PyCharmでの描画

PyCharmに慣れてくるとこれもなかなか良いもんだと感じるようになった。sinカーブの描画やフェルメールの描画がすぐにできてしまう。

PyCharmでの描画

PyCharmに慣れてくるとこれもなかなか良いもんだと感じるようになった。
sinカーブの描画やフェルメールの描画がすぐにできてしまう。
Atomではパスを一番下まで通さねばならなかったが、PyCharmでは「Python」プロジェクトまででよい。
それにモジュールは両IDE共通なのでこれからは「Hydrogen」でのデバッグが必要でない限りPycharmで行くことにした。

sinカーブ

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Atom-WSL-PyCharm相関図その2

190625

Atom-WSL-PyCharm相関図その2

2019/06/25
Atom
① 印刷できない。
② Flaskがない。
③ データベースがない。
④ Moduleの管理が難しい。
⑤ Pythonの各属性を色表示できる。
⑥ JupyterのModuleを引き込むことができる。
⑦ Hydrogenでstep by stepのデバッグができる。(◎)
⑧ Windows特にExplorerが生で使える。
⑨ Demo Programが多数存在する。(◎)
⑩ 「elif」「else」がエラーになるバグがある。
⑪ Pycharmとモジュールの共存できる。

WSL(Windows Subsystem for Linux)
① 印刷できない。
② データベースがない。
③ Jupyterのmoduleを引き込むことができない。
④ Step by stepのデバッグができない。
⑤ Windowsとのやり取りがUSB経由である。
⑥ Pythonの各属性を色表示できる。(◎)
⑦ Flask環境下でデバッグできる。(◎)
⑧ Linuxのコマンドがじかに実行できる。(◎)
⑨ Moduleの管理が比較的しやすい。

PyCharm
① Step by stepのデバッグができない。
② 有料でないとSQLite3(DB)が使えない。
③ 慣れていない。
④ Linuxのコマンドが使えない。
⑤ Jupyter-notebookとの連携がとりにくい。
⑥ 有料でデータベースが使える。(◎)
⑦ 印刷ができる。(◎)
⑧ Atom下のモジュールと共存できる。(◎)
⑨ インタラクティブシェルで実行できる。「Python console」(◎)
⑩ Atomより貧弱であるが属性の色表示がされる。
⑪ パッケージの追加が簡単。

1. sinカーブなど: Atom Hydrogen(Shift + Enter)・PyCharm(Run) 可
2. Image: Atom Hydrogen・PyCharm 可
3. turtle: Atom(Alt + R)・PyCharm 可
4. pandas,numpy: Atom Hydrogen 可
5. flask demoxx: WSL(Ubuntu)・PyCharm 可

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

AtomとPycharm

Atomで作ったPython ProgramをPycharmでデバッグ及び印書する

190623AtomとPycharm

Atomで作ったPython ProgramをPycharmでデバッグ及び印書する

① Atomで「elif」のエラーになった件をPycharmで実施する
② Atomでsrc(Python)までopen Project
③ Pycharmを走らせる
④ 「File」で「NewProject」Pythonを作成する
⑤ 「File」で「New…」をクリック
⑥ 「elif01.py」を作成(するとAtomのパスが表示される)*1
⑦ 「File」で「New…」をクリック
⑧ Python Fileをクリック(メニューの)
⑨ 「operator01.py」(ファイル名を入力)
⑩ Codeを入力
⑪ 「Run」をクリック
⑫ 「Ctrl+s」保存
⑬ Atom側にも反映されている
⑭ Atom Hydrogenを利用(debug可)
⑮ Pycharmで印刷可能
*1:Pathがsrcまで正常になっていなければ左ペインで指定し直す

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

メニューの追加(Python,lions,NHK超AI入門,Linux,WSL,レジストリ,システムジェネレーションetc.)

メニューの追加(Python,lions,NHK超AI入門,Linux,WSL,レジストリ,システムジェネレーション,Atom,Emacs,markdown,Python,Flask)

「野生の証明」のメニューに「Lions」、「展覧会」、「食事」、「NHK超AI入門」、「Linux」、「WSL」(Windows Subsystem for Linux)、「レジストリ」、「システムジェネレーション」、「Atom」、「Emacs」、「markdown」、「Python」を追加した。
アイキャッチ画像は「Linux」、「WSL」のパスを示している。
①「活動」→「趣味」→「lions」
①-1「活動」→「趣味」→「展覧会」
①-2「活動」→「趣味」→「食事」
②「コンピューター」→「ソフトウェア」→「Deep Learning」→「NHK超AI入門」
③「コンピューター」→「ソフトウェア」→「オペレーティングシステム」→「Linux」(→「Flask」)
④「コンピューター」→「ソフトウェア」→「オペレーティングシステム」→「Windows10」→「WSL」
⑤「コンピューター」→「ソフトウェア」→「オペレーティングシステム」→「Windows10」→「レジストリ」
⑥「コンピューター」→「ソフトウェア」→「システムジェネレーション」
⑦「コンピューター」→「ソフトウェア」→「Editor」→「Atom」
⑧「コンピューター」→「ソフトウェア」→「Editor」→「Emacs」
⑨「コンピューター」→「ソフトウェア」→「Editor」→「markdown」
⑩「コンピューター」→「ソフトウェア」→「言語」→「その他の言語」→「Python(Object指向)」→「Python」

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Python Program dictionary その2

Python Program dictionary その2

①辞書の定義
②keys()メソッド(keyの一覧表を表示する)
③④辞書にそのキーがあるかないか(if文などとともに用いられる)

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

PythonProgram dictionary

PythonProgram dictionary

①辞書の定義
②辞書の項目の更新(既存のキーを指定して)
③辞書の項目の追加(新しいキーを指定して)
④辞書の項目の削除(削除するキーを指定して)

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

PythonProgram リストを使ったオセロ

このアルゴリズムを繰り返せばPythonのオセロゲームが完成する

PythonProgram リストを使ったオセロ

リストを使うと2次元リストでオセロのようなことを行えます。
①8×8のリストの2次元マトリックス、例えば1は白2は黒0はまだ打っていないところ、中央に4石白黒が並んでいる
②3行4列は2黒を示す
③3行2列に2黒を打つと
④3行3列も2黒としてひっくり返る
⑤3行目の状態を示す
このアルゴリズムを繰り返せばPythonのオセロゲームが完成する

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

PythonProgram リスト append extend

⑤append角かっこあり⑥リストが追加されている

PythonProgram リスト append extend

①append角かっこ無し
②数値が追加されている
③extend角かっこあり
④数値が追加されている
⑤append角かっこあり
⑥リストが追加されている

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

PythonProgram リスト(sortとreverse)

sort()メソッドを呼び出すと、リストのデータ自体が置き換わります。

PythonProgram リスト(sortとreverse)

sort()メソッドを呼び出すと、リストのデータ自体が置き換わります。
sort()メソッドはオブジェクト自体を書き換え、結果は返しません。
文字列のreplace()メソッドを使った時のように、結果を変数に代入する必要はありません。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!