AI(機械学習)の納品

検証とは、検証データに対する結果をみることではなく、仮運用をはじめた後に得られる結果を見ることである。

AI(機械学習)の納品

「検証とは、検証データに対する結果をみることではなく、仮運用をはじめた後に得られる結果を見ることである」
そのため、お客様と考えていくべき納品フローはこのようになります。

機械学習案件を納品するのは、そんなに簡単な話じゃないから気をつけて
を参照。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

AI(機械学習)スキルセット

このうち既習のもの及び仕掛中のものはLinux,MySQL,HTML,CSS,JavaScript,Apache,Pythonである。ほかのものは5ヶ年計画には含まれていない。

AI(機械学習)スキルセット

機械学習によるシステム開発のスキルセットは次のようになると書いてあった。

スキルセットとしては、以下のようなものがあります。
• サーバーでの環境構築(LinuxやDocker等)
• データベース(MySQL)
• Webアプリケーション(Ruby on Rails, HTML, CSS, JavaScriptなど)
• Web API(Python)
• Cron(定期実行)
• Webサーバー(NginxやApache)
このうち既習のもの及び仕掛中のものは
Linux,MySQL,HTML,CSS,JavaScript,Apache,Pythonである。
ほかのものは5ヶ年計画には含まれていない。
スキルセットは以下のURLの記事を参照した。
機械学習案件を納品するのは、そんなに簡単な話じゃないから気をつけて
https://qiita.com/yoshizaki_kkgk/items/fa8b45918445bb3e6dc3

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

古希

次男の嫁さんが私の古希のお祝いにケーキを作ってくれた。

古希

ついに私も古希になってしまった。
若い時には想像もしなかった年齢である。
次男の嫁さんが私の古希のお祝いにケーキを作ってくれた。
チョコレートケーキで地はビスケットであった。
チョコレートは甘く大変美味しかった。
嫁さんには感謝感謝である。

古希のお祝いのチョコレートケーキ

誕生日のチョコレートケーキ(お手製)

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

numpyを使ってAND条件を印書する

アイキャッチ画像はライブラリーnumpyを使ってAND条件を印書したところです。

numpyを使ってAND条件を印書する

numpyを使ってAND条件を印書する。

アイキャッチ画像はライブラリーnumpyを使ってAND条件を印書したところです。

ブーリアンのAND演算でそれぞれがどうなるかがハッキリ分かります。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Vermeerの絵

明日上野の森美術館で開かれている「フェルメール展」を鑑賞に行く際の気休めになればよいと思った。

Vermeerの絵

Database(Access)の勉強が進んでない。
そこでDeep LearningおよびPythonの勉強も進んでない。
今日はVermeerの「真珠の耳飾りの少女」の写真の表示などで遊んでみた。
明日上野の森美術館で開かれている「フェルメール展」を鑑賞に行く際の気休めになればよいと思った。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Wired Cafeで昼食

ロコモコボウルはちゃんとしたハンバーグが野菜・アボカドと一緒に出てきた。まだハンバーグは暖かくとても美味しかった。

Wired Cafeで昼食

今年も例年のごとく吉祥寺アトレ内ワイアードカフェにて昼食をとった。
今年はロコモコボウルを注文した。
飲み物をレモンティーと言ったらアイスレモンティーが出てきた。
本当は暖かいレモンティーが欲しかったのに。
文句を言わずにそれをいただいた。
ロコモコボウルはちゃんとしたハンバーグが野菜・アボカドと一緒に出てきた。
まだハンバーグは暖かくとても美味しかった。
ソースが美味しかったせいもある。
帰り本屋の前を通ったら来年の手帳が山積みになっていた。
今年の吉祥寺駅内のクリスマス用のデコレーションは大変地味だった。

吉祥寺ワイアードカフェ

レモンティーとジンジャエール

ワイアードカフェ店内

吉祥寺駅前クリスマスツリー

吉祥寺駅前クリスマスツリー


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

白黒PNGファイルの呼び込み

「Deep Learning」の教科書よりの再掲だけど「else:」の「:」がなかったり私自身の間違いもあったので修正した。青みがかったり、黄色みがかったり「白黒」じゃないよね?

白黒PNGファイルの呼び込み

「Deep Learning」の教科書よりの再掲だけど「else:」の「:」がなかったり私自身の間違いもあったので修正した。
青みがかったり、黄色みがかったり「白黒」じゃないよね?
「Access」の勉強が進んでない、「手順」だけ述べているだけでそうする理由が書かれていない。
覚えにくいわけだよ!ゆっくりやろうっと!

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

pathの問題

最終的に「path」を「Python」ではなしにその下の下「ch01」まで繰り下げてやってみた。その結果アイキャッチ画像のように表示が正常に行われた。

pathの問題

「Deep Learning」の本がやってきてからその本の例題をやってみた。
GitHubのリポジトリからプログラムのダウンロードしてから例題をやってみた。
「File or Directory not found」が表示された。
WSLを使っているので「../dataset/」のあたりがいけないのかな?と思って、
その辺を重点的に書き換えてみた。
どれもうまくいかなかった。
最終的に「path」を「Python」ではなしにその下の下「ch01」まで繰り下げて
やってみた。その結果アイキャッチ画像のように表示が正常に行われた。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!