5-Year Plan revise up (ver3.0)

Microsoft wordの翻訳システムを使いました。ご了承ください。5-Year Plan revise up (ver3.0)

Microsoft wordの翻訳システムを使いました。ご了承ください。

5-Year Plan revise up (ver3.0)

Since Qiita’s article was on the CEO Tani, he was able to revitalize the five-year plan to become an AI engineer.
Thank you for the article.

layout: “post”
Title: “Five-year plan ver3.0”
date: “2018-12-31 16:28”

Minimum knowledge required for AI engineers
First,I saw the minimum knowledge required by AI engineers in six parts.
Here, the future When doing business as an AI engineer, be sure to understand the overall picture of the basic knowledge of the six content.

(1) Programming skills
– Python
– numpy、pandas、matplotlib, Scikit. Translation-Learn TensorFlow and keras

Especially in this It is good to be proficient in pandas.
This is a convenient library for data preprocessing, although data preprocessing is essential for machine learning.

(2) Mathematics
– Differential、Linear algebra, vectors, matrices, probabilities, etc.

(3) Knowledge of statistics
– Stdev, Variance, probability distribution, estimation, test, etc.

(4) Basic knowledge of machine learning

Supervised learning and unsupervised learning
pretreatment, feature design, learning and evaluation
Single regression, multiple regression analysis, least squares method, Perceptron, logistic regression
Decision tree, random forest, support vector machine, K-means
Implementation skills and knowledge of deep learning
scikit-learn
Knowledge of frameworks such as TensorFlow and Keras.
The flow to make a model that has been studied in Scikit-learn.
1. Data collection and preprocessing of data completion of missing values and removal of outliers.
2. Feature design (selection of feature quantity)
3. Model development (model selection and learning)
4. Model evaluation… cross test, evaluation by mixing matrix, etc.
(5) Knowledge of working with databases using SQL。
-Select, insert, UPDATE, Delete, where, like, limit, SUM, AVG, Max, GROUP by, having, order by, table join, view, subquery, case, and so on.

(6) Cloud Knowledge
-Knowledge of cloud infrastructure such as AWS and GCP and Azure.

Large Although it may seem that there are many other than six, it is recommended to squeeze it into two (1) and (4) first of all at once.
The reason is that the program is actually written and visible, making it easier to learn.
Because it is self-taught and it is frustrated when entering from the theory first.

The recommended way to study artificial intelligence by yourself
I introduced the necessary knowledge in the previous section, but how do I learn them?
In order to learn from (1) to (6), we recommend that you acquire knowledge in the following sequence.

Phase1 python Learn about machine learning programming and artificial intelligence.
Phase2 machine learning programming.
Phase3 Challenge to Kaggle.
Phase4 SQL, scraping and cloud technologies.
Phase5 Use machine learning skills to produce products.
Phase6 Teach (maybe I don’t think this).

I believe that learning from each phase is the most rewarding and enjoyable way to learn.

Phase In 1, we refer to the programming beginners.
If you are new to programming, come to the phase Please read through the first.

Phase2, based on what we actually learned in Phase 1, we will explain how to study machine learning programming.
Already If you are doing machine learning programming using Scikit-learn, you may skip it.

Phase3 describes how to learn practical programming through competitions like Kaggle. (I don’t think so either)

Phase4 In doing machine learning, retrieving data from the database is often done. SQL Knowledge is mandatory. In addition to SQL, this section introduces techniques such as scraping (data collection) and cloud technology. (First from Access)

Phase5 Use machine learning skills to get your product production. Those who reach this level often learn through the product.

Phase6 Teaching six people may clarify what you didn’t know. So it is also a good idea to teach your friends about machine learning and deepen your understanding.

Since then, I will explain how to tackle these in each of the six phases, while introducing the recommended books.

