WSLでFlaskを走らせる

WSLでFlaskが使えるかテストしてみた。問題なく動いたが注意したい何点かある。以下箇条書きにしたので参照願いたい。約2日間でデモぐらいまでに至った。

WSLでFlaskを走らせる

WSLでFlaskが使えるかテストしてみた。問題なく動いたが注意したい何点かある。以下箇条書きにしたので参照願いたい。約2日間でデモぐらいまでに至った。

① 前提としてWSLにPython3,Pip3,Flask,nkf,Vimがインストールされているものとする
② Python2は全角文字が使えないから注意が必要
③ Flaskはlocalhost上でHTML、CSS、Python、JSが連携して動く
④ Windows上でエディター(秀丸、TeraPadなど)を使って編集しその後USBメモリーに落としたものをWSL上に転送しnkfを使ってShift-JISをUTF-8に変換する
⑤ ソースの修正はWSL上でVimを使って行う
⑥ ディレクトリ構造はflaskをルートにtemplates,staticその下にcss,js,imagesを配置する
⑦ flaskフォルダーには.pyモジュールを置きtemplatesフォルダーには.htmlファイル、cssフォルダーには.cssモジュール、jsフォルダーには.jsモジュール、imagesフォルダーには.jpg、.gif、.pngなどのモジュールを入れる
⑧ ④マウントの仕方
$ sudo mount -t drvfs f: /mnt/usb/
fドライブにUSBメモリーをマウントする
$ cp -r /mnt/usb/demo01.* ./
USBメモリーのdemo01と付いたモジュールをWSLのカレントディレクトリに転送する
$ cp -r /mnt/usb/main.js ./
USBメモリーのmain.jsをカレントディレクトリに転送する
$ mv main.js static/js/
カレントディレクトリ上のmain.jsモジュールをstatic/jsフォルダーに転送する
⑨ Shift-JISのモジュールをUTF-8にコード変換する(WSL上で)
$ nkf -w < demo01.py > demo01utf.py
変換後demo01.pyにリネームしておく
⑩ demo01の実行の仕方
~/flask$ python3 demo01.py

「pythonのフレームワークのflaskを触ってみた。」を参照させていただきました。

pythonのフレームワークのflaskを触ってみた。

次の写真をはっきり見るにはneverjpのぶらり日記へ

JSアラート


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です