ファイル操作(文字列データの場合)

ファイル操作(文字列データの場合)

以前、イメージファイル操作について述べた。
例えばフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の表示などである。
ここではもっと単純な文字列の書き込み、読み出しの例をAtom・Hydrogen、PyCharmで表示する。
‘w’は何度同じものを書き込んでも同じデータが書き込まれる。
‘a’にするとファイルの終わりに追加される。
単純だがPythonの基本なので取り上げた。

書き込んだデータ

ファイル操作・PyCharmの場合(書き込み)

ファイル操作・PyCharmの場合(読み出し)


↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です