ポインティングデバイス

ポインティングデバイス

トラックボール:パソコンの入力装置の一つです。画面上での入力位置や座標を指定する「ポインティングデバイス」の一種です。マウスを引っくり返したような構造で、上部のボールを指で転がし、画面上の対応する絵記号(カーソル)を動かすことにより、コンピュータの操作を行ないます。マウスと異なり、装置そのもの動かさないので、操作用のスペースが不要です。以前はノートパソコンに内蔵される例もありましたが、ノートパソコンの薄型化に伴い今ではほとんどの機種でタッチパッドを採用するようになりました。

タッチパッド:感圧式の平面のシートの上を指でなぞって、マウスと同じように画面上のカーソルを移動させます。主にノートパソコンで利用されています。左クリック・右クリック用のボタンと共に、キーボードの前面に装備されていることが多いです。ボタンを使わなくても、このパッドをポンと軽く指でたたくとクリックになり、2回たたくとダブルクリックとなります。

タブレット:入力装置の一つです。画面上の位置を指示するためのペン型の装置と、位置を検出するための板状の装置を組み合わせた構造になっています。精度が高く大型のものは「デジタイザ」と呼ばれ、主に業務用途に利用されます。マウスによる位置指定が現在のマウスカーソルの位置からの相対指定であるのに対し、タブレットでは画面に対応する板の上で絶対位置を指定するため、細かい作業に向いています。CADによる図面入力や、イラストや絵画を描くのに使われます

タッチパネル:指や専用のペンで画面に触れることで、コンピュータの操作を行なう装置です。指が触れた位置を検知して画面上の位置を指定し、コンピュータに指示を与えます。タッチパネルをスクリーンの上に取り付けたものは特に「タッチスクリーン」と呼ばれます。PDAや銀行のATM、駅の券売機などで利用されています。CRTディスプレイの下に配置して圧力の変化を検出するタイプと、専用の透明なスクリーンで画面を覆うタイプがあります。画面への接触の感知には、感圧式と静電式の2通りがあります。前者は圧力の変化を感知し、後者は静電気による電気信号を感知します。

ジョイスティック:ゲーム機などで使われる入力装置の一つです。画面上での入力位置や座標を指定する「ポインティングデバイス」の一種です。レバーといくつかのボタンがついていて、レバーを前後左右に倒したり、ボタンを押すことで入力します。家庭用ゲーム機のコントローラとして一般的な装置で、パソコン用の製品もあります。

マウス

光学式マウス(オプティカルマウス):裏にボールではなく発光器と受光器を持ち、光学的に移動方向や移動速度を検出する光学式マウスがあります。最近ではこのタイプのマウスが主流となっています。いくつかのメーカーから光学式のマウスが売り出されていますが、マイクロソフトのインテリマウスの内部を見てみますと、照明LEDとIntelliEyeチップがあります。マウスを一定の位置に置くと、照明LEDからの光が机の上を照らし、机の上の凹凸が反射光としてIntelliEyeチップに伝わります。この状態でマウスを移動すると、机の上の別の凹凸が反射光としてIntelliEyeチップに伝えられ、IntelliEyeチップは1つの凹凸から別の凹凸の変化をマウスが移動した方向と距離に変換して、パソコンに知らせます。この結果、マウスポインタが一定の方向と距離に移動します。マウスの内部にはマイクロスイッチというボタンがあり、マウスの蓋の左ボタンと右ボタンの裏についている突起物に対応していてマウスの左ボタンを押すと左側のスイッチが押され、右ボタンを押すと右側のスイッチが押されて左クリックや右クリックになります。場所によってはマウスパッドが不要で、埃などが付着しにくいといったメンテナンス性に優れています。しかし、机の上の凹凸の変化を調べてマウスポインタを移動するので、何の凹凸もない磨ききったガラスやプラスチックの上では使うことができないことがあります。最近ではたいていの場合、ホイールが付属していて、このホイールをクルクル回すと、その回転数がロータリーエンコーダに伝わり、その回転数を一定の距離に変換してパソコンに伝えます。この結果、ウィンドウの中のデータが一定の範囲だけスクロールします。

レーザー式マウス:イメージセンサーの光源にレーザー光が使用されています。光学式マウスに使われている赤色LEDより波長が短く、分類的には光学式マウスに近いです。レーザーを使用することで、光学式マウスより1秒間の読み取り回数や精度が向上し、これまでの光学式マウスでは読み取りが困難だった光沢加工された場所や白い机などでも使用できるようになりました。しかし、透明なガラスの上ではマウスパッドが必要になります。

ボール式マウス:一般的なボール式マウスは、マウスの蓋を開けるとボールがあります。このボールの前方と左側にはローラーがあり、マウスを前後に移動すると前方のローラーが回ります。マウスを左右に移動すると左側のローラーが回り、マウスを斜めに移動すると前方と左のローラーが同時に回ります。マウスを前後に回すと前方のローラーが回り、このローラーの回転数をY座標用のロータリーエンコーダーが読み取ります。また、マウスを左右に移動すると左のローラーが回り、このローラーの回転数をX座標用のロータリーエンコーダーが読み取ります。そして、この回転数を移動距離に変換してパソコンに知らせ、この結果、画面上のマウスポインタが一定の距離を移動します。ボール式のマウスを使っていてマウスポインタが思うように移動しない場合には、この原因は、まずボールに付着物がついていて回転しないことが考えられます。その場合は、マウスの裏側の蓋をはずしてボールを取り出し、付着した埃やごみを除去します。それでもマウスポインタが動かないときは、ローラーが汚れている可能性があるので、ローラーから付着物を取ります。

接続方法による分類:(1)USB-USBマウスはコードの端にUSB端子がついています。これをパソコンに接続します。パソコンの電源を切ることなく抜き差しができ、最近の市販品にはこの形が多いです。(2)PS/2-PS/2マウスはコードの端のPS/2端子をPS/2ポートに接続して使います。パソコンの電源が入った状態で、抜いたり差したりできないので注意が必要です。(3)ワイヤレス-ワイヤレスマウスはコードの代わりに赤外線や電波を利用して操作するもので、マウス自体に電池を入れます。パソコンにマウスからの情報をキャッチする受信機を接続する必要があります。

その他:マウスの右ボタンと左ボタンの機能はコントロールパネルの「プリンタとその他のハードウェア」で操作して左右を入れ替えることができます。左利きの人にとっては便利な機能です。Windowsのマウスには左右2つのボタンがありますが、Macには1つしかありません。Macでは特定のキーとマウスボタンの組み合わせで、右クリックと同じような機能を果たします。