PythonProgram リスト(最大値、最小値)

数値の最大・最小値と文字の最大最小値は気を付けて!扱いが違います。

PythonProgram リスト(最大値、最小値)

数値の最大・最小値と文字の最大・最小値は気を付けて!
扱いが違います。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

PythonProgram リスト index

コロン(:)の後ろに指定する数値には、取り出したい要素のインデックスに1を加えた整数を指定する必要があります。

PythonProgram リスト index

スライスを使うには、リストの要素を指定する添え字にコロン(:)を使って、複数の整数を区切って記入します。リストの(0から数え始めて)1番目から2番目の要素を取り出します。コロン(:)の後ろに指定する数値には、取り出したい要素のインデックスに1を加えた整数を指定する必要があります。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Python Programming置換

文字列を利用する場合、replace()メソッドのようにデータの変更を伴う操作の結果は、元の文字列を書き換えません。

190607

Python Programming置換

文字列を利用する場合、replace()メソッドのようにデータの変更を伴う操作の結果は、元の文字列を書き換えません。置き換えた結果は別の文字列オブジェクトとして返ってきます。
置き換えた結果を後で利用するためには、変数に代入するなどして保存しておきます。
① 文字列リテラルを変数に代入する
② “虫”が変数addressに含まれるか?Trueが返ります。
③ “町” が変数addressに含まれるか?Falseが返ります。
④ “香取市”を”千葉県香取市”に置き換えます。
⑤ addressは元のまま。
⑥ 置き換えの後さらに変数addressに代入する。
⑦ 変数addressの内容が置き換わった。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

外付けHDDにUbuntu(Linux)をインストールする(まとめ)

Native Linux用Applicationを使用したい場合などの特別な理由がない限りWSLの使用をお勧めする。

190523

外付けHDDにUbuntu(Linux)をインストールする(まとめ)

最近当ブログに外付けハードディスクを使ってUbuntu(Linux)をしたいがどうだろうという目的で訪れるユーザーが増えている。結論から言うと否である。

① 外付けハードディスクにUbuntuを合計2回インストールした。
② また古いWindows M/CにLinuxを1回インストールした。
③ 現在はBusiness用PCにWSL(Windows Subsystem for Linux)をインストールして使っている。
④ 外付けハードディスクは外国製と国内製の映像録画用HDDで使用した。
⑤ ④はいずれも2~3週間でBoot Errorになった。
⑥ これにより映像用外付けハードディスクはLinuxM/Cとしては不適であるとの結論である。
⑦ ②は1ヶ月半ほど稼働したがそののちBoot Errorを起こした。
⑧ ⑥⑦よりLinuxをインストールすると同じ個所を参照しトラブルを起こしやすい。
⑨ WSLを使ってLinuxを経験したいのなら中古PCで十分との結論に達した。去年の10月インストールして以来現在(5月)まで順調に稼働している。
⑩ Native Linux用Applicationを使用したい場合などの特別な理由がない限りWSLの使用をお勧めする。

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

前の記事の追加(クラスとインヘリタンスその2)

前の記事の追加(クラスとインヘリタンスその2)

クラスとインヘリタンスその2

昨日アップした記事は「クラスとインヘリタンス」のCode部分の説明があまりなされていませんでした。

そこで今日はPetというスーパークラスを定義しDogやCatそしてTurtleのサブクラスを定義し、継承やオーバーライドのためのPythonのプログラムを作りました。

参考になさってください。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

クラスとインヘリタンスその2

今日はPetというスーパークラスを定義しDogやCatそしてTurtleのサブクラスを定義し、継承やオーバーライドのためのPythonのプログラムを作りました。

クラスとインヘリタンスその2

昨日アップした記事は「クラスとインヘリタンス」のCode部分の説明があまりなされていませんでした。

そこで今日はPetというスーパークラスを定義しDogやCatそしてTurtleのサブクラスを定義し、継承やオーバーライドのためのPythonのプログラムを作りました。

参考になさってください。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

クラスとインヘリタンス

トリというクラス(オブジェクト)を設け、鳴き声と飛行というメソッドをつくります。

クラスとインヘリタンス

Codeの説明

① スーパークラスBirdを作る(パラメーターはobject-スーパークラス)
② __init__関数(第一パラメーターはself,第2第3パラメーターはname,wingspan)
③ 初期設定の左辺はself.name、self.wingspan、右辺は対応する変数(第1・2param)
④ birdcall関数(メソッド)のparamはself、出力はchirpを表示
⑤ fly関数(メソッド)のparamはself、出力はflapを表示
⑥ サブ・クラスPenguinのパラメーターはBird(サブクラス)
⑦ 関数(メソッド)swim(self)、関数(メソッド)birdcall(self)、関数(メソッド)fly(self)では飛べないとオーバーライド
⑧ サブ・クラスParrotのパラメーターはBird(サブクラス)
⑨ __init__関数(第一パラメーターはself,第2第3第4パラメーターはname,wingspan,color)パラメーターが一つ増えたことで初期設定の__init__でBirdのcolor以外を継承する(インヘリタンス)

