スキャナー

スキャナー

種類:紙に描いたイラストや印刷物をパソコンに取り込みたいときに使う入力装置がスキャナー(イメージスキャナー)です。デジタルカメラと同様にイラストや印刷物などのイメージを電気の強弱に置き換えてデジタル信号にしてパソコンに送ります。スキャナーには形や使い方でいくつかの種類があります。フラットベッドスキャナーは最も一般的で薄い四角形をしていて、机などの平らなところにおいて使用します。イラストや印刷物の読み取りに最適でA4サイズのガラス面に取り込みたいイメージのある面を向けて用紙を置くと読み取りヘッドが自動的に移動しながらイメージを読み取ります。ハンディスキャナは小型の、手に持って使うタイプで取り込みたいイメージの上をなぞって読み取ります。持ち運びが簡単で便利ですが一定の速度でスキャナーを動かさないと上手くイメージが取り込めません。ほかにも写真のフィルムを取り込んで高解像度の画像データにするフィルムスキャナーやファックス電話に使われているシートフィードスキャナーがあります。

スキャナの仕組み:フラットベッドスキャナーの内部には光源、レンズ、イメージセンサーがあります。機器の心臓部といわれるイメージセンサーにはデジタルカメラやデジタルビデオカメラで使用されるのと同じようにCCDセンサーが使われていますが、スキャナーの場合はリニア型CCDセンサーといって受光部(光電変換機能を持つ受光素子)が帯状に一列に並んでいるため長方形をしています。受光素子では光が当たると、その光の強弱に応じて電荷が発生します。電荷の量を電圧で取り出しデジタル信号に変換してデータをパソコンに送信します。同じCCDセンサーでもデジタルカメラと異なりCCDセンサーが動いてイメージを走査します。取り込みたいイメージに光源から光を当てながらCCDセンサーの素子の配列に平行した方向のイメージをスキャン(主走査)して垂直にもスキャン(副走査)します。このほかにもCISセンサーが使われているフラットベッドスキャナーもあります。CISセンサーの特徴は光源とレンズが一体化されて棒状になっているので小型軽量で使用電力も少なくてすみますが、立体的なイメージのスキャンに弱いといえます。