市販CDから曲をWALKMANに転送する方法

市販CDから曲名を印刷しWALKMANに転送する方法(#6)

2018/01/03
操作はすべて自己責任でお願いします。当文書で行ったすべての操作の結果について当サイトはいかなる責任も負いかねます。
ダウンロードした楽曲は個人で楽しむ以外は違法です。
前提
① 曲名を印刷することからiTunesをCD取り込みS/Wとする
② iTunesでアルバムを保存する(DataはiTunes側に存在)
③ Media GOはプレイリストを作成しiTunesからD & D(Drag & Drop)で送る
④ iTunes側はmp3でCDからインポートする
⑤ 音楽が演奏されても構わず作業を継続する
⑥ iTunes側からアルバムを何回もMedia GO側にD & Dを繰り返しできる
作業
① iTunesをダブルクリック
② 音楽CDをマウント→アルバムの曲名リストが表示されている
③ ファイル・メニュー→印刷→曲のリスト→OK→帳表ex.(12曲・43分)
④ 画面右上インポートクリック→インポート方法(I)MP3エンコーダー選択→OK
画面上部に「インポート中」残り時間表示
曲リスト左に緑のまる☑マーク
⑤ すべて☑で終了→CDを取り出す
⑥ ライブラリ・アルバムが反転している状況でアルバムの上でクリック→画面右に曲のリストが表示される
⑦ iTunesの(右端・下端から中央にDragし)画面サイズを小さくする
(次のMedia GOでData領域にD & Dを行うため)
⑧ 曲の選定(Shift ,Ctrlキー+「クリック」を使って)(全範囲・縞々など)
⑨ (Start画面などを使って)Media GOを走らせる
→サイドバーの「プレイリスト」の文字の上で右クリック
→リスト上の新規プレイリストをクリック
→プレイリスト名としてex.「iTunesRelation」(この時全角が入力出来なかった)入力→OKクリック
⑩ WALKMANとPCをUSBケーブルで繋ぐ
⑪ (タスクバー上のアイコン)iTunesをクリック-メッセージ(P23②→OK)が出るが構わず→(Media GOのData領域に)D & D
⑫ Media GOの画面右下「プレイリストの転送(➡)」をクリック→WALKMANに転送
(Data領域上にiTunesからD & Dして曲が表示されている-全部選択されている)
⑬ Media GOのex.「iTunesRelation」プレイリストの曲名左に(転送済みを示す)☑マークがつく
⑭ 画面右下の「閉じる」をクリック→Media GOクローズ→iTunesがまだ演奏中でも→iTunes終了→WALKMANで再生(プレイリスト)

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

新年を迎えて

新年を迎えて

読者諸兄姉へ
今年もよろしくお願いします。
今年はS/W関連物をなるべく多くアップしていこうと思います。
元旦はPM(process monitor)についてです。
操作はすべて自己責任でお願いします。当文書で行ったすべての操作の結果について当サイトはいかなる責任も負いかねます。

Process Monitorの実行の仕方

① すべてのタスクバーに載っている実行中のタスクを終了させる
② レジストリの部分バックアップを取る
③ Procmon.exeを走らせる
④ Include…..をチェックボックスをクリックして抜ける
⑤ (Procmon.exeの)レジストリ・アイコンをクリックする(バックが水色になる)
・前回の内容が引き継がれている(前回レジストリのログだけを取っていた場合)
・PM Filterを✖で抜ける(Log start)(今回のFilterを生かすためApplyを押す)
・その後Include process from Window D & Dでそのプロセスのみログとして残る
⑥ 時刻を書き留める
⑦ REGEDITを検索窓に入力し、レジストリエディターを走らせる
⑧ 時刻を書き留める
⑨ レジストリの編集などを実行する(あらかじめ用意していた作業手順書に従って)
⑩ 必要に応じて時刻を書き留める
⑪ レジストリエディットを終了させる
⑫ 保存をクリックする(ディスケットのアイコン)
・CSVを選んだ段階(Log end)(D & DしたprocessのみLogに残る)
⑬ CSVファイルにし「OK」をクリックする(Logfile.CSVができる)
⑭ Procmon.exeを終わらせる(チェックボックスをクリックして抜ける)
⑮ 時刻を書き留める
⑯ Logファイルを編集し求めるデータだけを抜き出す
⑰ 検索で求めるWordのところまでスキップ
⑱ LogファイルをRenameする(日付・時刻の付加)
⑲ Excelの検索で求めるデータをプリントする
⑳ 中身のチェック
目標
① 確実にレジストリの部分バックアップが取れる(“uninstall”キーをクリック)Export
② 確実にレジストリエディターを使って修正ができる(秀丸エディターを使って)
③ 確実に保存(復元用データ)ができる(ファイル名をダブルクリック)又はImport
④ トラブルの時確実にバックアップデータを使って復元できる(Original fileを使って)
※PMのログ・スタートはPM.exeのダブルクリック→デバイスの変更に「はい」でPM Filterを✖をクリックして抜けたところでスタートする。ログ・エンドはディスケットマークをクリックしCSVを押し「OK」をクリックしてから約2.5秒前に終了する。PMを✖で抜けるのはログの記録には関係ない。(PM : Process Monitor)(D & D:Drag & Drop)

