PyCharm Version Up(19.2)

PyCharm Version Up(19.2)

PyCharmのバージョンアップを行った。
Ver18.3→Ver19.2である。
WSLで作ったFlaskもAtomで作ったPython Programも皆、PyCharm上で動く。
将来的にはSQLiteも動かす予定だ。

# -*- coding: utf-8 -*-
print("例:明治 42 年")
S = input("和暦:")

syear = 0
print(S.split())
items = S.split()
year = int(items[1])

if items[0] == "明治":
    syear = 1867 + year
elif str(items[0]) == "大正":
    syear = 1911 + year
elif items[0] == "昭和":
    syear = 1925 + year
elif items[0] == "平成":
    syear = 1988 + year
elif items[0] == "令和":
    syear = 2018 + year
else:
    print(items[0],"Error")

print("西暦",str(syear),"年")

これは和暦→西暦変換プログラムである。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です