# Development Environment Construction
・Ipython, Python, atom settings on your PC
・Atom debugging with Python alone
・Copy and paste the Web practice problem in WSL and Emacs
・Design and develop a Web top page
・Under the top page (index.html) developed demo.py demo.html Demo.css demo.js
・each demoxx.py design, demoxx.html design, Representative .css design
Standardized module names
Create a module list

2. Git, GitHub configuration-selection of collaborators
・Learning GitHub (Binder stuff)

3. Document Planning
・Create a module list
・Python Program Journal Organization
・HTML Journal Organization
・JS Program and Journal Organization

4. Development plan

1. Python acquisition plan
2. Actual Practice
3. Python Programming (Command prompt and on WSL)
4. Debugging
5. Model Building
6. Ipyton Debug (Jupyternotebook on WSL) developed it under Atom Environment (NumPy, pandas Acquisition)

Ipython, Pyton, atom settings on PC

– Toshiba Dynabook Satellite B554/K use
-Documentation
-Test in development environment
– Blog up

# Git, GitHub configuration-selection of collaborators

-GitHub Learning
-Request for collaborators

# Document Plan formulation

– Five-year Plan
-One year schedule
-Three-year schedule
-Final Plan

# reading Plan

-Qiita document conning (in progress)
-Why make object-oriented (purchased)
-New Linux textbooks (purchased-read after referring to the actual machine)
-Everyone’s python (purchased-in-progress, early)
-Nikkei Linux (purchase)
-Making from scratch deep Learning-theory and implementation of learning in Python (pre-purchased)
-Access Learning (create Address Book and learn about MySQL query)
-Copy and paste in Qiita document study (in progress)
-(Programming (Python), Statistical machine learning, deep learning (deep Learning), Mathematics for machine learning, probability and statistics)
-Easy to learn mathematics for understanding machine learning
-Ipython Interactive Computing and Visualization Cookbook (purchased-last)
-Other

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

WSLへmssqlをインストールしてみた(失敗)

mssqlのwebsiteではWSLはサポートしていないと書いてあったが、無理して私のPC環境にインストールしてみたが、見事にけられた。

 

WSLへmssqlをインストールしてみた。
mssqlのwebsiteではWSLはサポートしていないと書いてあったが、無理して私のPC環境にインストールしてみたが、見事にけられた。
余計な時間を使ってしまった。見かけ上はインストールは成功に見えたのだが。

****************************
SQL install to Ubuntu on WSL
****************************
Ubuntu 18.04 にツールをインストールします。
SQL Server をインストールします。
Ubuntu で SQL Server を構成するには、ターミナルで次のコマンドを実行し、mssql-server パッケージをインストールします。

wget -qO- https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add –
Microsoft SQL Server の Ubuntu リポジトリを登録します。

sudo add-apt-repository “$(wget -qO- https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/18.04/mssql-server-2017.list)”

上ではなしにプレビューを試したいときに。

sudo add-apt-repository “$(wget -qO- https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/18.04/mssql-server-preview.list)”

SQL Server をインストールするには、次のコマンドを実行します。

sudo apt-get update
sudo apt-get install -y mssql-server

パッケージのインストールが完了したら、mssql-conf setup の実行後に、SA パスワードの設定とエディションを選択する指示に従います。

sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf setup

SA アカウントは強力なパスワードを指定していることを確認してください。(最小長さが 8 文字で、大文字と小文字のアルファベット、10 進数の数字や英数字以外の記号を含む)。

構成が完了したら、サービスが実行されていることを確認します。

systemctl status mssql-server

**********************************************************

1.パブリック リポジトリの GPG キーをインポートします。

curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add –

2.Ubuntu の Microsoft リポジトリを登録します。

curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/18.04/prod.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/msprod.list

3.ソースの一覧を更新して、unixODBC 開発者のパッケージをインストール コマンドを実行します。

sudo apt-get update
sudo apt-get install mssql-tools unixodbc-dev

注意:最新バージョンに更新するmssql ツール次のコマンドを実行します。

sudo apt-get update
sudo apt-get install mssql-tools

4.省略可能な: 追加/opt/mssql-tools/bin/をパスbash シェル内の環境変数。させるsqlcmd と bcpログイン セッションでは、bash シェルからアクセス可能な変更、パスで、 ~/.bash_profile次のコマンドでファイル。

echo ‘export PATH=”$PATH:/opt/mssql-tools/bin”‘ >> ~/.bash_profile

させるsqlcmd と bcp対話型/非ログイン セッションでは、bash シェルからアクセス可能な変更、パスで、 ~/.bashrc次のコマンドでファイル。

echo ‘export PATH=”$PATH:/opt/mssql-tools/bin”‘ >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

