西武対ソフトバンク好試合

3回裏西武無死一、二塁、栗山(左)に適時打を浴びる笠谷

<西武4-3ソフトバンク>◇7日◇メットライフドーム

ソフトバンク自慢のリリーフ陣が打たれ、西武にまさかの逆転負けを食らった。1点リードの7回に嘉弥真新也投手(30)が同点にされると、セットアッパーのリバン・モイネロ投手(24)が8回に勝ち越しを許した。ともに無失点投球が続いていたが、8月以来の失点が敗戦につながった。勝った2位ロッテとのゲーム差は1に縮まった。9日からは直接対決3連戦(ペイペイドーム)があり、踏ん張りどころだ。必勝の流れが崩れた。ソフトバンクは柳田の2ランなどで先行し、1点リードの7回から「勝ちパターン」をつぎ込んだ。まずはサブマリン高橋礼が右打者の木村を三振に斬ると、代打森に左腕の嘉弥真をぶつけた。だが、いつものシナリオが狂った。嘉弥真は森に四球の後、源田にも四球。2死一、二塁から栗山の中前打が適時打となり、同点とされた。嘉弥真の失点は8月20日ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)以来。左打者に絶対的な強さを見せてきた左キラーが、左打者にやられてしまった。同点の8回にはセットアッパーのモイネロを投入した。西武戦には今季ここまで8戦に登板し、1点も許していなかった。残りの攻撃で勝ちをつかむために、絶対的な信頼を持って送り出していた。だが1死から山川に左越え二塁打。2死三塁から木村に左中間を破られ、これが決勝点になった。モイネロは8月4日楽天戦(楽天生命パーク宮城)以来、22試合ぶりの失点で2敗目を喫した。ともに防御率1点台で、ここまでブルペンを支えてきている2人が打たれた。まさかの形で白星がスルリと逃げ、チームは連敗を喫した。工藤監督はモイネロについて「チームとして信用して使っていますので。彼が打たれればしょうがないという風に思っています」とかばった。
(文・写真ともネットより借用)

↑人気ブログランキングに参加しています。ポチっと1票を!

2018年春補遺

2018年春補遺

合同誕生日会

夜桜見物車内

夜桜その1

夜桜その2

ライオンズガールのダンス

座席A42-6段-7

ライオンズスタメン

辻監督紹介

ライオンズベンチ控え選手

ステーキハウス・メニューを動画で記録した。
ステーキハウスメニュー

合同誕生日会サラダバーのサラダと変わりピラフ。
サラダバーのサラダ

西武ドームの駐車場が生まれ変わる
以前の駐車場のうち南約3分の2が工事中となり、
複合施設に生まれ変わるらしい。
これを動画で記録した。
メットライフドームの遠景

↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければ1票を!