元号特定プログラム(Python版)

PowerShell_ISE使って西暦年月日を指定して、その日がどの元号に当たるかを特定するプログラムをPython言語にアレンジしたものである。

元号特定プログラム

前に当ブログで西暦、和暦相互変換のプログラムを載せた。今回はPowerShell_ISE使って西暦年月日を指定して、その日がどの元号に当たるかを特定するプログラムをPython言語にアレンジしたものである。Ad-Conversion 20190502をAd_Conversion(20190502)で関数を呼び出し結果を表示する。
PowerShell_ISEをPython
変数「$・・」を「・・」
「-(ハイフン)」を「_(アンダーバー)」
「Function」を「def」(関数の定義)
「ーlt」を「<」(比較演算子)→全角で代用
「elseif」を「elif」(予約語の相違)
「 + 」を「,」(カンマ)
関数のパラメーター
「数字」を「(数字)」にそれぞれ書き換えの必要がある。

元号特定プログラム

def Ad_Conversion(indate):

    ERA_MEIJI = "明治"
    ERA_TAISHO = "大正"
    ERA_SHOWA = "昭和"
    ERA_HEISEI = "平成"
    ERA_REIWA = "令和"

    DATE_MEIJI = 18680908
    DATE_TAISHO = 19120730
    DATE_SHOWA = 19261225
    DATE_HEISEI = 19890108
    DATE_REIWA = 20190501

    if (indate < DATE_MEIJI):

        print("明治以前の日付には対応していません。")

    elif (indate < DATE_TAISHO):

        print("元号は", ERA_MEIJI, "です。")

    elif (indate < DATE_SHOWA):

        print("元号は", ERA_TAISHO, "です。")

    elif (indate < DATE_HEISEI):

        print("元号は", ERA_SHOWA, "です。")

    elif (indate < DATE_REIWA):

        print("元号は", ERA_HEISEI, "です。")

    else:

        print("元号は", ERA_REIWA, "です。")

Ad_Conversion(19300101)  # ①
Ad_Conversion(18700101)
Ad_Conversion(20190101)
Ad_Conversion(20190502)
Ad_Conversion(20200101)
Ad_Conversion(19510817)

# 下記は同スクリプトを実行した結果です
# 元号は昭和です。 # ①
# 元号は明治です。
# 元号は平成です。
# 元号は令和です。
# 元号は令和です。
# 元号は昭和です。

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

WP SyntaxHighlighterが使えたぞ!

WP SyntaxHighlighterが使えたぞ!

WP SyntaxHighlighter

今日の前のブログの記事でUPした「WP SyntaxHighlighter」が使えたぞ。
2019年11月15日 @ 20:37にUPした「元号特定プログラム」記事のWP SyntaxHighlighter適用版です。

Function Ad-Conversion($indate){
  
    $ERA_MEIJI = "明治"
    $ERA_TAISHO = "大正"
    $ERA_SHOWA = "昭和"
    $ERA_HEISEI = "平成"
    $ERA_REIWA = "令和"
  
    $DATE_MEIJI = 18680908 
    $DATE_TAISHO = 19120730
    $DATE_SHOWA = 19261225
    $DATE_HEISEI = 19890108
    $DATE_REIWA = 20190501
  
    if($indate -lt $DATE_MEIJI){
  
        Write-Host("明治以前の日付には対応していません。")
  
    }elseif($indate -lt $DATE_TAISHO){
  
        Write-Host("元号は" + $ERA_MEIJI + "です。")
  
    }elseif($indate -lt $DATE_SHOWA){
  
        Write-Host("元号は" + $ERA_TAISHO + "です。")
     
    }elseif($indate -lt $DATE_HEISEI){
  
        Write-Host("元号は" + $ERA_SHOWA + "です。")
     
    }elseif($indate -lt $DATE_REIWA){
  
        Write-Host("元号は" + $ERA_HEISEI + "です。")
  
    }else{
         
         Write-Host("元号は" + $ERA_REIWA + "です。")
 
         }
}
  
Ad-Conversion 19300101 # ①
Ad-Conversion 18700101 # ②
Ad-Conversion 20190101 # ③
Ad-Conversion 20190502 # ④
Ad-Conversion 20200101 # ⑤
Ad-Conversion 19510817 # ⑥

# 下記は同スクリプトを実行した結果です
# 元号は昭和です。①
# 元号は明治です。②
# 元号は平成です。③
# 元号は令和です。④
# 元号は令和です。⑤
# 元号は昭和です。⑥

上記は元のプログラムと「SYOU」と「SHO」が違っています。
(写真はY.O.氏から借用)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

元号特定プログラム

Ad-Conversion 20190502④で関数を呼び出し結果を表示する。今回は月日も考慮する。

元号特定プログラム

前に当ブログで西暦、和暦相互変換のプログラムを載せたが、今回はPowerShell_ISEで西暦年月日でその日がどの元号に当たるかを特定するプログラムである。Ad-Conversion 20190502④で関数を呼び出し結果を表示する。今回は月日も考慮する。

Function Ad-Conversion($indate){

$ERA_MEIJI = “明治”
$ERA_TAISYOU = “大正”
$ERA_SYOUWA = “昭和”
$ERA_HEISEI = “平成”
$ERA_REIWA = “令和”

$DATE_MEIJI = 18680908
$DATE_TAISYOU = 19120730
$DATE_SYOUWA = 19261225
$DATE_HEISEI = 19890108
$DATE_REIWA = 20190501

if($indate -lt $DATE_MEIJI){

Write-Host(“明治以前の日付には対応していません。”)

}elseif($indate -lt $DATE_TAISYOU){

Write-Host(“元号は” + $ERA_MEIJI + “です。”)

}elseif($indate -lt $DATE_SYOUWA){

Write-Host(“元号は” + $ERA_TAISYOU + “です。”)

}elseif($indate -lt $DATE_HEISEI){

Write-Host(“元号は” + $ERA_SYOUWA + “です。”)

}elseif($indate -lt $DATE_REIWA){

Write-Host(“元号は” + $ERA_HEISEI + “です。”)

}else{

Write-Host(“元号は” + $ERA_REIWA + “です。”)

}
}

Ad-Conversion 19300101①
Ad-Conversion 18700101②
Ad-Conversion 20190101③
Ad-Conversion 20190502④
Ad-Conversion 20200101⑤
Ad-Conversion 19510817⑥

*******************************************************
PS C:\Users\prog> C:\Users\prog\Desktop\File\Gengo.ps1
元号は昭和です。①
元号は明治です。②
元号は平成です。③
元号は令和です。④
元号は令和です。⑤
元号は昭和です。⑥

*************以下は実行結果

(写真はY.O.氏から借用)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!