Pycharmでのdemoプログラム

190623Pycharmでのdemoプログラム

① Atom下での「elif」の文法エラーによってWSL環境下でのPythonProgramの開発をまず考えた。
② これだとemacsなどの使用を考えなくてはならない。
③ また、モジュールの転送も面倒である。
④ そこでPycharmでの開発を考えた。
⑤ テストプログラムの実行を試みた。
⑥ 普通のプログラムはうまくいったが「Flask」を使用したプログラムはエラーとなった。
⑦ そこでPycharm環境下へ「Flask」のインストールを考えた。
⑧ 途中からのインストールは「ctrl」 + 「alt」+ ‘s’を行ってモジュールを指定すればよいことが分かった。
⑨ こうして「Flask」をPycharm環境下にインストールした。
⑩ まず「demo09.py」を実行した。うまくいった。
⑪ 次に「demo32.py」(login)など「Flask」のインポートを行うプログラムを実行した。
⑫ ⑪はうまくいった。
⑬ 今後はPycharm環境でAI以外の開発を行い特に「SQL」関係を開発することにした。
⑭ Pythonの「elif」が「Atom」でなぜエラーになるのかを解決したい。
⑮ 「Atom」「WSL」「Pycharm」をうまく使って、AI関連の開発につなげたい。

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

投稿者: 管理者

大学で工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です