PCR全数検査

2020/04/01現在PCR検査数

3月22日の私のブログで「PCR検査は今まで19,000件弱ですが他国のように闇雲にやっても意味がないです。医療機関に多数受診希望者が集まって、結果として軽症者がベッドを占有することになり,ヨーロッパの二の舞になってはならないからです。今回のウイルスは若者に軽症者が多く見られ、高齢者、基礎疾患のある人に重症例が多く見られます。私は今の検査方針に賛成です。」という趣旨のコメントを書きました。これは感染者が比較的少ない前期で当てはまることで、感染がある程度進んだ段階では積極的なPCR検査に移行すべきだと私は考え方を修正いたします。済みませんでした。またこのことは「日本人は民度が高い」といったこととも矛盾しません。この感染症は国民の70%の人が感染しないと収束しないといわれることから感染者が日本の医療崩壊させないような推移で行くことを望みます。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です