WSLでの和暦→西暦プログラムの実行

WSLでの和暦→西暦プログラムの実行

①Library→USBメモリー
②USBメモリ-→WSLのディレクトリに
③S_JIS→UTF-8
④Python3の実行(elif07.py)
⑤元号、数字、年(全角)の入力
⑥デリミターは半角(または全角)
⑦数字も半角(または全角)
アイキャッチ画像を参照ください。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です