MINIコンピューター

MINIコンピューター

当時としては小型であったが、現代のパソコンなどと比べればかなり大きいかったです。 小さめのミニコン本体で家庭用冷蔵庫の半分くらい、大きめミニコン本体では家庭用冷蔵庫よりも大きいものもありました。磁気テープ装置、拡張ハードディスク、各種入出力装置などを加えると、より大規模になりました。

1960年代に登場したディジタル・イクイップメント社 (DEC) のPDPシリーズ(特にPDP-8)でミニコンピューター (ミニコン) という分野が築かれ、PDP-8やPDP-11はミニコンの代表的なものとなりました。

当初は、主に科学技術計算などの専門分野での演算業務や、工場などの各種機器や通信の制御を行うために利用されました。次第に高性能化・高機能化が進み、メインフレームからの置き換えをまかなえるようになり、いわゆるダウンサイジングに影響しました。またミニコンの多くは仕様を公開し、UNIXのようなサードパーティによるシステムソフトウェアの拡充と普及など、オープンシステム化にも影響しました。

1970年代後半に登場した、32ビットアーキテクチャの高性能・高機能なミニコンは「スーパーミニコンピューター(スーパーミニコン)」と呼ばれました。

ミニコンピューターは欧米では単に “mini” とも呼ばれました。様々なコンピューターを最も大型なもの(メインフレーム)から 最も小型のもの(マイクロコンピュータ)まで並べたとき、ちょうど中間に位置するマルチユーザーコンピューターを指しました。現在では、”mini”という用語が使われることは少なく、ミッドレンジシステム(IBMでの用語)やワークステーションあるいはサーバーと呼びます。