西武対楽天20回戦

楽天則本が1球に泣き6試合白星なし「悔しい」

楽天則本が1球に泣き6試合白星なし「悔しい」

201027西武対楽天20回戦

<西武4-3楽天>◇27日◇メットライフドーム

楽天のエース則本昂大投手が1球に泣いた。2点リードの5回1死二、三塁。西武森に150キロ直球をバックスクリーンへ運ばれた。逆転3ランに両膝へ手をつき、うなだれた。今季最多130球で7回4失点(自責3)。6敗目で自身6戦白星がない。「悔しい1発になってしまった。火曜を取りたかったので何とかしたかった」。チームは両リーグワーストとなる30度目の逆転負けとなった。

▽楽天三木監督(今季30度目の逆転負けに)「緊迫した状況では1つのプレーが大きな意味を持ってくる。しょうがないですまさずに原因を突き詰めていかないといけない」

西武対楽天 勝利しタッチを交わす西武の増田(左)と森
西武対楽天 勝利しタッチを交わす西武の増田(左)と森

西武対楽天 勝利しタッチを交わす西武の増田(左)と森

西武増田達至投手が2年連続30セーブ達成した。1点リードの9回のマウンド。無失点で抑え節目のセーブを記録した。増田は「自分ひとりで達成できるものではないので、監督はじめ打者の皆さん、先発投手、中継ぎ陣に感謝したいです。残りシーズンわずかですが、これからもチームに貢献していきたいです」と、2ゲーム差に迫った2位浮上に全力を尽くす。

▽西武増田2年連続30S「これからも貢献したい」

20/10/28 23:00現在クリンチナンバー
20/10/28 23:00現在クリンチナンバー

(文・写真ともネットより借用)

20/10/28 23:00現在クリンチナンバー

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

投稿者: 管理者

大学の工学部電気工学科演算工学講座で学び卒業論文で「小型コンピューターのオペレーティングシステム(ジョブの連続処理)」を書いた。卒業してコンピューター会社に入社し以来コンピューター一筋SE、SAとして働いた。退職後趣味でWeb開発をしている。現在、AIに興味を持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です