オブジェクト・データ・メソッド

Pythonでは、オブジェクトに続けてドットを打ち、その後にメソッドを続ける。Pythonで扱うデータはすべてオブジェクトである。

オブジェクト・データ・メソッド

2019/5/21

—————————————————————————————————
name = “Pablo Diego Jose Francisco de Paula Juan Nepomuceno Crispin Crispiniano de la Santisima Trinidad Ruiz Blasco Picasso y Lopez”
print(name)
name.index(“Picasso”)
name.count(‘o’)
“ABCDE”.lower()
—————————————————————————————————

① 「name」という名前の入れ物に画家ピカソの本名を入れる
② 入れ物にアルファベットが正しく入っているか表示する
③ nameは文字列を保存しているだけではなく特別な機能を持っている
④ name自体が関数のような命令を持っている
⑤ nameがもつピカソの名前の何文字目に「Picasso」が含まれているか
⑥ nameは単なるデータではない
⑦ nameという変数はその中のデータに対して処理を行う関数のようなものを持っている
⑧ index()は関数に似ているが、nameというデータを引数のように扱って処理を行う、という点では関数と違っている
⑨ Pythonで扱う文字列のようなデータは、ただのデータではなく、データと合わせて命令も持っている
⑩ データと命令をセットで持つもののことをオブジェクトと呼ぶ
⑪ オブジェクトがもっている命令のことをメソッドと呼ぶ
⑫ nameという入れ物は、データを持っていてメソッドも持っているので、オブジェクトの例
⑬ Pythonでは、オブジェクトに続けてドットを打ち、その後にメソッドを続ける
⑭ nameという入れ物のことを文字オブジェクトと呼ぶ
⑮ “ABCDE”.lower()→文字列定義自体もオブジェクトである
⑯ Pythonで扱うデータはすべてオブジェクトである

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

投稿者: 管理者

大学で工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です