**************************************************
CREATE DATABASE TestDB
SELECT Name from sys.Databases
GO
USE TestDB
CREATE TABLE Inventory (id INT, name NVARCHAR(50), quantity INT)
INSERT INTO Inventory VALUES (1, ‘banana’, 150); INSERT INTO Inventory VALUES (2, ‘orange’, 154);
GO
SELECT * FROM Inventory WHERE quantity > 152;
GO
sqlcmd コマンド プロンプトの終了
QUIT
****************************************************
エラーメッセージは
****************************************************
Sqlcmd: Error: Microsoft ODBC Driver 17 for SQL Server : TCP Provider: Error code 0x2749.
Sqlcmd: Error: Microsoft ODBC Driver 17 for SQL Server : A network-related or instance-specific error has occurred while establishing a connection to SQL Server. Server is not found or not accessible. Check if instance name is correct and if SQL Server is configured to allow remote connections. For more information see SQL Server Books Online..
人気ブログランキングへ←人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

PyCharmをテストで使ってみた

因みに、私の環境ではSQLは使えないが新プロジェクト名に「SQL」と名付けてしまったので悪しからず。

PyCharmをテストで使ってみた

「PyCharm」をテストで使ってみた。
因みに、私の環境ではSQLは使えないが新プロジェクト名に「SQL」と名付けてしまったので悪しからず。
コマンドプロンプト内の「Atom」で展開した「Python」プログラムをCtrl+Cでコピーし「PyCharm」内でCtrl+Vでペーストするとこれができてしまう。
アイキャッチ画像は「test01.py」というファイル名でセーブして「Run」で実行したところです。
ちゃんと実行してくれました。
でも私は「PyCharm」を使うつもりはありません。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

セッションの管理

SQLが手に入らないのでセッションの管理コードだけでも埋め込もうと、丸2日間かかって仕上げた。

セッションの管理

SQLが手に入らないのでセッションの管理コードだけでも埋め込もうと、丸2日間かかって仕上げた。
一番苦労したのは「Method Not Allowed」になってしまうことだった。
トラッパーやトレーサじみたコードを入れてアイソレートしていった。
テストした項目は
①login成功・失敗
②logout
③ルートへのジャンプ
④login後の他HTMLへのジャンプ。
⑤demo28.pyからのパラメータの引継ぎ
⑥login中の各振る舞い
⑦logout中のふるまい
など多岐にわたってテストした。

/login

login成功で’/’入力

データの引き渡し

logoutの状態で「/」を入力

demo28.py関連プログラム

#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-
#demo28.py sessin managed
from flask import Flask, redirect, request, render_template, url_for, session

app = Flask(__name__)

@app.route(‘/login’, methods=[‘GET’, ‘POST’])
def login():
・・if request.method == ‘POST’:
・・・・session[‘username’] = request.form[‘username’]
・・・・return redirect(url_for(‘index’))
・・return render_template(‘check28.html’)

@app.route(‘/reset’, methods=[‘GET’, ‘POST’])
def reset():
・・session[‘username’] = ‘zako’
・・return render_template(‘check28.html’)

@app.route(‘/’)
def func():
・・if ‘username’ in session:
・・・・html = render_template(‘demo03.html’,name = str(session[‘username’]))
・・・・return html
・・return ‘You are not logged in’

@app.route(‘/check’, methods=[‘GET’, ‘POST’])
def check():
・・if request.method == ‘POST’:
・・・・session[‘username’] = request.form[‘username’]
・・・・return redirect(url_for(‘func’))
・・return render_template(‘check28.html’)

@app.route(‘/’,methods=[‘POST’])
def index():

・・success = False
・・name = request.form[“username”]
・・passwd = request.form[“pass”]
・・my_message = “「セッション処理のプログラムはどうでしたか?」”

・・user_data = [{“id”:”zako”, “pass”:”week_pass”},{“id”:”ikarochan”, “pass”:”kawaii”},{“id”:”yoshiko”, “pass”:”ok”},{“\
\
id”:”miku”, “pass”:”hatsune”}]

