都市編(ロス)

アメリカにもたくさんの都市があります。行ったところの都市を紹介します。

【ロスアンゼルス編】

ロサンゼルス(英語:Los Angeles)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州の都市です。ニューヨークに次いで全米2位の人口規模を持ち、アメリカ西海岸を代表する世界都市の一つです。ハリウッドの北に位置するグリフィスパークは、敷地面積が4000エーカー以上もある自然公園です。 とてもロサンゼルスの大都市の中にあるとは思えないほど豊かな自然が保たれています。 その公園内にはアールデコ調の建物グリフィス天文台(Griffith Observatory)があり、一般人にも開放されています。

天文好きの人にはお勧めです。現地の日本人が良く訪れるのはガーデナです。かつてここには明治屋がありました。正月のおせち料理を作る時はここまで遠征しました。唯一ゆずだけが手に入りませんでした。子供たちに本を買ってあげるのは、ロスのリトルトウキョウにあったウェラーコートの紀伊国屋書店でした。

ロスアンゼルスからサンディエゴに至る海岸線は見るに値する場所です。

桜田淳子の歌でも有名なサンタモニカには細長い公園と絶壁の続く海岸があります。ここからセンチュリーシティーにも行きました。またユニヴァーサルスタジオに行ってジョウズやスーパーマンのセットも見ました。チャイニーズシアター前に行ってバリー・マニロウの手形を探したりもしました。ウォークオブフェームを歩きながらスターウォーズのR2D2の足形の前で写真を現地の人に取ってもらったりもしました。ヨセミテ国立公園やサンフランシスコなどに行った帰り道、サンタクラリタの丘陵を走り抜け、ロスの町並みが見えるようになると、やっと地元に帰ってきたのだなという感慨にひたったものでした。その他ロスアンゼルスのカルバーシティーに車を買いに行きました。日本車を物色していたのですが結局日産の210(サニー)を買う事になり、着任早々1人で店のマネジャーと交渉に当たる事になってしまい、結果はあまり値切れなかったです。ある時ロスの郊外でロスアンゼルス・カウンティー・フェアーがあり、会社の同僚二人と我々家族が家畜の展示会、特産品の売店、ファーストフード屋台、土産物屋などを見て回わりました。家内は赤ん坊の乳母車に自分のハンドバッグをぶら下げて歩いていたのですが、ちょっと目を離した隙にハンドバッグを盗まれてしまいました。慌ててクレジット・カード会社に電話をかけ使われるのを防ぐ手立てをしました。幸い翌日お祭りの会場から電話があり無事戻ってきたのですが、肝を冷やしました。今から思うとバッグには現金は入ってなく、カードだけだったので盗品が出てきたのですが、所有者が日本人の名前だったので使われることなく戻ってきたのだと思います。現金ではなく、カード社会の良さを感じたものでした。

f:id:neverjp:20120331212203j:image

ロスアンゼルス郊外のミッションサンルイ・オビスポの中庭にて

f:id:neverjp:20120331211842j:image

ロスアンゼルスのカウンティー・フェアー

f:id:neverjp:20120331212110j:image

ハリウッドのユニバーサルスタジオにて

f:id:neverjp:20120331212035j:image

ロスアンゼルス郊外のランカスターのポピー畑

f:id:neverjp:20120331211959j:image

ロスアンゼルスダウンタウンのスペリー・ユニバックの前にて

f:id:neverjp:20120331211926j:image

ロスアンゼルスの旧市街のオルベラストリートにて

*出典はWikipediaです。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!