令和元年年の瀬に当たって

令和最初の年を いかが過ごされたでしょうか

令和元年を終えるに当たって
この一年 新たな時代 新たな文明 新たな社会 を築いていくために
私たち一人一人がそれぞれに出来ることを着実に積み重ねてきたことを
振り返り 確認出来れば幸いです


新たな何かを生み出すためには
まず 新たな心が必要なのかもしれません
私たち一人一人の内に

その新たな心とは
  私たちの内に本来有るものではあって
忘れられ 隠されているもの...
それを「誰もが本心に基づいて選択し行動して良いんだ」
と気付き 実際にそうしていくためには それを再認識し
  新たな決意をすることが必要なのかもしれません


自分(たち)の利益だけを優先させる
そのために
  自分(たち)の「正義」を掲げ それを他人に押し付け
それを盾にし 振りかざして戦み
...それが この一年間の世界での出来事が私たちに示してくれたものでした


自分たちの利益 自分たちの正義 自分たちの...
それらを主張したり 貫こうとした時に
「自分たち」に属さない他人とぶつかり合うのは明白なことで
そして だからこそ
誰もが幸せに生きられないのも明白なことで


もう そういう考え方や行動は過去のものにしましょう
そして 慈しみに満ちた 本来の世界を取り戻しましょう

自分自身と 全ての生命の黄金のハートを 最高に輝かせましょう

自分自身と 全ての生命の素晴らしさを 最高に発揮させましょう

どの生命(存在)をも大切に思える気持ちを思い出し
誰もが 幸せを 歓びを 満ち足りた心を実感出来るように

幸せに生きたいのは 《あなた》 だけではありません

新しい年が 愛と希望に満たされた年でありますように
祈りを込めて

・・・

上の意見はその通りと思いますが、理想主義的すぎます、すべての人(国)が善人とは限りません、もっと現実を見つめて!

皆さま、良いお年を!

下記URLからコピーさせていただきました。

http://www.sathya.be/2001.html

Y.O.さんから頂いた男爵イモで作ったカレーライス、とても美味しかったです。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

引用

今日は今までに一度も使ったことがない「引用」を使用してみる!
間違ったらごめんなさい。

3−8.引用

役割 … 引用ブロックを挿入する
タグ … <blockquote>

引用	引用ボックスを挿入する

役割 … 引用ブロックを挿入する

タグ … <blockquote>

https://bazubu.com/how-to-use-gutenberg-36143.html

野性の証明カバー

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

複数のブロックを1つにまとめる?

地崎バラ園のバラ
  • 第1のブロックは画像の中を指定。
  • 第2のブロックはこのブロックで段落を指定。
  • これをテキストの範囲を指定する同じ要領で指定
  • どうなるか?

第1のブロックは画像の中を指定。
第2のブロックはこのブロックで段落を指定。
これをテキストの範囲を指定する同じ要領で指定。
どうなるか?

  • 段落1(段落4はインライン画像です)
  • 段落2
  • 段落3
  • 段落4 インライン画像用
  • 段落5
↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

再利用可能・保存と呼び出し

再利用可能なカバー画像と人気ブログ・バナーを登録した。

野性の証明カバー

野性の証明カバー

海鮮丼(かに・いくら)
海鮮丼

上の画像はフルサイズを指定

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

拡大鏡について

拡大鏡について

2019/12/27

すばらしいツールをお伝えします(どの場面でやっても通用します)

①	使うキーはキーボード一番左下のキーから右に3つ目Windowsロゴマークが刻印されている「Windows・キー」、そして「+(;)」キー、と「―」キー、と「Esc」キー

②	終了は「Windows・キー」+「Esc」キー
これで元に戻ります。

③	始まりは「Windows・キー」+「+」キー、これで100%ずつ拡大アップ

④	縮小は「Windows・キー」+「―」キー、これで100%ずつ縮小

⑤	画面での移動はポイント(ドラッグではなしに)で行う(マウスをずらすだけ)

⑥	③(始まり)をやると左上方に「拡大鏡パネル」が表示されます

⑦	パネルの「表示▼」をクリックすると
1)	全画面表示
・画面・上・下・左・右・端に近づくとその方向にスクロールします

2)	レンズ
・10㎝×6cmぐらいの虫眼鏡が現れます。ポイントをずらすと移動します

3)	固定
・画面上端5分の1のところに今カーソルがいる部分の拡大表示がされます
が選べます

⑧	一度やってみるとよいと思います

⑨	残念なことは慣れるまで拡大鏡パネルが非常に邪魔なことです
いちいちパネルのタイトルバーをドラッグで邪魔にならないところに移動させなければならないことです

⑩	時としてスタート画面が表示される時がありますが、慌てずその外側でクリックして閉じてください

⑪	虫眼鏡の下でも通常の操作は変わりません(レンズのとき)

