AI(機械学習)の納品

検証とは、検証データに対する結果をみることではなく、仮運用をはじめた後に得られる結果を見ることである。

AI(機械学習)の納品

「検証とは、検証データに対する結果をみることではなく、仮運用をはじめた後に得られる結果を見ることである」
そのため、お客様と考えていくべき納品フローはこのようになります。

機械学習案件を納品するのは、そんなに簡単な話じゃないから気をつけて
を参照。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

投稿者: 管理者

大学で工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です