PowerShell_ISEを使ってみた

ちょっと迷っている。それは、今までのPowerShellがWindows用だけであったのに対して、PowerShell core 6.0以降がWindowsだけでなくLinux、MacOSにも対応しているからである。

PowerShell_ISEを使ってみた

Windows PowerShell ISE(Integrated Script Environment)を使ってみた。
ちょっと迷っている。それは、
今までのPowerShellがWindows用だけであったのに対して
PowerShell core 6.0以降がWindowsだけでなくLinux、MacOSにも対応しているからである。
普通のWindowsPowerShellが新規開発を行わずにBugのみに対応するのに対して、
coreの方はこれからずっと新規機能にも対応する。
しかし、coreの方は日本語文書もまだ出回っておらず反対にPowerShellの方は豊富に出回っている。
私はLinuxの方はWSLで使うがその他はWindowsだけで今のところ十分である。
そこで見切り発車して今までのWindows PowerShell_ISEで開発することとした。
アイキャッチ画像は
①通常の配列を使った例
②パイプを使ってForEach-Objectにて配列で①と同等の処理を行った例です。
・変数は数値や文字列を一時的に保存する箱のようなもの。
・ForEach-Objectを使うと配列の全要素に対して処理をするスクリプトをシンプルに書くことができます。

ForEach-Object(配列処理)


↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です