※分からなくなったら「Windows・キー」+「Esc」キーで抜けることです
(パネルのクローズボタンをクリックしても良いです)

※「Windows・キー」+「+」キーで拡大しすぎる場合(例えば400%)は拡大鏡パネルの「―」記号をクリックすることによって縮小してください。
「Windows・キー」はシステムがいろいろな目的で使っているので細心の注意をもって扱ってください。
お勧めは「レンズ」モードでパネルを「×」(閉じる)の左の「―」(タスクバーにしまう)でタスクバーにしまっておくとパネルが煩わしくなくなります。
拡大率やモードの切り替えなどはタスクバーにレンズを移動して行います。

(No Highlighting)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

Python-HTML-CSS with Enlighter in Gutenberg

19/11/26に掲載されたプログラム群をGutenbergとEnlighterを使って再掲します。

#!/usr/bin/python3      # app.py python
# -*- coding: utf-8 -*-
# app.py
 
from flask import Flask, redirect ,request,render_template
 
app = Flask(__name__)
 
@app.route("/check")
def check():
    return render_template('check.html')
 
@app.route('/',methods=['POST'])
def index():
    my_age = int(request.form["age"])
    my_name = request.form["name"]
    return render_template('index.html',age=my_age,name=my_name)
 
if __name__ == '__main__':
    app.run(debug=True)

上のコードはPython programです。

&lt;!DOCTYPE html>      &lt;!-- check.html -->
&lt;html lang="ja">
&lt;head>
    &lt;meta charset="UTF-8">
    &lt;title>年齢確認&lt;/title>
&lt;!--    &lt;link rel="stylesheet" type="text/css" href="{{url_for('static', filename='style.css')}}" />  -->
    &lt;link rel="stylesheet" type="text/css" href="static/css/style.css" />
&lt;/head>
&lt;body>
 
    &lt;form action="/" method="post">
        &lt;h1>年齢確認&lt;/h1>
        &lt;input type="text" name="name" placeholder="名前" required/>
        &lt;input type="number" name="age" placeholder="年齢" required/>
        &lt;button>年齢確認&lt;/button>
    &lt;/form>
 
&lt;/body>
&lt;/html>

上のプログラムはHTMLです。

&lt;!DOCTYPE html>  &lt;!-- index.html -->
&lt;html lang="ja">
    &lt;head>
        &lt;meta charset="UTF-8">
        &lt;title>18禁のサイト&lt;/title>
&lt;!--        &lt;link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css" />  -->
    &lt;link rel="stylesheet" type="text/css" href="static/css/style-04.css" />
        &lt;!--[if lt IE 9]>
        &lt;script src="http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js">&lt;/script>
        &lt;![endif]-->
    &lt;/head>
    &lt;body>
    &lt;h1>射幸心を煽りまくるホームページ&lt;/h1>
    {% if age >= 18 %}
    {{name}}さんは18歳以上ですね。
    {% else %}
    {{name}}さんみたいな方はこんなHP見ちゃいけません?
    {% endif %}
 
    &lt;/body>
&lt;/html>

上のプログラムもHTMLです。

@charset 'utf-8';
body     {
    background: sandybrown;
    color: darkgreen;
    margin-left: 2m;
    margin-right: 2m;
}

上のコードはstyle.cssです。

@charset 'utf-8';
body     {
    background: violet;
    color: darkgreen;
    margin-left: 2m;
    margin-right: 2m;
}

上のコードはstyle-04.cssです。

文字が小さく見ずらい時はWindows拡大鏡をお使いください。Windows・キー + 「+」(プラス・キー)(Windows・キーはキーボード左下、左から3~4番目のキー。抜けるにはWindows・キー + 「ESCキー」を押します)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

EnlighterでPython codeを表示

アイキャッチ画像は北大旧交流プラザ(エルムの森)です。

Plugin Enlighter Sourcecodeを初めて使う!

#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-
#demo32.py sessin managed &amp; username get
from flask import Flask, redirect, request, render_template, url_for, session
 
app = Flask(__name__)
 
@app.route('/login', methods=['GET', 'POST'])
def login():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo07.html')
 
@app.route('/program', methods=['GET', 'POST'])
def program():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo03.html')
 
@app.route('/program1', methods=['GET', 'POST'])
def program1():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo04.html')
 
@app.route('/program2', methods=['GET', 'POST'])
def program2():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('index'))
    return render_template('demo05.html')
 
@app.route('/param/&lt;parameter>')
def show_user_profile(parameter):
    if 'username' in session:
        html = render_template('demo07.html',name = str(parameter))        
        return html
    return 'You are not logged in. from param processing'
 