・・for i in range(0, 4):
・・・・if user_data[i][“id”] == name:
・・・・・・if user_data[i][“pass”] == passwd:
・・・・・・・・success = True
・・・・・・・・session[‘username’] = name
・・・・・・・・return render_template(‘index28.html’,suc=success,name=name,pas=passwd,msg=my_message)
・・・・・・else:
・・・・・・・・continue
・・・・else:
・・・・・・continue
・・success = False
・・return render_template(‘index28.html’,suc=success,name=name,pas=passwd,msg=my_message)

@app.route(‘/logout’)
def logout():
・・session.pop(‘username’, None)
・・return redirect(url_for(‘func’))

app.secret_key = ‘A0Zr98j/3yX R~XHH!jmN]LWX/,?RT’

if __name__ == ‘__main__’:
・・app.run(debug=True)
****************************************
<!DOCTYPE html> <!– check28.html –>
<html lang=”ja”>
<head>
・・<meta charset=”UTF-8″>
・・<title>Loginフォーム</title>
<!– <link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”{{url_for(‘static’, filename=’style.css’)}}” /> –>
・・<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”static/css/style.css” />
</head>
<body>

・・<form action=”/” method=”post”>
・・・・<h1>Login</h1>
・・・・<input type=”text” name=”username” placeholder=”Username” required/>
・・・・<input type=”password” name=”pass” placeholder=”Password” required/>
・・・・<input type=submit value=Login>
・・</form>

</body>
</html>
****************************************
<!DOCTYPE html> <!– index28.html –>
<html lang=”ja”>
・・<head>
・・・・<meta charset=”UTF-8″>
・・・・<title>Login</title>
<!– <link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”style.css” /> –>
・・・・<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”static/css/style-07.css” />
・・・・<!–&#91;if lt IE 9&#93;>
・・・・<script src=”http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js”></script>
・・・・<!&#91;endif&#93;–>
・・</head>
・・<body>
・・・<h1>Login終了</h1>
・・・{% if suc %}
・・・<h1>Login OK</h1>
・・・<h1>Username is {{ name }}</h1>
・・・{% else %}
・・・Invalid Username or Password. Debug {{ name }},{{ pas }}
・・・{% endif %}
・・・</br>
・・・demo28.pyからのメッセージは:</br>
・・・{{ msg }}です。

・・</body>
</html>
****************************************
<!DOCTYPE html>
<html lang=”ja”>
<head>
・・<meta charset=”UTF-8″>
・・<link rel=”stylesheet” href=”/static/css/style-03.css”>
・・<title>Deep Learning second TEST</title>
</head>
<body>
・・<title>Hello from Flask</title>
・・{% if name %}
・・・<h2>{{ name }}さん!テンプレートからのHello Worldだよ!</h2>
・・{% else %}
・・・<h2>テンプレートからのHello Worldだよ!</h2>
・・{% endif %}

・・<p>
・・・<img src=”/static/images/plant_3.jpg” alt=”pic03″>
・・</p>

・・<script src=”/static/js/main.js”></script>
</body>
</html>
****************************************
(function(){
・・’use strict’;

・・alert(‘アラートですよ〜。’);

})();
****************************************

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

☎登録フォーム

登録フォームのプログラムセットです。demo24.py、index24.html、check24.htmlからなります。「・」はスペース2文字分です。

登録フォームのプログラムセットです。

demo24.py、index24.html、check24.htmlからなります。

「・」はスペース2文字分です。

#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-
#demo24.py
from flask import Flask, redirect ,request,render_template

app = Flask(__name__)

@app.route(“/check”)
def check():
return render_template(‘check24.html’)

