読売書法展

読売書法展

先日会社の元同僚の読売書法展入選作の書を鑑賞に
乃木坂の国立新美術館に行ってきた。
今回は7度目の入選との事で篆(てん)書体での入選であった。
入選作はそれは立派なもので家内ともども感心させられた。
写真中央がそれであるがその書に圧倒された。

書法展の入口

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

投稿者: 管理者

大学で工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です