ディクショナリ別解とその他のメソッド

先日の例の処理は、get()メソッドを使えば、ずっと短く、よりすっきり書けます。get()を使うと、キーが存在しなかったときに0を返すような処理を1行で書くことができます。そのため、if文の3行のブロックを書かなくてよくなるのです。

190729

ディクショナリ別解とその他のメソッド

① 先日(7月24日)の例の処理は、get()メソッドを使えば、ずっと短く、よりすっきり書けます。get()を使うと、キーが存在しなかったときに0を返すような処理を1行で書くことができます。そのため、if文の3行のブロックを書かなくてよくなるのです。
② ディクショナリに登録されているキーの一覧を返します。
③ get(キー[, 値])
④ ディクショナリからキーに割り当てられた値を返します。
⑤ ディクショナリに登録されているキーと値をペアにしたタプルを、リストにして返します。
⑥ ディクショナリに登録されている値の一覧を返します。
⑦ ディクショナリを引数で上書きします。

ディクショナリとそのメソッド

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

投稿者: 管理者

大学で工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です