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Sony WALKMAN操作ガイドその2

Sony WALKMAN操作ガイドその2

操作はすべて自己責任でお願いします。当文書で行ったすべての操作の結果について当サイトはいかなる責任も負いかねます。
ダウンロードした楽曲は個人で楽しむ以外は違法です。
iTunesで音楽CDを作成(#5)

2017/12/29
1. Explorerから曲を選んで新規にCDを作成する場合
① デスクトップ上のiTunesアイコンをダブルクリック
② ファイル・メニュー→新規→プレイリストを選択(クリック)
③ サイド・バーの「プレイリスト」にex.「select-one」を入力
④ Explorerを使ってPC→…→mp3のファイルをex.「select-one」にDrag & Drop
⑤ リスト上でDrag & Dropで曲順(上下)を変える
⑥ 曲上で右クリック不要な曲を削除→曲数、演奏時間を調整
⑦ ファイル・メニュー→「プレイリストからディスクを作成」をクリック
⑧ オーディオCDを選択(CD-Textを含めるにチェック☑)
⑨ ディスクを作成
⑩ 複数枚のCDが必要→OKのときそのままOK
⑪ mp3にしてOKのときmp3でOK
⑫ CDの書き込み中が表示
⑬ 出来上がったらそれ用のプログラムで再生

2. すでにある大きなプレイリスト選択してCDを作成する場合
① デスクトップ上のiTunesアイコンをダブルクリック
② 既存の大きめのプレイリストを表示し曲目を選んでおく
③ ファイル・メニュー→新規→「選択した項目からプレイリスト」をクリック
④ 画面の上の「プレイリスト」にex.「select-two」を入力
⑤ 上の1.の⑤~⑬を実施

3. iTunesとMedia GO(以降M.G.と表記)
① 両方とも曲の順番を変えられる
② M.G.では曲の削除ができる
③ M.G.ではプレイリストの名前の変更が可能(iTunesでは削除後新規作成)
④ M.G.ではタイトル・アーティスト・アルバム名など編集できる
⑤ iTunesのプレイリストは編集できないが印刷はできる

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Sony WALKMAN操作ガイド(P7)

Sony WALKMAN操作ガイド(P7)

昨日のブログで説明事項に載せている各ページが表記されていなかった。
特にP7(7ページ)は重要なのでアイキャッチ画像で載せます。

操作はすべて自己責任でお願いします。当文書で行ったすべての操作の結果について当サイトはいかなる責任も負いかねます。
ダウンロードした楽曲は個人で楽しむ以外は違法です。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Sony WALKMAN操作ガイド

Sony WALKMAN操作ガイド

Sony WALKMAN NW-S780シリーズの操作をまとめてみた。

操作はすべて自己責任でお願いします。当文書で行ったすべての操作の結果について当サイトはいかなる責任も負いかねます。
ダウンロードした楽曲は個人で楽しむ以外は違法です。
Craving Explorerの実施(#1)
2017/12/22

① デスクトップ上のCraving Explorerのアイコンをダブルクリック
② 表示されたウィンドウの赤で囲った入力領域P4①にキーワードを入力
③ YouTubeなどのボタンP4②をクリック(場合によっては「ニコニコ」)
④ 宣伝などが走ったらその部分は待つ
⑤ 演奏が走ったら「紫の下↓」P5①をクリックし「音声」P5②をポイントし「mp3」P5③をクリック
⑥ 画面下の状況エリアに各項目が表示されたら「完了」P5④まで待つ
⑦ 「エラー」が赤い文字で表示されたらその行の上で右クリック「削除」をクリック
⑧ すぐに(その楽曲のダウンロードを)行わないでほかの楽曲を試す
⑨ PC→ドキュメント→CravingExploer→download→mp3 P7⑤ の中の楽曲をダブルクリック
⑩ 音声が再生されたらOK
⑪ ダメだったらその楽曲の行の上で右クリック→「削除」で削除
⑫ 一テーマで楽曲が90分ぐらいたまったらAudioCDをiTunesで作る
⑬ 曲名リストを忘れずに作っておく(印刷)
⑭ MediaGOでプレイリストを作りWALKMANに転送しておく
⑮ PCないしはWALKMANで楽曲を聴く

