国別感染者数増加傾向グラフ

国別期間別感染者数の推移を示す表とグラフ

国別期間別感染者数の推移を示す表とグラフ

不正確であるが国別感染者数増加傾向グラフを描画した。スペインなどが0の数値になっているところもあるが国別の感染者数のある期間における増加傾向は分かると思う。現在はアメリカの感染者数の増加が著しい。中国、韓国、日本のグラフがほかの国と比べて低くなっているが、この間ヨーロッパ・アメリカの国々の伸び率が大きくなっているせいである。最近、日本の場合は急カーブで大きくなっている。行動変容を劇的に変えない限り西浦先生の予測値が当たってしまう。20代~40代の人たちの一層の努力を促したい。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です