inを使ってオブジェクトの要素を調べる

比較演算子のinは、文字列やリストなどシーケンス型の要素を検査のために利用される演算子です。

190801

inを使ってオブジェクトの要素を調べる

比較演算子のinは、文字列やリストなどシーケンス型の要素を検査のために利用される演算子です。
① 文字列の中に「brain」という文字列が含まれるか。
② wordcountという辞書に「nThailand」というキーが含まれるか。
③ wordcountという辞書が存在するか。
④ Pythonでは以下のような組み込み型のオブジェクトをbool値として評価したときにTrue(真)と評価します。
☑ 0以外の数値
☑ 長さのある文字列(空でない文字列)
☑ 要素を持つ、リストやタプルのようなシーケンス
☑ 要素を持つディクショナリ
⑤ 以下のような組み込み型のオブジェクトをbool値として評価したときにFalse(偽)とします。
☑ 数値の0
☑ 空の文字列(空の文字列は「””」として定義できます)
☑ 空のリストやタプル(空のリストは[]として定義できます)
☑ 空のディクショナリ(空のディクショナリは{}として定義できます)

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

投稿者: 管理者

大学で工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です