lsmagicの扱いについて-その2

lsmagicの扱いについて-その2

結局まだ解決がついていないのだが、原書でプログラムの保存先およびIpythonでのリポジトリのPATHを提示しているのでここで述べておきます。作成元はアイキャッチ画像からも分かると思いますがcpコマンドのコピー先も表示しておきます。
/etc/asterisk/cdr_mysql.conf です。例えば
——————————
cd /usr/src/asterisk-addons/configs/cdr_mysql.conf.sample
cp lsmagic1 /etc/asterisk/cdr_mysql.conf
——————————
という具合です。
間違えていたらごめんなさい。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

lsmagic実施

lsmagic実施

① root権限でIpythonを実施
② %lsmagic実施
③ プログラム入力
In [1]で「%lsmagic」を入力
f = open(‘lsmagic1’,’w’)→ファイルに追加のときは’a’を指定
str = In [1]
f.write(str)
f.close()
④ ファイルのアップロードでlsmagic1を開く(.ipynb→.pyへ)ただしplain Textを変換
⑤ 本当のアップロード
⑥ ファイル/フォルダー リストに表示されている→クリック
⑦ テキストをコピー,In [1]の中にペイスト
⑧ ファイル・メニューからRename,download asから.pyを選ぶ
⑨ ▶RUNでIpython②で行った結果と同じものが表示された
⑩ Atom環境下に持っていって実施したがだめ
⑪ 自動変換でもだめ、%lsmagicを直接入力してもだめだった

→原書で当たっているがそもそもコマンドを端末から入力しても’>>>’のプロンプトが出ない。In [1]…Out [1]…がプロンプトされてしまう。
Ipython(Anaconda)のインストールがまずかったのか、でもPython3.6のほうは上記のプロンプト’>>>’が出る。インストールのやり直しを何回も行っているため、怖くて現状を改変したくない。どなたかこの辺のこと知っている人はいないだろうか?当ブログの「お問い合わせ」から教えていただければありがたい。

jupyter notebookでのファイルの選択

ファイルの選択

jupyter notebookにはこの方式だとテキストだけしか渡らない

テキストをコピー

notebook側にペースト

notebook側で実行

Atom側で実施、うまく行かなかった

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

乱数発生-pythonの場合-Atomで実施

乱数発生-Pythonの場合-Atomで実施

同じテーマをIpython(.ipynb)の場合と
それをIpythonで(.py)でSAVEしてATOM環境下に持ってきてデバッグした場合を2回に分けて掲載する。その2回めである。
前回は端末より「jupyter notebook」と叩いて実行した例である。
プログラムは「.py」でSAVEしただけでCodeには一切手を入れていない。
Ipythonが自動で全部変換している。
プログラム・ファイルをただIpython下のライブラリからAtom管理下のリポジトリに移しただけである。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

乱数発生-Ipythonの場合

乱数発生-Ipythonの場合

同じテーマをIpython(.ipynb)の場合と
それをIpythonで(.py)でSAVEしてATOM環境下に持ってきてデバッグした場合を2回に分けて掲載する。
今回は端末より「jupyter notebook」と叩いて実行した例である。
1行目には画面の都合で省略してしまったが
「%matplotlib inline」とだけある。それを次回のように自動的に変換している。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

clipboard using Hydrogen in Atom

clipboard using Hydrogen in Atom

Ipythonで作ったモジュールをAtom環境のリポジトリに持ってくることはすでに述べた。
そこで「Shift + Enter」でデバッグする際結果を表示する。
この際結果の表示のコピーができるがそれはテキストに限定される。
グラフなどはコピーされない。
ひとまず「Screenshot」を使うのが次善の策である。
当ブログもそうしている。
それを再掲載する。
※AtomでのmarkdownやJupyter notebookのフル機能を使っていないのでなんとも今の時点で言えないが。

クリップボードを使った例


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

NumPy on Ipython

NumPy on Ipython

Ipythonのデモプロを実行している。
実行環境はだんだん慣れてきたがこれをプログラミングするのは大変だ!
早く開発環境を整えててもっと深くLinux,python,数学,SQL,etcの勉強に入りたい。

NumPy実行


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

IpythonからPython環境へ

IpythonからPython環境へ

Ipythonの実行は端末から入力するとは前回述べた。
端末から「jupyter notebook」と叩く。
そうするとブラウザーが立ち上がり適当な場所(実行したいまたは保存したいプログラムの入ったフォルダー)をクリックする。
NewfileのときはPython3を選択する。
プログラム名が「Untitle」の場合は「file」メニューの「Rename」を選び、つけたい名前を指定する。(ここではピリオド拡張子は指定しない)

実行する。

「file」メニューの「Download as」を選び、さらにPythonにしたければ「.py」を選ぶ。
そうでなければIpythonの拡張子「.ipynb」を選ぶ。
ダイアログボックスで「保存」にOKする。
そしてログオフする。
端末に戻って「Ctrl + C」で5秒以内に「y」で答えてシャットダウンする。
先程保存したフォルダーに行ってモジュールをコピーする。(ノーチラス)
Atomのリポジトリの適切な場所を開いてペイストする。(ノーチラス)
Atom上でLoadする。
Atom上で「Shift + Enter」でデバッグする。(写真)
Ipythonとpythonで文法が若干違うが同じもの、変換できるものもあるのでお試し得である。

IpythonをPython変換しdebugしているところ


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

本当のIpython

本当のIpython

今日英書Ipythonのcookbook(500pages)が来た。
早速読んでみたらAtomでやっていたのはIpythonではなかったことが分かった。
実際は端末で立ち上げWEBブラウザで実行するのであった。
pip,Jupyterをインストールしサイトからソースをダウンロードして実行してみた。
ブラウザでの結果が掲載した写真である。

この先原書を読破し、Linux Operation,Python etcを勉強し夢の実現に向かって努力するつもりである。

Ipythonの実施状況

Ipythonの実施状況

Ipythonの実施状況-Logout


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Ipythonインストールについて

Ipythonインストールについて

Ipythonをインストールしてみた、よくできている。
Atomと組み合わせるとその実力がわかる。
そこでSecond Editionがこの1月に出たばかりの原書に当たってみることになった。
数学のグラフがご覧のようにすぐ出てくる。
これはAtomパッケージHydrogenの機能である。
行頭でShift + Enterで実行される。
Notebookと言っていたようだがこのところjupyterというようになった。
実際は端末で’jupyter notebook’と入力し実行する。
これは強力だ。
本が届くのを首を長くして待っている。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!