Craving Explorerでmp3データを取った後WALKMANに落とす方法(#2)
2017/12/21

1. PCとWALKMANをUSBケーブルで繋ぐ
2. P7①のように機種名が表示されている
3. ②のようにカテゴリペインの「ライブラリ」をクリック
4. ③のようにプレイリストを展開しプレイリストを表示させる
5. ④のプレイリストをクリックする
6.CravingExplorerでmp3(音楽データ)をP7⑤のPathに⑥のファイルを落とす
7.それをDrag & DropでMedia GOのDataペインにP7⑦のように落とす
8.そして⑧のプレイリストの転送をクリックしWALKMANに転送する
9.⑨⑩のようにファイルの演奏時間、容量が表示される

P7⑤PC→ドキュメント→CravingExploer→download→mp3(フォルダーPath)

※一旦プレイリストを削除したのち同じ名前でプレイリストを作るとWALKMAN側はプレイリスト名(2)となる

※続いてドラグアンドドロップで違う曲をプレイリストの転送(クリック)するとWALKMAN上ではプレイリスト名(2)に正常に追加される

※仮にカテゴリペインのプレイリストが「TEST」でもプレイリストの転送でWALKMANに送っていなければいつでもそれをRenameできWALKMAN上でもそれが使われる

※残念ながらWALKMAN上の曲(アルバム、プレイリスト)、フォルダーを削除する手立てはない(メモリの初期化はソフトウェアも消去する)

※⑦のように転送済みの曲名の左端にはチェックマークがついている

※曲名を記したリストはMedia GOではできない、iTunesでCDを作った時行う

NW-S784にCD(iTunesで作った)からアルバム/ファイルを送る方法(#3)
2017/12/22

① Media GO(Desktop上のアイコン)をダブルクリック
② 左上のWALKMAN NW-S784(の文字)をダブルクリック
③ CD(iTunesで作った)をマウント
④ オーディオCDをクリック→アルバムが表示される(待っていれば曲名のリストが表示)
⑤ リストからインポートする曲の範囲を指定(全曲:先頭から最後まで指定)
⑥ 左下の「CDのインポート」をクリック(例:残り 12分、左下に55%表示)
⑦ 全部コピーしたら右下の「閉じる」をクリック
⑧ 左上のライブラリ→ミュージックをクリック
⑨ 左上にジャケットが表示(アルバムが青くなりまた曲数が青字になっている)
⑩ ライブラリ・ミュージックにして曲名の範囲を指定して右下の➡(転送)をクリック
⑪ 右下の転送先がNW-S784となっていること
⑫ アルバム名の「名前の変更」で例えば「Favorite J-POP」に変更する
⑬ 右下の「閉じる」をクリック
⑭ 左上の「メニュー」から「終了」をクリック
⑮ USBコードを外しWALKMANに入っていることを確認
⑯ CDを取り出す

削除は(PC上のFile etc. だけ対象、WALKMANではできない)

① 左上のWALKMAN NW-S784をクリック
② 左のミュージックを選び
③ 上のアルバムをクリック
④ 編集・メニューの「削除」をクリック

iTunesでmp3データーを使ってAudio CDを作成する(#4)
2017/12/22

① iTunesアイコンをダブルクリック
② まだプレイリストを作成していない場合は「ファイル」P10⑧→「新規」→「プレイリスト」と選択。(項目をライブラリからプレイリストに ドラッグします)
③ 左のプレイリストに例えば「Favorite J-POP」と入力しエンター
④ Explorerでミュージックライブラリーの音楽フォルダーをクリックする
⑤ 好きな曲をドラグアンドドロップ(CD容量まで複数回OK)する
⑥ CD(ブランク)を挿入
⑦ (右下からスライドメッセージが表示されたらそれをクリック)
⑧ (右上の「iTunes作成」をクリック)
⑨ ファイル・メニューの「プレイリストからディスクを作成」P11⑨をクリック
⑩ ディスク作成設定が表示され「オーディオCD」P12、「CD-Textを含める」P12⑩にチェックを入れ「ディスクを作成」P12⑪をクリック
⑪ 画面のタイトルバーの付近に「書き込み中」「残り時間」が表示される
⑫ 完了したら「ファイル・メニュー」から「印刷」をクリック リストP17
⑬ 「曲のリスト」を選んで「OK」をクリック
⑭ はじめたい曲の上でクリック
⑮ CDを取り出し「タイトル」を記入しリストとの関連を書く
リストのIDとCDのIDを一致させること

iTunesで音楽CDを作成(#5)

