Vermeer展

いい絵を見ると心が豊かになった気がする。フェルメールの生涯35点のうちの9枚が一堂に会した。

Vermeer展

先日上野の森美術館で開催中の「フェルメール展」に行ってきた。
人気絵画展ということもあって約20分待ちということであった。
今回は「赤い帽子の娘」が本邦初公開であった。
ちいちゃい油絵であった。
フェルメール展は10年ぶりの鑑賞であった。
その時は「真珠の耳飾りの少女」が公開されて惹きつけられた。
今回は「牛乳を注ぐ女」が目玉だった。
いい絵を見ると心が豊かになった気がする。
フェルメールの生涯35点のうちの9枚が一堂に会した。
小一時間鑑賞したのち昼食をとって家路についた。

立て看板

フェルメール展を示す看板

ミニ海鮮丼

ミニ海鮮丼と盛そばセット

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です