Flaskを使って今まで学習したこと

今まで学習したこと

2019/01/03

① FlaskをWSLにインストールする
② ディレクトリはflask(/)、templates、static、css、images、jsからなる。
③ Python Programの中で「app.route(‘/’)改行def index()」でデコレータ。
④ render_templateをimportすることでrender_template(‘demoxx.html’, name = ‘吉田’)をコーディングすることでnameパラメータによりhtmlファイルにデータを渡せる。
⑤ Python Programの先頭付近でapp = Flask(__name__)、最後にif __name__ == “__main__”改行、app.run(debug=True)を指定する。
⑥ demoxx.htmlの最後ででjsを呼び出せる。
⑦ js内のalertでdialogMSGを表示させられる。
⑧ requestのimportでwho = request.args.get(“who”)をコーディングすることによりADR領域に/?who=xxxxxxをタイプインすることで.pyにて受け取れる。
⑨ return “yyyy”で画面にyyyyを表示できる。return whoでwhoの内容が表示される。
⑩ htmlの中で{% if name %}のように書くことで制御文が構成できる。{% else %}等。
⑪ ADR領域にパラメータが複数ある時には&をデリミターにすることができる。
⑫ url_for、redirectを使ってreturn redirect(url_for(“func”))とコーディングすることにより(‘/’)で入ってきてもfuncにリダイレクトできる。
⑬ html= “””と“”“ return htmlでPythonプログラムの中にhtmlファイルを含めることができる。
⑭ formの中にtype=”text”とすると入力がテキスト形式、passwordとすると入力が伏字になって「・・・」のようになって画面には表示されない。placeholder=”名前”のようにすると入力マスに薄い字で「名前」と表示される。
⑮ Python Programの中でcheckxx.htmlを呼びmy_email = request.form[“emel”]としreturn render_template(‘indexxx.html’,age=my_age…,eml=my_email,…)とすればデータの入力および結果の表示ができる。
⑯ 二次元ディクショナリのコーディングはif user_data[i][“pass”] == passwdのようにする。[i]のiはループカウントになる。
⑰ session管理はdemo29.py(demo28.py)のようにすればよい。

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です