Recovery手順

Recovery手順-18-08-04

またディスク・トラブルである。
これで2ヶ月の間に4度ディスク・トラブルに見舞われた。
シ*****製である。
私は35〜6年前米国にいた頃ウィンチェスター型ディスクと呼ばれていた、HDDを
かの地ですごい会社もあるものだと関心したものだが今はもう往時の面影はない。
信頼性の高さは日本製に移ってしまった。
そこで、バックアップを取っていたので下記要領でリカバリーを図ったのだが失敗してしまった。(失敗例だが私を笑ってやってください)
アイキャッチ画像はその後作ったバックアップ用のLive-USBのレイアウトです。
この火曜日(評判の良い)バッファロー製の外付けHDDが来る。そこで再々度Live-HDDを作る予定である。

Recovery手順-18-08-04

① USBメモリーの挿入→Boot
② 外付けHDDの挿入
③ Disklayoutの確認
  # df -Th
④ sda sdb(sdb1・sdb2)のサイズの確認
⑤ dump programがsda側にあるか確認(なければ# sudo apt install dump)
⑥ backup file 4つの確認
  # mount /dev/sda1 /mnt
  # cd /mnt/home
  # ls
⑦ sdb1 フォーマット(system fileだからダメ-パーミッション?)
  # mkfs -t ext4 /dev/sdb1
⑧ sdb1にカレントレレクトリを移す
  # mount /dev/sdb1 /media
  # cd /media
⑨ Restore(BackUp0)を実施 sda1(失敗)
  restore -rf /mnt/dump-sda1.dumpbackup
⑩ Restore(BackUp1)を実施 sda1
  restore -rf /mnt/dump-sda1.dumpbackup1
⑪ メモリー、HDDともPCから外す
⑫ 外付けHDDからBoot
⑬ 一通り(Mail,Internet,Atom,disklayout etcを実施)
⑭ 異常がなければShutdown→Reboot
⑮ 異常があればUSBメモリーからBoot→外付けHDDを後から挿入
⑯ sdb2フォーマット(# mkfs -t ext4 /dev/sdb2)
⑰ sdb2にカレントレレクトリを移す pwd で確認
⑱ Restore(Backup0)を実施 sda2
⑲ Restore(Backup1)を実施 sda2
⑳ メモリー、HDDともPCから外す
㉑ 外付けHDDからBoot
㉒ 一通り(Mail,Internet,Atom,disklayout etc実施)
㉓ 異常がなければshutdown→Reboot→成功
㉔ 異常があれば善後策を考える
以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

おさらい

おさらい

2018/08/03
WordPressの新Editor(Gurtenburg)をテストしてみた。
全然だめである。旧エディターをインストールし直して使い続ける予定である。
新エディターは不安定だし、だいたいどこに何の機能があるかわからない。
当文章も追加して更新したら「更新」エラーになってしまった。
この影響かどうかわからないが、従来のパスワードもリジェクトされてしまった。
当分切り替えるつもりはない。

2018/08/02

① Ubuntu 18.04 LTS 日本語RemixマスターUSBメモリーを作る(ISO-image)
② Live-USBメモリーの作成
③ Live-HDDの作成
・パーティションの削除
・複数のパーティションの作成
・fdisk
・fsck
・MBRの作成
・1つは’/’
・1つは’/home’
④ Firefoxのお気に入りのインポート
⑤ Firefoxのお気に入り整理
・DailyCheck
・Software
・Linux
・Ubuntu
・Atom
・GitHub
・Blogetc
・Finance
・Other
⑥ 端末の背景を白地に
⑦ やたらモジュールを入れ込まない
⑧ Atomのインストール
・パッケージのインストール
⑨ Python3.6のインストール
⑩ Mailspringのセットアップ
⑪ パーティションの中身の印刷
⑫ 壁紙の設定
⑬ 電源の設定に注意
⑭ Gitの設定
⑮ GitHubの設定
⑯ Anaconda3のインストール
⑰ Ipythonのインストール
⑱ emacs,LaTeXのインストール
———————————-
⑲ ’/’ and ‘/home’のBack Up作成
⑳ pipのインストール
㉑ Jupyterのインストール
㉒ Download the example code files
———————————-
㉓ ’/’ and ‘/home’のBack Up作成(2回め)18/07/30現在最新
㉔ FlightGearのインストール

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Coffee Breakその2

Coffee Breakその2

Shift + V : IFR Tranning View(複数回切り替わる)
Ctrl + V : 最初に戻る
① クリック : 「バッテリー」をオン
② 数回クリック : 「エンジンプライマー」燃料をシリンダーに送り込む
③ マグネトー3回クリック : 「L」→「R」→「BOTH」
これで点火の準備が整った。
英文であるが1ペイジにまとまったリファレンスが次のURLにあります

http://www.flightgear.org/Docs/FGShortRef.pdf

ブラウザのアドレスにコピペして使ってください

実行時のフロントパネルからflightgear-2018.2.2をダウンロードしインストールします。そして、エグジットしてから次立ち上げるときに次のようにしてください。

FlightGear Tutorial(Paste next line after Terminal Promt)

fgfs –aircraft=c172p –airport=KHAF

Paste above line after $ prompt.
And then FlightGear will be started automatically.
Click ‘help’ menu and click ‘tutorial’.
When tutorial window is displayed, click ‘start tutorial’.
You should follow narration of tutorial after that.

