WSLへmssqlをインストールしてみた(失敗)

mssqlのwebsiteではWSLはサポートしていないと書いてあったが、無理して私のPC環境にインストールしてみたが、見事にけられた。

 

WSLへmssqlをインストールしてみた。
mssqlのwebsiteではWSLはサポートしていないと書いてあったが、無理して私のPC環境にインストールしてみたが、見事にけられた。
余計な時間を使ってしまった。見かけ上はインストールは成功に見えたのだが。

****************************
SQL install to Ubuntu on WSL
****************************
Ubuntu 18.04 にツールをインストールします。
SQL Server をインストールします。
Ubuntu で SQL Server を構成するには、ターミナルで次のコマンドを実行し、mssql-server パッケージをインストールします。

wget -qO- https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add –
Microsoft SQL Server の Ubuntu リポジトリを登録します。

sudo add-apt-repository “$(wget -qO- https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/18.04/mssql-server-2017.list)”

上ではなしにプレビューを試したいときに。

sudo add-apt-repository “$(wget -qO- https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/18.04/mssql-server-preview.list)”

SQL Server をインストールするには、次のコマンドを実行します。

sudo apt-get update
sudo apt-get install -y mssql-server

パッケージのインストールが完了したら、mssql-conf setup の実行後に、SA パスワードの設定とエディションを選択する指示に従います。

sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf setup

SA アカウントは強力なパスワードを指定していることを確認してください。(最小長さが 8 文字で、大文字と小文字のアルファベット、10 進数の数字や英数字以外の記号を含む)。

構成が完了したら、サービスが実行されていることを確認します。

systemctl status mssql-server

**********************************************************

1.パブリック リポジトリの GPG キーをインポートします。

curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add –

2.Ubuntu の Microsoft リポジトリを登録します。

curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/18.04/prod.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/msprod.list

3.ソースの一覧を更新して、unixODBC 開発者のパッケージをインストール コマンドを実行します。

sudo apt-get update
sudo apt-get install mssql-tools unixodbc-dev

注意:最新バージョンに更新するmssql ツール次のコマンドを実行します。

sudo apt-get update
sudo apt-get install mssql-tools

4.省略可能な: 追加/opt/mssql-tools/bin/をパスbash シェル内の環境変数。させるsqlcmd と bcpログイン セッションでは、bash シェルからアクセス可能な変更、パスで、 ~/.bash_profile次のコマンドでファイル。

echo ‘export PATH=”$PATH:/opt/mssql-tools/bin”‘ >> ~/.bash_profile

させるsqlcmd と bcp対話型/非ログイン セッションでは、bash シェルからアクセス可能な変更、パスで、 ~/.bashrc次のコマンドでファイル。

echo ‘export PATH=”$PATH:/opt/mssql-tools/bin”‘ >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

**************************************************
CREATE DATABASE TestDB
SELECT Name from sys.Databases
GO
USE TestDB
CREATE TABLE Inventory (id INT, name NVARCHAR(50), quantity INT)
INSERT INTO Inventory VALUES (1, ‘banana’, 150); INSERT INTO Inventory VALUES (2, ‘orange’, 154);
GO
SELECT * FROM Inventory WHERE quantity > 152;
GO
sqlcmd コマンド プロンプトの終了
QUIT
****************************************************
エラーメッセージは
****************************************************
Sqlcmd: Error: Microsoft ODBC Driver 17 for SQL Server : TCP Provider: Error code 0x2749.
Sqlcmd: Error: Microsoft ODBC Driver 17 for SQL Server : A network-related or instance-specific error has occurred while establishing a connection to SQL Server. Server is not found or not accessible. Check if instance name is correct and if SQL Server is configured to allow remote connections. For more information see SQL Server Books Online..
人気ブログランキングへ←人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

投稿者: 管理者

大学で工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です