@app.route('/reset', methods=['GET', 'POST'])
def reset():
    session['username'] = 'monkey'
    return render_template('check31.html')
 
@app.route('/')
def func():
    if 'username' in session:
        html = render_template('demo07.html',name = str(session['username']))        
        return html
    return 'You are not logged in'
 
@app.route('/check', methods=['GET', 'POST'])
def check():
    if request.method == 'POST':
        session['username'] = request.form['username']
        return redirect(url_for('func'))
    return render_template('check31.html')
 
@app.route('/',methods=['POST'])
def index():
 
    if (request.form['attr'] == 'need'):
 
        success = False
        name = request.form["username"]
        passwd = request.form["pass"]
        att1 = request.form['attr']
        my_message = "keyword処理は?"
    else:
        con1 = request.arg.get('_ControlID')
        pg1 = int(request.arg.get('_PageID'))
        act1 = request.arg.get('_ActionID')
        flg1 = request.arg.get('getFlg')
        html = render_template('demo07.html', con = con1, pg = str(pg1), act = act1, flg = flg1)        
        return html
 
    user_data = [{"id":"カリフラワー", "pass":"hanakyabetsu"},{"id":"西行法師", "pass":"masako"},{"id":"monkey", "pass":"kayochan"},{"id":"program1", "pass":"pass1"}]
 
    for i in range(0, 10):
        if user_data[i]["id"] == name:
            if user_data[i]["pass"] == passwd:
                success = True
                session['username'] = name
                return render_template('demo07.html',suc=success,name=name,pas=passwd,msg=my_message,att=att1)
            else:
                continue
        else:
            continue
    success = False
    return render_template('demo07.html',suc=success,name=name,pas=passwd,msg=my_message,att=att1)
 
@app.route('/logout')
def logout():
    session.pop('username', None)
    return redirect(url_for('func'))
 
app.secret_key = 'B0Qp89i/2xY F~XHH!jnVVLWX/,%QR'
 
if __name__ == '__main__':
    app.run(debug=True)
  • EnlighterでPython codeを表示
    Code画面の右上
  • 左(+)Open Code in new Window
    新しいWindowが開かれ大きな文字で表示
  • 中(表)Toggle RAW Code
    Line番号の表示/非表示がトグルで
  • 右(E)EnlighterJS Syntax Highlighter
    省略
51行目うす肌色で2行分ハイライトしている
51行目うす肌色で2行分ハイライトしている

51行目うす肌色で2行分ハイライトしている。カーソルをそこへもって行くと、自動的に51行目が2行にわたっている旨ハイライトする。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

固定ページではHighlight表示する

CodeMirror Blocks1.1.1,Gutenberg7.1.0,WP5.3の組み合わせで固定ページであるが色別表示(SyntaxHighlight)をした。

CodeMirror Blocks1.1.1,Gutenberg7.1.0,WP5.3の組み合わせで固定ページであるが色別表示(SyntaxHighlight)をした。GutenbergでもCodeMirror Blocksのバグでもなかった。この間変化したのは、LIQUID BLOCKSをインストールしただけ。固定ページはメニューの「トップページ」のプルダウンメニューの「CodeMirror Blocks実験」をクリックすると見ることができます。

固定ページでSyntaxHighlightしている様子
固定ページでSyntaxHighlightしている様子(ログアウト後・リドロウして後)

「コンピューター」→「ソフトウェア」 → 「言語」 → 「その他の言語」 → 「Python(Object指向)」でメニューをたどるとSyntaxHighlightされているのが分かる。

上のボタンをクリックするとHighlight表示されたページが見られます。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

Gutenberg & LIQUID BLOCKS

カバー画像としてミカンの写真を使っています。オーバーレイの色は薄いブルーを使っています。

最近の何枚かの写真を使います。

5枚の写真をギャラリーとして使いました。

長兄からの贈り物

カバー画像としてミカンの写真を使っています。オーバーレイの色は薄いブルーを使っています。

音楽ファイルを挿入しています。ヘレンシャピロの「悲しき片思い」です。

↑当記事の作成に当たっては上のリンクの記事を参照しました。
LIQUID BLOCKSは無料
LIQUID PRESSは有料

函館塩ラーメン五稜郭の塩ラーメンといかめし

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

冬至カボチャ

盛り付けの終わった冬至カボチャ
盛り付けの終わった冬至カボチャ

20日にY.O.さんから頂いた「くりあじカボチャ」を今日(冬至)家内が煮付けて器に盛ったところです。

カボチャを煮付けている様子
カボチャを煮付けている様子

家内がカボチャを煮付けている様子

北海道恵庭で採れた大きなカボチャ
北海道恵庭で採れた大きなカボチャ

カボチャはほくほくして美味しかった。体があったまった。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!