Numpyを使ってXOR条件を印書する

アイキャッチ画像はPythonのNumPyを使ってブーリアン代数XORを印書したところです。

Numpyを使ってXOR条件を印書する

アイキャッチ画像はPythonのNumPyを使ってブーリアン代数XOR(排他的論理和)を印書したところです。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Numpyを使ってNAND条件を印書する

アイキャッチ画像はPythonのNumPyを使ってブーリアン代数NANDを印書したところです。

Numpyを使ってNAND条件を印書する

アイキャッチ画像はPythonのNumPyを使ってブーリアン代数NANDを印書したところです。
AND条件は2018/11/25付の記事を参照願います。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Python文字列メソッド①

「Goods 1000 2019/07/03」のように要素をスペースで区切った文字列データがある。1から数えて2番目の位置には、金額(商品原価)が記載されている。2番目の金額に、税(10%)を掛けた値を、文字列にして書き出す。これを変数sに代入しprintする。

「Python文字列メソッド」

「Goods 1000 2019/07/03」のように要素をスペースで区切った文字列データがある
1から数えて2番目の位置には、金額(商品原価)が記載されている
2番目の金額に、税(10%)を掛けた値を、文字列にして書き出す
これを変数sに代入しprintする
この次の記事でAtom Hydrogenで実行したものをアイキャッチ画像で提示する
①関数add_taxを定義する
②文字列をスペースで分割する
③1から始めて2番目の項目を整数にして1.1倍にする(税10%)
④それを2番目に戻す
⑤それを戻り値として文字列を結合して返す
⑥関数を呼び出す、戻り値を文字列変数sに代入する
⑦それをprintする
⑧結果がコンソールに表示される

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

PyCharmでの描画

PyCharmに慣れてくるとこれもなかなか良いもんだと感じるようになった。sinカーブの描画やフェルメールの描画がすぐにできてしまう。

PyCharmでの描画

PyCharmに慣れてくるとこれもなかなか良いもんだと感じるようになった。
sinカーブの描画やフェルメールの描画がすぐにできてしまう。
Atomではパスを一番下まで通さねばならなかったが、PyCharmでは「Python」プロジェクトまででよい。
それにモジュールは両IDE共通なのでこれからは「Hydrogen」でのデバッグが必要でない限りPycharmで行くことにした。

sinカーブ

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Atom-WSL-PyCharm相関図その2

190625

Atom-WSL-PyCharm相関図その2

2019/06/25
Atom
① 印刷できない。
② Flaskがない。
③ データベースがない。
④ Moduleの管理が難しい。
⑤ Pythonの各属性を色表示できる。
⑥ JupyterのModuleを引き込むことができる。
⑦ Hydrogenでstep by stepのデバッグができる。(◎)
⑧ Windows特にExplorerが生で使える。
⑨ Demo Programが多数存在する。(◎)
⑩ 「elif」「else」がエラーになるバグがある。
⑪ Pycharmとモジュールの共存できる。

WSL(Windows Subsystem for Linux)
① 印刷できない。
② データベースがない。
③ Jupyterのmoduleを引き込むことができない。
④ Step by stepのデバッグができない。
⑤ Windowsとのやり取りがUSB経由である。
⑥ Pythonの各属性を色表示できる。(◎)
⑦ Flask環境下でデバッグできる。(◎)
⑧ Linuxのコマンドがじかに実行できる。(◎)
⑨ Moduleの管理が比較的しやすい。

PyCharm
① Step by stepのデバッグができない。
② 有料でないとSQLite3(DB)が使えない。
③ 慣れていない。
④ Linuxのコマンドが使えない。
⑤ Jupyter-notebookとの連携がとりにくい。
⑥ 有料でデータベースが使える。(◎)
⑦ 印刷ができる。(◎)
⑧ Atom下のモジュールと共存できる。(◎)
⑨ インタラクティブシェルで実行できる。「Python console」(◎)
⑩ Atomより貧弱であるが属性の色表示がされる。
⑪ パッケージの追加が簡単。

1. sinカーブなど: Atom Hydrogen(Shift + Enter)・PyCharm(Run) 可
2. Image: Atom Hydrogen・PyCharm 可
3. turtle: Atom(Alt + R)・PyCharm 可
4. pandas,numpy: Atom Hydrogen 可
5. flask demoxx: WSL(Ubuntu)・PyCharm 可

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

PyCharmでのdemo32.pyの実施

解決するまでの間、開発は「PyCharm」で行うことにした。

PyCharmでのdemo32.pyの実施

前回の記事で「Atom」のpython Programの中で「elif」をコーディングすると文法エラーになってしまうと書いた。
これはまだ未解決である。
解決するまでの間、開発は「PyCharm」で行うことにした。
それで、PyCharm環境下でdemo32.pyを走らせたのがアイキャッチの画像である。
下の画像は「PyCharm」での各ライブラリのヒエラルキーである。

PyCharm下でのFlask関連のヒエラルキー


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Pycharmでのdemoプログラム

190623Pycharmでのdemoプログラム

① Atom下での「elif」の文法エラーによってWSL環境下でのPythonProgramの開発をまず考えた。
② これだとemacsなどの使用を考えなくてはならない。
③ また、モジュールの転送も面倒である。
④ そこでPycharmでの開発を考えた。
⑤ テストプログラムの実行を試みた。
⑥ 普通のプログラムはうまくいったが「Flask」を使用したプログラムはエラーとなった。
⑦ そこでPycharm環境下へ「Flask」のインストールを考えた。
⑧ 途中からのインストールは「ctrl」 + 「alt」+ ‘s’を行ってモジュールを指定すればよいことが分かった。
⑨ こうして「Flask」をPycharm環境下にインストールした。
⑩ まず「demo09.py」を実行した。うまくいった。
⑪ 次に「demo32.py」(login)など「Flask」のインポートを行うプログラムを実行した。
⑫ ⑪はうまくいった。
⑬ 今後はPycharm環境でAI以外の開発を行い特に「SQL」関係を開発することにした。
⑭ Pythonの「elif」が「Atom」でなぜエラーになるのかを解決したい。
⑮ 「Atom」「WSL」「Pycharm」をうまく使って、AI関連の開発につなげたい。

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

AtomとPycharm

Atomで作ったPython ProgramをPycharmでデバッグ及び印書する

190623

AtomとPycharm

Atomで作ったPython ProgramをPycharmでデバッグ及び印書する

① Atomで「elif」のエラーになった件をPycharmで実施する
② Atomでsrc(Python)までopen Project
③ Pycharmを走らせる
④ 「File」で「NewProject」Pythonを作成する
⑤ 「File」で「New…」をクリック
⑥ 「elif01.py」を作成(するとAtomのパスが表示される)*1
⑦ 「File」で「New…」をクリック
⑧ Python Fileをクリック(メニューの)
⑨ 「operator01.py」(ファイル名を入力)
⑩ Codeを入力
⑪ 「Run」をクリック
⑫ 「Ctrl+s」保存
⑬ Atom側にも反映されている
⑭ Atom Hydrogenを利用(debug可)
⑮ Pycharmで印刷可能
*1:Pathがsrcまで正常になっていなければ左ペインで指定し直す

以上

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!