会社編

【会社編】

最近日本ではふつうになったようですが、社員がレイオフされる時は会社の方でジョブフェア―というものをやってくれます。ホテルの一室に会社の人事担当者を集め、面会させます。それぞれの社員が履歴書を持って集まるのですが、米国の履歴書がこれまた面白い。日本の履歴書は学歴を含めて古い順に職歴を書くのが普通ですが、米国では新しいもの順に書きます。今何をやっているのかが重要で、ここでも米国の合理性が垣間見られます。私は同僚のために書類を持って各社の人事担当者と折衝しました。

会社で働いていた時ソーシャルセキュリティナンバーを取得させられました。社会保障番号(しゃかいほしょうばんごう、Social Security number, SSN)は、アメリカ合衆国において市民・永住者・合衆国法典における社会保障法(the Social Security Act)205条C2に記載された外国人就労者に対して発行される9桁の番号です。連邦政府の社会保障局によって個人に対してそれぞれ発行されます。もともとは徴税用の個人特定が目的であったのですが、近年は事実上の国民識別番号となっています。私は引っ越しの時紛失してしまい、今は持っていません。

*出典はWikipediaです。

f:id:neverjp:20120613160317j:image

米国Sperry UNIVACのMCO、アーヴァインオフィスのロビーにて

f:id:neverjp:20120613160234j:image

オフィスの私のブース

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!