CSファイナル完敗

パ・リーグ王者の西武辻発彦監督は、がっくり肩を落とし引き揚げる。

CSファイナル完敗

日本シリーズ進出を逃したパ・リーグ王者の西武辻発彦監督は、がっくり肩を落とし引き揚げる。
敗軍の将兵を語らず。
CSファイナルは第一戦、ニールがマウンドを降りた時点、西4-3ソになったところ、平井投手を下したことで、このシリーズの趨勢が決まった。
平良投手はあまりに経験不足だった。長谷川選手に直球を続けて痛打された。
この一戦を取って2勝0敗になっていれば、これ以降違った展開になったと思う。
辻監督の判断ミスだと思う。
これで今シーズンは終わった。
来年投手陣を整備して巻き返そう!がんばれ辻監督!
(写真はネットより借用)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です