AtomとPycharm

Atomで作ったPython ProgramをPycharmでデバッグ及び印書する

190623AtomとPycharm

Atomで作ったPython ProgramをPycharmでデバッグ及び印書する

① Atomで「elif」のエラーになった件をPycharmで実施する
② Atomでsrc(Python)までopen Project
③ Pycharmを走らせる
④ 「File」で「NewProject」Pythonを作成する
⑤ 「File」で「New…」をクリック
⑥ 「elif01.py」を作成(するとAtomのパスが表示される)*1
⑦ 「File」で「New…」をクリック
⑧ Python Fileをクリック(メニューの)
⑨ 「operator01.py」(ファイル名を入力)
⑩ Codeを入力
⑪ 「Run」をクリック
⑫ 「Ctrl+s」保存
⑬ Atom側にも反映されている
⑭ Atom Hydrogenを利用(debug可)
⑮ Pycharmで印刷可能
*1:Pathがsrcまで正常になっていなければ左ペインで指定し直す

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

投稿者: 管理者

大学で工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です