AI(機械学習)の納品

検証とは、検証データに対する結果をみることではなく、仮運用をはじめた後に得られる結果を見ることである。

AI(機械学習)の納品

「検証とは、検証データに対する結果をみることではなく、仮運用をはじめた後に得られる結果を見ることである」
そのため、お客様と考えていくべき納品フローはこのようになります。

機械学習案件を納品するのは、そんなに簡単な話じゃないから気をつけて
を参照。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

AI(機械学習)スキルセット

このうち既習のもの及び仕掛中のものはLinux,MySQL,HTML,CSS,JavaScript,Apache,Pythonである。ほかのものは5ヶ年計画には含まれていない。

AI(機械学習)スキルセット

機械学習によるシステム開発のスキルセットは次のようになると書いてあった。

スキルセットとしては、以下のようなものがあります。
• サーバーでの環境構築(LinuxやDocker等)
• データベース(MySQL)
• Webアプリケーション(Ruby on Rails, HTML, CSS, JavaScriptなど)
• Web API(Python)
• Cron(定期実行)
• Webサーバー(NginxやApache)
このうち既習のもの及び仕掛中のものは
Linux,MySQL,HTML,CSS,JavaScript,Apache,Pythonである。
ほかのものは5ヶ年計画には含まれていない。
スキルセットは以下のURLの記事を参照した。
機械学習案件を納品するのは、そんなに簡単な話じゃないから気をつけて
https://qiita.com/yoshizaki_kkgk/items/fa8b45918445bb3e6dc3

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

numpyを使ってAND条件を印書する

アイキャッチ画像はライブラリーnumpyを使ってAND条件を印書したところです。

numpyを使ってAND条件を印書する

numpyを使ってAND条件を印書する。

アイキャッチ画像はライブラリーnumpyを使ってAND条件を印書したところです。

ブーリアンのAND演算でそれぞれがどうなるかがハッキリ分かります。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

白黒PNGファイルの呼び込み

「Deep Learning」の教科書よりの再掲だけど「else:」の「:」がなかったり私自身の間違いもあったので修正した。青みがかったり、黄色みがかったり「白黒」じゃないよね?

白黒PNGファイルの呼び込み

「Deep Learning」の教科書よりの再掲だけど「else:」の「:」がなかったり私自身の間違いもあったので修正した。
青みがかったり、黄色みがかったり「白黒」じゃないよね?
「Access」の勉強が進んでない、「手順」だけ述べているだけでそうする理由が書かれていない。
覚えにくいわけだよ!ゆっくりやろうっと!

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

pathの問題

最終的に「path」を「Python」ではなしにその下の下「ch01」まで繰り下げてやってみた。その結果アイキャッチ画像のように表示が正常に行われた。

pathの問題

「Deep Learning」の本がやってきてからその本の例題をやってみた。
GitHubのリポジトリからプログラムのダウンロードしてから例題をやってみた。
「File or Directory not found」が表示された。
WSLを使っているので「../dataset/」のあたりがいけないのかな?と思って、
その辺を重点的に書き換えてみた。
どれもうまくいかなかった。
最終的に「path」を「Python」ではなしにその下の下「ch01」まで繰り下げて
やってみた。その結果アイキャッチ画像のように表示が正常に行われた。

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!

Deep Learning

「ゼロから作るDeep Learning」が送られてきた。手にとってこの本をざっと目を通した。ずっしりとした手ごたえのある本である。

Deep Learning

「ゼロから作るDeep Learning」が送られてきた。
手にとってこの本をざっと目を通した。
ずっしりとした手ごたえのある本である。
「10万部の読者が選んだディープラーニング入門書」と帯に書いてあるから「入門書」なのであろう。
言語「Python」と「数学」が必須知識である。
「Python」はまだしもいまさら「数学」はないだろう、昔のことで忘れてしまった。
でも「5ヶ年計画」を策定してしまったのでやらざるを得ない。
50年前だったらスイスイだったのに!
さあ、やろう!

Deep Learning リポジトリ

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!