@app.route(‘/’,methods=[‘POST’])
def index():
・・my_age = int(request.form[“age”])
・・my_name = request.form[“name”]
・・my_email = request.form[“eml”]
・・my_message = “本日は晴天なり。”
・・return render_template(‘index24.html’,age=my_age,name=my_name,eml=my_email,msg=my_message)

if __name__ == ‘__main__’:
・・app.run(debug=True)
****************************************
<!DOCTYPE html> <!– index24.html –>
<html lang=”ja”>
・・<head>
・・・・<meta charset=”UTF-8″>
・・・・<title>登録フォーム</title>
<!– <link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”style.css” /> –>
・・・・<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”static/css/style-06.css” />
・・・・<!–&#91;if lt IE 9&#93;>
・・・・<script src=”http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js”></script>
・・・・<!&#91;endif&#93;–>
・・</head>
・・<body>
・・<h1>登録完了</h1>
あなたの名前は:{{name}}です。</br>
あなたの年齢は:{{age}}才です。</br>
あなたのE-mailアドレスは:{{eml}}です。</br>
<h1>で登録しました。</h1>
demo24.pyからのメッセージは:{{msg}}です。
・・</body>
</html>
****************************************
<!DOCTYPE html> <!– check24.html –>
<html lang=”ja”>
<head>
・・<meta charset=”UTF-8″>
・・<title>登録フォーム</title>
<!– <link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”{{url_for(‘static’, filename=’style.css’)}}” /> –>
・・<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”static/css/style.css” />
</head>
<body>

・・<form action=”/” method=”post”>
・・・・<h1>登録</h1>
・・・・<input type=”text” name=”name” placeholder=”名前” required/>
・・・・<input type=”number” name=”age” placeholder=”年齢” required/>
・・・・<input type=”email” name=”eml” placeholder=”メールアドレス” size=”30″ maxlength=”40″ required/>
・・・・<button>同意する</button>
・・</form>

</body>
</html>
****************************************
@charset ‘utf-8’; /* style-06.css */
body・・{
・・・・background: silver;
・・・・color: blue;
・・・・margin-left: 2m;
・・・・margin-right: 2m;
}
****************************************

登録入力画面

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

年齢チェックのプログラム

インデントができないので我慢してほしい。これで画像の処理が行われている。

年齢チェックのプログラム

インデントができないので我慢してほしい。
これで画像の処理が行われている。
loginの完成形が下記のリンク先でupした参照してほしい。
neverjpのぶらり日記
 

#demo23.py
#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-

from flask import Flask, redirect ,request,render_template

app = Flask(__name__)

@app.route(“/check”)
def check():
・・return render_template(‘check23.html’)

@app.route(‘/’,methods=[‘POST’])
def index():
・・my_age = int(request.form[“age”])
・・my_name = request.form[“name”]
・・return render_template(‘index23.html’,age=my_age,name=my_name)

if __name__ == ‘__main__’:
・・app.run(debug=True)
****************************************
<!DOCTYPE html> <!– index23.html –>
<html lang=”ja”>
・・<head>
・・・・<meta charset=”UTF-8″>
・・・・<title>20禁のサイト</title>
<!– <link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”style.css” /> –>
・・・・<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”static/css/style-05.css” />
・・・・<!–&#91;if lt IE 9&#93;>
・・・・<script src=”http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js”></script>
<!&#91;endif&#93;–>
・・</head>
・・<body>
<h2>Barry Manilow international funclubの資格審査</h2>
・・{% if age >= 20 %}
・・・・Barry命の{{name}}さんは20歳以上なんですね。</br>
・・・・資格審査 pass
・・{% else %}
・・{{name}}さんみたいな未成人はこんなサイト見ちゃダメですよ?
・・{% endif %}

・・</body>
</html>
****************************************
<!DOCTYPE html><!– check23.html –>
<html lang=”ja”>
<head>
・・<meta charset=”UTF-8″>
・・<title>年齢確認</title>
<!– <link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”{{url_for(‘static’, filename=’style.css’)}}” /> –>
・・<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”static/css/style.css” />
</head>
<body>

・・<form action=”/” method=”post”>
・・・・<h1>Entry</h1>
・・・・<input type=”text” name=”name” placeholder=”名前” required/>
・・・・<input type=”number” name=”age” placeholder=”年齢” required/>
・・・・<button>年齢確認</button>
・・</form>

</body>
</html>
****************************************
@charset ‘utf-8’; /* <style-05.css> */
body {
・・・・background: plum;
・・・・color: firebrick;
・・・・margin-left: 2m;
・・・・margin-right: 2m;
}
****************************************
@charset ‘utf-8’; /* <style.css> */
body {
・・・・background: sandybrown;
・・・・color: darkgreen;
・・・・margin-left: 2m;
・・・・margin-right: 2m;
}
****************************************

