BD

BD(ブルーレイディスク)

ソニー、松下電器産業など9社が共同策定した、書き換え可能な大容量相変化光ディスクです。現行のDVDを超える容量を実現するいわゆる「次世代DVD」の規格の一つです。東芝などが提唱する次世代DVD「HD DVD」規格と仕様の統合が検討されたが折り合わず、両方式とも実用化されることとなりました。

 CDやDVDと同じ直径12cmの光ディスクをカートリッジに収納した形状で、記録容量は最大27GB、データ転送レートは36Mbpsです。波長の短い青紫色レーザーを採用することによって、トラックピッチをDVDの約半分となる0.32μmに、最短ピット長を0.14μm前後にそれぞれ縮小し、記録密度を高めています。

 主に民生用の映像記録用途を想定した規格で、著作権保護機能の実装を念頭においてディスクにシリアル番号が記録されています。映像記録方式はMPEG-2*1が予定されています。数社がビデオレコーダーなどでの採用を検討しているほか、ソニー・コンピュータエンタテインメントの次世代ゲーム機「プレイステーション3」での採用がなされました。

*1:映像データの圧縮方式の一つで、MPEG規格の一部です。再生時に動画と音声合わせて4~15Mbps程度のデータ転送速度が必要です。画質はS-VHSのビデオ並み。DVD-VideoやATSCなどの次世代デジタルテレビなどで利用されています。MPEG-3方式はMPEG-2に吸収されたため存在しません。