2017/12/29
1. Explorerから曲を選んで新規にCDを作成する場合
① デスクトップ上のiTunesアイコンをダブルクリック
② ファイル・メニュー→新規→プレイリストを選択(クリック)
③ サイド・バーの「プレイリスト」にex.「select-one」を入力
④ Explorerを使ってPC→…→mp3のファイルをex.「select-one」にDrag & Drop
⑤ リスト上でDrag & Dropで曲順(上下)を変える
⑥ 曲上で右クリック不要な曲を削除→曲数、演奏時間を調整
⑦ ファイル・メニュー→「プレイリストからディスクを作成」をクリック
⑧ オーディオCDを選択(CD-Textを含めるにチェック☑)
⑨ ディスクを作成
⑩ 複数枚のCDが必要→OKのときそのままOK
⑪ mp3にしてOKのときmp3でOK
⑫ CDの書き込み中が表示
⑬ 出来上がったらそれ用のプログラムで再生

2. すでにある大きなプレイリスト選択してCDを作成する場合
① デスクトップ上のiTunesアイコンをダブルクリック
② 既存の大きめのプレイリストを表示し曲目を選んでおく
③ ファイル・メニュー→新規→「選択した項目からプレイリスト」をクリック
④ 画面の上の「プレイリスト」にex.「select-two」を入力
⑤ 上の1.の⑤~⑬を実施

3. iTunesとMedia GO(以降M.G.と表記)
① 両方とも曲の順番を変えられる
② M.G.では曲の削除ができる
③ M.G.ではプレイリストの名前の変更が可能(iTunesでは削除後新規作成)
④ M.G.ではタイトル・アーティスト・アルバム名など編集できる
⑤ iTunesのプレイリストは編集できないが印刷はできる

市販CDから曲名を印刷しWALKMANに転送する方法(#6)
2018/01/03
前提
① 曲名を印刷することからiTunesをCD取り込みS/Wとする
② iTunesでアルバムを保存する(DataはiTunes側に存在)
③ Media GOはプレイリストを作成しiTunesからD & D(Drag & Drop)で送る
④ iTunes側はmp3でCDからインポートする
⑤ 音楽が演奏されても構わず作業を継続する
⑥ iTunes側からアルバムを何回もMedia GO側にD & Dを繰り返しできる
作業
① iTunesをダブルクリック
② 音楽CDをマウント→アルバムの曲名リストが表示されている
③ ファイル・メニュー→印刷→曲のリスト→OK→帳表ex.(12曲・43分)
④ 画面右上インポートクリック→インポート方法(I)MP3エンコーダー選択→OK
画面上部に「インポート中」残り時間表示
曲リスト左に緑のまる☑マーク
⑤ すべて☑で終了→CDを取り出す
⑥ ライブラリ・アルバムが反転している状況でアルバムの上でクリック→画面右に曲のリストが表示される
⑦ iTunesの(右端・下端から中央にDragし)画面サイズを小さくする
(次のMedia GOでData領域にD & Dを行うため)
⑧ 曲の選定(Shift ,Ctrlキー+「クリック」を使って)(全範囲・縞々など)
⑨ (Start画面などを使って)Media GOを走らせる
→サイドバーの「プレイリスト」の文字の上で右クリック
→リスト上の新規プレイリストをクリック
→プレイリスト名としてex.「iTunesRelation」(この時全角が入力出来なかった)入力→OKクリック
⑩ WALKMANとPCをUSBケーブルで繋ぐ
⑪ (タスクバー上のアイコン)iTunesをクリック-メッセージ(P23②→OK)が出るが構わず→(Media GOのData領域に)D & D
⑫ Media GOの画面右下「プレイリストの転送(➡)」をクリック→WALKMANに転送
(Data領域上にiTunesからD & Dして曲が表示されている-全部選択されている)
⑬ Media GOのex.「iTunesRelation」プレイリストの曲名左に(転送済みを示す)☑マークがつく
⑭ 画面右下の「閉じる」をクリック→Media GOクローズ→iTunesがまだ演奏中でも→iTunes終了→WALKMANで再生(プレイリスト)
Media GOでのプレイリストへの楽曲の追加(#7)

