行動展

芽キャベツを題材として色調が全体的に明るくて紫色が印象的なとても爽やかな油絵であった。

行動展

家内の親友であるS.Y.さんの絵画・彫刻の展覧会「行動展」国立新美術館で開催。を鑑賞してきた。
絵画は抽象画が多い中、具象画であった。
芽キャベツを題材として色調が全体的に明るくて紫色が印象的なとても爽やかな油絵であった。
素晴らしい作品である。
一通り他の絵も鑑賞したあと美術館にあるカフェで休んでから家路についた。
充実した一日になった。

国立新美術館内カフェ

行動展入り口


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

投稿者: 管理者

大学で工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です