Perl

CGI

(Common Gateway Interface)

サーバーに対して計算やプログラムの実行を依頼し、その結果をWebブラウザに表示するために用いる仕組みです。CGIを使うためにはサーバー側にPerlやC言語などで作成したプログラムを用意します。Webページの来訪者数の累計を取るアクセスカウンターや意見を書き込む掲示板、データベースなどはCGIの代表的な利用例です。ほかにもショッピングカート、問い合わせフォーム、アクセス解析なども同様です。これはWebサーバーに処理用のCGI プログラムが置いてあり、必要に応じてブラウザからWebサーバーへアクセスすると、これに応えてCGIプログラムが処理します。処理結果はWebサーバーからブラウザに送られて表示されます。このようにCGIはWebサーバーで実行されるのでサーバーに負担がかかります。そのため、プロバイダの個人用WebページでCGIを利用するには制約も多く、限られたものしか利用できないこともあります。

Perl

(practical extraction and report language)

テキストやファイルの処理に向くスクリプト言語です。UNIX用やWindows用などがあります。テキストエディターなどでPerlのスクリプトを記述し、インタプリタ方式で実行するため、コンパイルの必要がありません。CGIでよく使われます。CGIプログラムを作成するためのプログラミング言語にはPerl(パール)、PHP、Ruby(ルビー)、C言語、Javaなどがあります。これらの中で最も使われるのが、どのWebサーバーでも利用可能で扱いやすいのがPerlです。Perlは(かってUnisysに勤めていた)ラリー・ウォールによって開発されました。Perlが誕生するきっかけは、すでに存在していたawk(オーク)というインタプリタ言語の不満を解消するためでした。非常に強力なテキスト処理やファイル処理の機能を備えています。

Perl

practical extraction and report language