2018/01/18

① WALKMANがPCにつながっている状態でMedia GOをダブルクリック
② サイド・バーのミュージックをクリック(WALKMAN NW-S780Seriasが表示されている)
③ プレイリストに加えたい右ペインの曲の上(範囲指定とびとび指定可)で右クリック→転送をポイント→表示されたプレイリスト一覧から求める一つをクリック→(画面右下の転送をクリック→)プレイリストの追加で重複ファイルの作成のラジオボタンをクリック→OKをクリック→画面右下の「閉じる」をクリック(何もしなければ自動的に閉じる)
④ サイド・バーの今送ったプレイリスト名をクリック
⑤ 今送った楽曲が追加されているかをチェック
⑥ 重複された楽曲の上で右クリック→削除をクリック→ダイアログボックスの「削除してよろしいですか?」で「はい」をクリック
⑦ 既存のプレイリストに追加の時はこれでOK

操作はすべて自己責任でお願いします。当文書で行ったすべての操作の結果について当サイトはいかなる責任も負いかねます。
ダウンロードした楽曲は個人で楽しむ以外は違法です。

以上「Sony WALKMAN操作ガイド」終わり

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Canon MF4330dのスキャナーが動かなくなった

Canon MF4330dのスキャナーが動かなくなった

・新しくコンピューターを購入した
Windows10で動いている
SetUpをN月M日に行った
Windows7で動いていたPrinterも接続した
Windows10で問題なく印書機能は動いた
その時はスキャナーをインストールしなかった
・P月Q日スキャナーのインストールを行った(Canon MF Toolbox Ver.4.9.1.1.mf17)
問題なく稼働した
イメージの繋ぎのソフトウエアはペイントにした
編集機能で編集したのち画像を保存した
正しく保存されていた
(Downloadや解凍Installはうまくいった)
そこでシャットダウン(更新してシャットダウン)を行った
Windows Updateが走った(Windows10のメジャーバージョンアップ)
Updateのバージョンアップは正しくインストールされた
そして正常にシャットダウンされた
・続いてRebootしてスキャナーを稼働した
「電源が入っていないか接続されていない」というエラーメッセージが表示された
USBケーブルの結合状況を確かめた、また印書してみた
印書もされこのエラーメッセージが誤りであることが分かった
・それでCanon MF Toolbox Ver.4.9.1.1.mf17のアンインストールをした
20分ぐらい待っても終わらなかったのでRebootした
再度アンインストールしたらアンインストール実行でだんまりになる
Rebootしてスキャナーを再インストールしてアンインストールしたら次のMSGがでた
「アンインストール中です」
それで諦めた
① Windows10のメジャーバージョンアップで動いていたスキャナーが動かなくなったのはなぜか?(UtilityのInstallとWindows Updateを同日中にやってはならないという事か?)
② レジストリの問題であると思うが一旦インストールを行ってからアンインストールすればよいといわれるがどの部分からインストールを開始すればよいか?
③ 関連のレジストリの編集、登録、削除は分かった。
④ Procmon.exe(Process Monitor)を使ってDebugする。
⑤2018年1月12日実施(同1月14日のブログで記述)

「伊豆の踊子」のお土産


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

HP(野性の証明)の操作

HP(野性の証明)の操作

このブログのカスケードメニューの操作はメニューラインを画面の最上部までカーソルで上げておいてから行ってください。
写真にあるようなI/Oの中のBD装置を参照するときなどの場合は特にそうです。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

ShiftとCntrlキーについて

ShiftとCntrlキーについて

WindowsのExplorer,Excel,Mailerなどにおいて
スタート地点となるアイコン(またはライン)をクリックして一つ選び「Shift」キーを押しながら終点のアイコン(またはライン)を選べば連続したアイコン(またはライン)が選べます。「Cntrl」を押しながら行うととびとびのアイコン(またはライン)が選べます。
ファイルの場合、ドラッグアンドドロップで同じドライブ内にあれば移動、そうでなければコピーです。
また、「Shift」キーを押しながらドラッグ&ドロップすれば常に移動、「Cntrl」キーを押しながらなら常にコピーです。
意外とご存じない方もいらっしゃいます。ご確認を!

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!