データを入力しているところ

20歳以上の場合

20歳未満の入力

20歳未満の表示

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

5ヶ年計画Revise up(ver3.0)

Qiitaに谷CEOの記事が載ったのでそれを参考にAIエンジニアになるための道程表をリバイズアップした。有用な記事、感謝いたします。

5ヶ年計画Revise up(ver3.0)

Qiitaに谷CEOの記事が載ったのでAIエンジニアになるための道程表(5ヶ年計画)をリバイズアップした。
有用な記事感謝いたします。

layout: “post”
title: “5ヶ年計画ver3.0”
date: “2018-12-18 13:38”

AIエンジニアに最低限必要な知識
まずは、AIエンジニアに最低限必要な知識を大きく6つに分けて見ました。
ここでは、将来AIエンジニアとして業務を行うにあたり、大きく分けて6つの内容の基礎知識の全体像を把握してください。

①プログラミングスキル
– Python
– numpy、pandas、matplotlib、scikit-learn、TensorFlowやkeras

この中で特にpandasを使いこなせると良いです。
機械学習を行う上で、データ前処理が必須なのですが、データ前処理を行う上で便利なライブラリです。

②数学
– 微分、線形代数、ベクトル、行列、確率など

③統計の知識
– 標準偏差、分散、確率分布、推定、検定などなど

④機械学習の基礎知識

教師あり学習と教師なし学習
前処理、特徴量設計、学習と評価
単回帰、重回帰分析、最小二乗法、パーセプトロン、ロジスティック回帰
決定木、ランダムフォレスト、サポートベクトルマシン、K-means
ディープラーニングの実装スキル及び知識
scikit-learn
TensorFlowやKerasなどのフレームワークの知識。
scikit-learnで学習済みモデルを作るまでの流れなど。
1.データの収集とデータの前処理欠損値の補完や外れ値の削除。
2.特徴量の設計(特徴量の選択)
3.モデル開発(モデルの選択と学習)
4.モデル評価・・・交差検定、混合行列で評価など。
⑤SQLを使ってデータベースを操作する知識。
– select、insert、update、delete、where、like、limit、sum、avg、max、group by、having、order by、テーブル結合、ビュー、サブクエリ、caseなどなど。

⓺クラウドの知識
– AWSやGCPやAzureなどのクラウドインフラ回りの知識。

大きく6つもあり以外と多いなと思われたかもしれませんが、一度に全てやるのではなく、まずは①と④の2つに絞ることをお勧めします。
理由は、実際にプログラムを書き、目に見える形にすることで継続して学びやすくなるからです。
はじめに理論から入ると独学だと挫折してしまうので。

人工知能を独学で勉強するオススメの方法
必要な知識は前の節で紹介しましたが、どのようにそれらを学べば良いのでしょうか。
①から⑥を学ぶ上で、以下のような順で知識を身につけていくことをお勧めしています。

フェーズ1 pythonによる機械学習プログラミングと人工知能概論を学ぶ。
フェーズ2 機械学習プログラミング。
フェーズ3 Kaggleに挑戦。
フェーズ4 SQL、スクレイピング、クラウドなどの技術も身につける。
フェーズ5 機械学習スキルを活用してプロダクト制作をする。
フェーズ6 教える(多分これはしないと思う)。

このフェーズごとに学んでいくことがもっとも自分自身に負荷をかけず、楽しく学ぶことができると考えています。

フェーズ1ではプログラミング初学者の方を指しております。
もし、プログラミングを初めてという方は是非フェーズ1から目を通してください。

フェーズ2では実際にフェーズ1で学んだ内容をベースに、機械学習プログラミングに関する勉強方法を説明して参ります。
既にscikit-learnを使った機械学習プログラミングを行なっている方は飛ばして頂いても構いません。

フェーズ3ではKaggleといったコンペティションを通じて実践的なプログラミングを学ぶ方法を記述しています。(これもしないと思います)

フェーズ4 機械学習をやる上で、データベースからデータを取り出すことは頻繁に行われますので、SQLの知識は必須です。ここでは、SQLの他にスクレイピング(データ収集用)、クラウドなどの技術の身につけ方を紹介します。(まずはAccessから)

