拡大鏡について

旭山動物園キジの檻
拡大鏡について

2019/12/27

すばらしいツールをお伝えします(どの場面でやっても通用します)

①	使うキーはキーボード一番左下のキーから右に3つ目Windowsロゴマークが刻印されている「Windows・キー」、そして「+(;)」キー、と「―」キー、と「Esc」キー

②	終了は「Windows・キー」+「Esc」キー
これで元に戻ります。

③	始まりは「Windows・キー」+「+」キー、これで100%ずつ拡大アップ

④	縮小は「Windows・キー」+「―」キー、これで100%ずつ縮小

⑤	画面での移動はポイント(ドラッグではなしに)で行う(マウスをずらすだけ)

⑥	③(始まり)をやると左上方に「拡大鏡パネル」が表示されます

⑦	パネルの「表示▼」をクリックすると
1)	全画面表示
・画面・上・下・左・右・端に近づくとその方向にスクロールします

2)	レンズ
・10㎝×6cmぐらいの虫眼鏡が現れます。ポイントをずらすと移動します

3)	固定
・画面上端5分の1のところに今カーソルがいる部分の拡大表示がされます
が選べます

⑧	一度やってみるとよいと思います

⑨	残念なことは慣れるまで拡大鏡パネルが非常に邪魔なことです
いちいちパネルのタイトルバーをドラッグで邪魔にならないところに移動させなければならないことです

⑩	時としてスタート画面が表示される時がありますが、慌てずその外側でクリックして閉じてください

⑪	虫眼鏡の下でも通常の操作は変わりません(レンズのとき)

※分からなくなったら「Windows・キー」+「Esc」キーで抜けることです
(パネルのクローズボタンをクリックしても良いです)

※「Windows・キー」+「+」キーで拡大しすぎる場合(例えば400%)は拡大鏡パネルの「―」記号をクリックすることによって縮小してください。
「Windows・キー」はシステムがいろいろな目的で使っているので細心の注意をもって扱ってください。
お勧めは「レンズ」モードでパネルを「×」(閉じる)の左の「―」(タスクバーにしまう)でタスクバーにしまっておくとパネルが煩わしくなくなります。
拡大率やモードの切り替えなどはタスクバーにレンズを移動して行います。

(No Highlighting)

文字が小さく見ずらい時はWindows拡大鏡をお使いください。Windows・キー + 「+」(プラス・キー)(Windows・キーはキーボード左下、左から3~4番目のキー。抜けるにはWindows・キー + 「ESCキー」を押します)
Enlighterのコードは窓の右上アイコンの「<>」を押すと明るい表示になります。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です