トリのクラスを定義してインヘリテンスを知ろう。
またトリというクラス(オブジェクト)を設け、鳴き声と飛行というメソッドをつくります。
このトリにはペンギンとパロットというサブクラス(オリジナルのオブジェクトとは少し違うメソッドや属性をもっています=インスタンスがオリジナル[スーパークラス]とは少し異なる)をつくります。この少し違ったものを作るのにインヘリテンスという概念が重要になります。
ペンギンはトリのクラスに属しますが、違う鳴き声をし、泳ぐという新しいメソッドをもち、飛行メソッドは「飛べない」と出力します(オーバーライドにより書き換えています)。
パロットは色という属性を持ちますが、メソッドはオリジナルのバードと同じ(これを継承[インヘリテンス]とよぶ)のように定義します。

Parrot:オウム、chirp:小鳥のさえずり(ちゅんちゅん)
flap:小鳥がパタパタ、quack:ガアガア

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

オブジェクト・データ・メソッド

Pythonでは、オブジェクトに続けてドットを打ち、その後にメソッドを続ける。Pythonで扱うデータはすべてオブジェクトである。

オブジェクト・データ・メソッド

2019/5/21

—————————————————————————————————
name = “Pablo Diego Jose Francisco de Paula Juan Nepomuceno Crispin Crispiniano de la Santisima Trinidad Ruiz Blasco Picasso y Lopez”
print(name)
name.index(“Picasso”)
name.count(‘o’)
“ABCDE”.lower()
—————————————————————————————————

① 「name」という名前の入れ物に画家ピカソの本名を入れる
② 入れ物にアルファベットが正しく入っているか表示する
③ nameは文字列を保存しているだけではなく特別な機能を持っている
④ name自体が関数のような命令を持っている
⑤ nameがもつピカソの名前の何文字目に「Picasso」が含まれているか
⑥ nameは単なるデータではない
⑦ nameという変数はその中のデータに対して処理を行う関数のようなものを持っている
⑧ index()は関数に似ているが、nameというデータを引数のように扱って処理を行う、という点では関数と違っている
⑨ Pythonで扱う文字列のようなデータは、ただのデータではなく、データと合わせて命令も持っている
⑩ データと命令をセットで持つもののことをオブジェクトと呼ぶ
⑪ オブジェクトがもっている命令のことをメソッドと呼ぶ
⑫ nameという入れ物は、データを持っていてメソッドも持っているので、オブジェクトの例
⑬ Pythonでは、オブジェクトに続けてドットを打ち、その後にメソッドを続ける
⑭ nameという入れ物のことを文字オブジェクトと呼ぶ
⑮ “ABCDE”.lower()→文字列定義自体もオブジェクトである
⑯ Pythonで扱うデータはすべてオブジェクトである

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Python program coloring on Atom

Python(Atom)Code色表示

2019/5/21

① 赤:オブジェクト(Object)
② 紫:予約語
③ 青:関数(Method)
④ 緑:文字列
⑤ 白:変数・その他
⑥ 茶:定数・数値
⑦ 橙:クラス

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

「クリムト展」を見てきた

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト。華やかな装飾性と世紀末的な官能性を併せ持つその作品は、今なお圧倒的な人気を誇る。

「クリムト展」を見てきた

上野の都美術館で「クリムト展」を見てきた。
19世紀末ウィーンを代表する画家。華やかな装飾性と世紀末的な官能性を併せ持つその作品は、今なお圧倒的な人気を誇る。
彼の境遇は母と姉と妹との生活であった。
そのため自画像を含め男性の肖像を描いたものはなく、女性賛美に満ちている。
作品の「ユディトI」には圧倒された。
彼は浮世絵に(東洋美術など)影響された。
油絵に金粉を施した技法は新境地を開いた。
印象派などの絵画展とはまた違った絵の楽しさを教えられた。
見てよかった。
そののち、同館2階の上野精養軒レストラン「ミューズ」でミューズ・ランチをいただいて家路についた。
上野精養軒レストラン「ミューズ」の裏庭、都美術館で行われた「クリムト」の展覧会を見てののちに

上野精養軒レストラン「ミューズ」で食べたミューズ・ランチ

クリムト展のチラシから

グスタフ・クリムトの立て看板

「グスタフ・クリムト」展覧会ー都美術館

上野精養軒のミューズ・ランチ


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!