関数と組み込み型・関数でキーワード引数を受け取る

imgタグのアトリビュートをすべて引数として定義するのは大変です。そこで、未定義のキーワード引数を受け取る引数を定義して、処理することにします。

190903

関数と組み込み型・関数でキーワード引数を受け取る

HTMLの画像を表示するタグを出力する関数を作るとします。画像を表示するためのimgタグには、画像のパスや横幅、画像の代わりに表示するための文字列(alt)など、いろいろな種類のアトリビュートがあります。imgタグのアトリビュートをすべて引数として定義するのは大変です。そこで、未定義のキーワード引数を受け取る引数を定義して、処理することにします。
関数の引数argに代入されるのはディクショナリです。ディクショナリのキーと値には、関数呼び出しのキーワード引数の内容が登録されています。ディクショナリのkey()メソッドを使ってキーの一覧を取り出し、ループを組みます。ループの中では、キーと値をフォーマット文字列を使って文字列に変換し、戻り値として返す変数に結合しています。
img_tag()というタグを呼び出すと、imgタグの内容を変数に代入できます。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です