この項続く。。。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

flightgear(Coffee break)

flightgear

Coffee breakにしましょう。
ここまで真面目に律儀にPython環境を作ることに突っ走ってきました。
ここらでブレーク入れても神様は許してくれるでしょう。
そこでflightgearをインストールしました。
ここではまだ試しません。
ゆくゆく作業が行き詰まったときに楽しむことにしましょう。
アイキャッチ画像は薄暮の環境のコクピットを写した私のデスクトップです。
それと’help’画面です。

Help画面


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

notebookでturtle描画

notebookでturtle描画

Atom環境下で実績のあるturtle描画のpythonプログラムをコピペでjupyter notebookに持っていき実行してみる。
① Atomを開き目的のプログラムをコピーする。
② 端末から’jupyter notebook’と入力しブラウザーを立ち上げる。
③ WEBが動いたらNewでpython3を選択する
④ In [1]にプログラムをぺーストする
⑤ file menuで’Rename’を実行
⑥ file menuで’Download as’で’.ipynb’を選択(.pyにしても強制的になる)
⑦ save(画像参照)
⑧ ▶RUN実行(アイキャッチ画像参照)
⑨ Python Turtle graphics(クローズボタンは効かない、シャットダウン時に自動的に消える)
⑩ logout
⑪ ブラウザを閉じる
⑫ 端末で’Ctrl + C’入力-シャットダウン
⑬ 次からjupyter notebookを実行した場合’Rename’で指定したプログラム名が表示される

Turtle Graphics格納画面


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Dump & Restore(2回め)

Dump & Restore(2回め)

Dump & RestoreのDump(2回め)を行った。
私のマシンの電源が不安定で昨日Boot時にUbuntuのCUIの部分が走り始めてしまった。
# fsck.ext4 -y /dev/sda1 (ファイルシステムの整合性の検査)
をやって、BootのF10キーを押してGUIにかろうじて戻ってきて、事なきを得た。
そこでマシンが生きているうちにDumpをやってしまおうと2回めの操作をした。
それがアイキャッチ画像である。
これはパーティション2のものだがこれに先立ってパーティションの1もやっている。
Dump先はUSBメモリーである。
49%も使ってしまっている。(容量は64GB)
でも、システムディスクの作成は約1ヶ月を要した。
その苦労のことを考えればLive-USBを作っておいたのは大正解である。
それにしても、Linuxのスタビリティーの悪さはどうだ。
この2ヶ月の間で3回もダウンしているぞ!
それに比べてWindows10のほうが遥かに安定している。2年間ダウンしたことが1度もない。
今回は愚痴で終わってしまった。
でも、上記苦労をしてもUbuntuの有用性は非常に高い。

Dump後のサイズ


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

lsmagicの扱いについて-その2

lsmagicの扱いについて-その2

結局まだ解決がついていないのだが、原書でプログラムの保存先およびIpythonでのリポジトリのPATHを提示しているのでここで述べておきます。作成元はアイキャッチ画像からも分かると思いますがcpコマンドのコピー先も表示しておきます。
/etc/asterisk/cdr_mysql.conf です。例えば
——————————
cd /usr/src/asterisk-addons/configs/cdr_mysql.conf.sample
cp lsmagic1 /etc/asterisk/cdr_mysql.conf
——————————
という具合です。
間違えていたらごめんなさい。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

lsmagic実施

lsmagic実施

① root権限でIpythonを実施
② %lsmagic実施
③ プログラム入力
In [1]で「%lsmagic」を入力
f = open(‘lsmagic1’,’w’)→ファイルに追加のときは’a’を指定
str = In [1]
f.write(str)
f.close()
④ ファイルのアップロードでlsmagic1を開く(.ipynb→.pyへ)ただしplain Textを変換
⑤ 本当のアップロード
⑥ ファイル/フォルダー リストに表示されている→クリック
⑦ テキストをコピー,In [1]の中にペイスト
⑧ ファイル・メニューからRename,download asから.pyを選ぶ
⑨ ▶RUNでIpython②で行った結果と同じものが表示された
⑩ Atom環境下に持っていって実施したがだめ
⑪ 自動変換でもだめ、%lsmagicを直接入力してもだめだった

→原書で当たっているがそもそもコマンドを端末から入力しても’>>>’のプロンプトが出ない。In [1]…Out [1]…がプロンプトされてしまう。
Ipython(Anaconda)のインストールがまずかったのか、でもPython3.6のほうは上記のプロンプト’>>>’が出る。インストールのやり直しを何回も行っているため、怖くて現状を改変したくない。どなたかこの辺のこと知っている人はいないだろうか?当ブログの「お問い合わせ」から教えていただければありがたい。

jupyter notebookでのファイルの選択

ファイルの選択

jupyter notebookにはこの方式だとテキストだけしか渡らない

テキストをコピー

notebook側にペースト

notebook側で実行

Atom側で実施、うまく行かなかった

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

乱数発生-pythonの場合-Atomで実施

乱数発生-Pythonの場合-Atomで実施

同じテーマをIpython(.ipynb)の場合と
それをIpythonで(.py)でSAVEしてATOM環境下に持ってきてデバッグした場合を2回に分けて掲載する。その2回めである。
前回は端末より「jupyter notebook」と叩いて実行した例である。
プログラムは「.py」でSAVEしただけでCodeには一切手を入れていない。
Ipythonが自動で全部変換している。
プログラム・ファイルをただIpython下のライブラリからAtom管理下のリポジトリに移しただけである。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

乱数発生-Ipythonの場合

乱数発生-Ipythonの場合

同じテーマをIpython(.ipynb)の場合と
それをIpythonで(.py)でSAVEしてATOM環境下に持ってきてデバッグした場合を2回に分けて掲載する。
今回は端末より「jupyter notebook」と叩いて実行した例である。
1行目には画面の都合で省略してしまったが
「%matplotlib inline」とだけある。それを次回のように自動的に変換している。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!