学校計算ドリルテストその3・操作手順

学校計算ドリルテストその3(手順)

学校計算ドリルテストその3

当プログラムは自己責任でお使いください。

※本プログラムをご利用の方はお問い合わせフォームより「学校計算ドリルテスト」希望の旨、メールアドレスを記入し申し込んでください。折り返し本プログラムを添付し送らさせて戴きます。「種別」は「活動に関するお問い合わせ」でお願いします。

本プログラムを使用したいかなる結果も当サイトでは責任を負いかねます。
プログラムの改変は各自の自由です。
第3者への配布も自由ですがそれによる結果についても当方は責任を負いかねます。
またいかなるサポートも致しません。
四則演算でマイナスになることはありません。(マイナス結果を考慮する改変大歓迎!)

各画面間の説明は上の画面の説明です。下の画面の説明ではありません。(上の画面とちょっと離れていますが間違わないでください。)

手順
①resetボタンを押してください
②表示されたら実行を押してください(何も表示されてなくても)
③Listに自分の名前があったらそれをクリックしてください
④赤の×をクリックしてください(パネルをクローズするという事)

上記オペレーションは違和感があるでしょうがその通りにしてください

画像による手順

191112data1

プログラム・アイコンをダブルクリックすると表示される。

191112data2

「reset」ボタンをクリックしたとき表示されるパネル。

191112data3

「実行」をクリックすると名前一覧表が表示される。

191112data4

名前をクリックしたのち*1✖をクリックすると追加登録が表示される。

191112data5

前の画面で「yes」の時あらかじめ入っている名前を削除後登録したい名前・番号・小学校名ラジオボタン複数の時「登録継続」をクリック1件だけの時「登録終了」をON。

191112data6

加減乗除を選択後実行をクリック。

191112data7

桁数を選択後実行をクリック。

191112data8

この後問題が表示される。(10問)

191112data9

答えを入力。

191112dataa

「check」ボタンをクリック。正誤が表示される。

191112datab

正答数8が入っている。

191112datac

「sheet2」のタブをクリック⑩正答数8が入る。

191112datad

「sheet1」に戻る。

191112datae

「reset」ボタンをクリック。

191112dataf

「実行」をクリック。名前一覧表に「data5」で入力した「吉田康生」が表示されている。

191112datag

✖で抜けると「追加?」いいえをクリック。

191112datah

今回は登録しません。OKをクリック。

191112datai

四則演算を選択。

191112dataj

問題が表示される。

191112datak

解答入力後「check」ボタンをクリック。全問正解、OK*2

191112datal

「sheet2」をクリック。

191112datam

吉田康生の欄に正答数10が入っている。
*1 名前をクリックすると自動的に「sheet2」が開く。
*2 「sheet2」をクリックし確認→「sheet1」をクリック「reset」ボタンをクリック。

入力のカレントポインターは「K1」(黄色の部分)にありまあす、この数値を変えていただければNEXT LINEポイントになります。「K1」は絶対に4以上にしてください。そうでなければヘッダー部分が破壊されます。(この時はオリジナルファイルからやり直しになります)

このプログラムの中身を見るには「ファイル」、「オプション」、「リボンのユーザー設定」、「(開発)にチェックを入れてOK」メニュー・バーに「開発」の文字が入ってから実行してください。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です