファイルからやり直しになります)

このプログラムの中身を見るには「ファイル」、「オプション」、「リボンのユーザー設定」、「(開発)にチェックを入れてOK」メニュー・バーに「開発」の文字が入ってから実行してください。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

PowerShell_ISEを使ったバックアップ

PowerShell_ISEを使ったバックアップ

自分のバックアップしたいフォルダーだけUSBメモリーに落とす。

PowerShell_ISEで実行。(以下がコマンドレットを利用したスクリプト)

$date = Get-Date -UFormat “%Y年%B%d日 %H:%M:%S”
Write-Host “Start” $date

Set-Location C:\Users\rsj10\Desktop\File

If (-not(Test-Path G:\音楽)){
New-Item G:\音楽 -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path G:\画像)){
New-Item G:\画像 -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path G:\動画)){
New-Item G:\動画 -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path G:\資料)){
New-Item G:\資料 -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path G:\机上)){
New-Item G:\机上 -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path G:\Prog)){
New-Item G:\Prog -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path G:\CG-B)){
New-Item G:\CG-B -ItemType Directory
}

If (-not(Test-Path G:\osource)){
New-Item G:\osource -ItemType Directory
}

$indir = “C:\Users\rsj10\Desktop\”
$outdir = “G:\机上”
$date = Get-Date -UFormat “%y%m%d”

Get-ChildItem $indir | Foreach-Object {

$infile = $indir + “\” + $_.name
$outfile = $outdir + “\” + $date + “_” + $_.name
Copy-Item $infile -Destination $outfile -Recurse

}

$indir = “C:\Users\rsj10\AppData\Local\Programs\Prog\”
$outdir = “G:\Prog”
$date = Get-Date -UFormat “%y%m%d”

Get-ChildItem $indir | Foreach-Object {

$infile = $indir + “\” + $_.name
$outfile = $outdir + “\” + $date + “_” + $_.name
Copy-Item $infile -Destination $outfile -Recurse

}

$indir = “E:\191111BkUpG\画像\雄三\Snipping\snippingToshiba\”
$outdir = “G:\画像”
$date = Get-Date -UFormat “%y%m%d”

Get-ChildItem $indir | Foreach-Object {

$infile = $indir + “\” + $_.name
$outfile = $outdir + “\” + $date + “_” + $_.name
Copy-Item $infile -Destination $outfile -Recurse

}

$indir = “E:\191111BkUpG\資料\”
$outdir = “G:\資料”
$date = Get-Date -UFormat “%y%m%d”

Get-ChildItem $indir | Foreach-Object {

$infile = $indir + “\” + $_.name
$outfile = $outdir + “\” + $date + “_” + $_.name
Copy-Item $infile -Destination $outfile -Recurse

}

$indir = “C:\Users\rsj10\CG-B\”
$outdir = “G:\CG-B”
$date = Get-Date -UFormat “%y%m%d”

Get-ChildItem $indir | Foreach-Object {

$infile = $indir + “\” + $_.name
$outfile = $outdir + “\” + $date + “_” + $_.name
Copy-Item $infile -Destination $outfile -Recurse

}

$indir = “C:\Users\rsj10\osource\”
$outdir = “G:\osource”
$date = Get-Date -UFormat “%y%m%d”

Get-ChildItem $indir | Foreach-Object {

$infile = $indir + “\” + $_.name
$outfile = $outdir + “\” + $date + “_” + $_.name
Copy-Item $infile -Destination $outfile -Recurse

}

$date = Get-Date -UFormat “%Y年%B%d日 %H:%M:%S”
Write-Host “End” $date

これだと第1段目のディレクトリ、ファイルにしか日付が入らない。

(写真はY.O.氏から借用)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

PowerShell_ISEでFileを作る‐フォルダーごと削除する

191109

PowerShell_ISEでFileを作る‐フォルダーごと削除する

PowerShell_ISEでファイルをフォルダーごと削除する

① 「New-Item」コマンドレットでFile or Directoryを作る
New-Item -Path Desktop\Sample\201910\1001\sample.txt -ItemType File -Force
② 「File」名はsample.txt
③ 「ItemType」パラメーターはFile
④ パスは「ユーザー」~「1001」フォルダー
⑤ 確かに「sample.txt」が作られた
⑥ 「createfile.ps1」が実行された
⑦ 「sample.txt」ができている
⑧ それを「Remove-Item」コマンドレットで「201910」フォルダーごと削除する
Set-Location C:\Users\******\Desktop\Sample
Remove-Item 201910 -Force -Recurse
⑨ フォルダー以下全てを削除する
⑩ 「RemoveFolder01.ps1」を実行する
⑪ 確かにフォルダー「201910」が削除されている

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!