PowerShellを使ってのデバッグと実行

190712

PowerShellを使ってのデバッグと実行

① PowerShellを走らせる
② 「mkdir cgi-bin」でフォルダを作成する(PS)
③ Pythonのプログラムをエディタで作成する(UTF-8)
④ ②で作ったフォルダに出力する
⑤ 「python -m http.server –cgi」を入力する(PS)
⑥ ブラウザーを立ち上げADRフィールドに「localhost」のURLを入力する
⑦ デバッグする
⑧ 正常に動作したらFTPでプログラムをアップロードする
⑨ 「/sample/wareki.py」を入力する
⑩ アイキャッチ画像のような画面で操作する
・入力エリアに「明治」~「令和」を入力する
・1スペース開ける(半角・全角)
・年号を数字で入力する(範囲チェックはしていない)(半角・全角)
・ただしマイナスの数値は半角のみ
・1スペース開ける(半角・全角)
・「年」を入力する(省略可)
・「Enter」または「西暦変換」をクリックする
・「元」年はだめ「1」を入力する
・先頭にスペースを入れても可
・「昭和 100 年」も可
⑪ PowerShellは「cd」、「ls」、「mkdir」、「pwd」etcのLinuxコマンドが使える
⑫ PowerShellではWSLと同様「↑」、「↓」で過去入力した「コマンドライン」が表示され二度打つ必要がない。これもLinuxと同じ。
⑬ 但し「-a」などのパラメータは使えない

以下のリンク気楽にクリックしてお使いください。
和暦→西暦プログラム
西暦→和暦プログラム

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です