フェーズ5 機械学習スキルを活用してプロダクト制作に取り掛かりましょう。このレベルまで到達した方は、プロダクトを通じて学ぶことが多いです。

フェーズ6 人に教えることで自分の分かっていなかったことが明確になることがあります。なので、友人などに機械学習を教えて自分の理解を深めることもよいでしょう。

以降、6つのフェーズごとに、どのようにこれらに取り組めば良いのか、お勧めの書籍などを紹介しながら説明していきます。

# 開発環境構築

1. PCにIpython、Python、Atom設定
・AtomではPython単体でデバッグ
・WSLとemacsでWebの練習問題をコピペで開発
・WEBのTopページをデザインおよび開発
・Topページ(index.html)の下でdemo.py demo.html demo.css demo.jsを開発
・各demoxx.pyデザイン、demoxx.htmlデザイン、代表.cssデザイン
・モジュール名を標準化
・モジュール一覧表を作成

2. Git、GitHub設定ー協力者選定
・GitHubを勉強(バインダーのもの)

3. ドキュメント計画策定
・モジュール一覧表を作成
・Pythonプログラム・ジャーナル整理
・HTMLジャーナル整理
・JSプログラム・ジャーナル整理

4. 開発計画

1. Python習得計画
2. 実機練習
3. Pythonプログラミング(コマンドプロンプトとWSL上で)
4. デバッグ
5. モデル構築
6. Ipytonデバッグ(WSL上でJupyternotebook)それをAtom環境下で開発(numpy,pandasの習得)

PCにIpython、Pyton、Atom設定

– Toshiba dynabook Satellite B554/K 使用
– ドキュメンテーション
– 開発環境下でテスト
– 逐一ブログアップ

# Git、GitHub設定ー協力者選定

– GiTHub学習
– 協力者要請

# ドキュメント計画策定

– 5ヶ年計画
– 1年間のスケジュール
– 3年間のスケジュール
– 最終計画

# 読書計画

– Qiita掲載中のドキュメント精読(仕掛中)
– オブジェクト指向で何故作るのか(購入済み)
– 新しいLinuxの教科書(購入済みー実機で参照したのち熟読)
– みんなのPython(購入済みー仕掛中、早めに)
– 日経Linux(購入)
– ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装(購入済みー熟読)
– Access学習(住所録作成・MySQL Queryを中心に学習)
– Qiitaでコピペしたドキュメント勉強(仕掛中)
– (プログラミング(Python)、統計的機械学習、深層学習(Deep Learning)、機械学習のための数学、確率・統計)
– やさしく学ぶ 機械学習を理解するための数学のきほん
– Ipython Interactive Computing and Visualization Cookbook(購入済みー最後に)
– その他

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

loginをFlask下で作ってみた

ワークエリアに代入しないで2次元ディクショナリを直接参照できれば良いのだが!→解決、後日修正してここに掲載する予定である。2018/12/17完成。

loginをFlask下で作ってみた

loginの完成形が下記のリンク先でupした参照してほしい。
neverjpのぶらり日記

loginをFlask下で作ってみた。Qiitaに載っていた問題を自分なりに作ってみた。
2次元ディクショナリをPythonプログラムの中に作りidとpasswordをADRに入力しid,passwordとも一致したら画面に「success」と表示する。失敗したら「fail」と表示する。
2次元ディクショナリのキーワードの参照の仕方がわからなかったので一度ワークエリアに代入した。
問題は2番目の要素以外に「success」が表示されないで「fail」になってしまうことだ。
ワークエリアに代入しないで2次元ディクショナリを直接参照できれば良いのだが!後日修正してここに掲載する予定である。
「work_data」の代わりに「user_data[i][“id”]」にしたが結果は同じであった。結果は表示しない。
※ programの初歩的ミスで済みません。完成しました。
過去にも一度画面にCSSの属性が表示されるとそれ以降CSSを変えても元のままになってしまう現象があった。
「http://localhost:5000/login?id=hoge&pass=foo」と入力するわけである。
課題では「url_for」も使ってみよとあったが「demo18.py」にてやってみたがまだうまくいっていない。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!